科目名 知能工学特別演習Ⅲ
単位数 2.0
担当者 知能工学専攻 担当全教員(代表教員:教授(専攻長))
履修時期 前期
履修対象 1、2年次
概要 知能工学に関する研究課題を与え、調査、問題把握、解析、結果の整理、解釈など、結論に至る各過程を実際に経験させ、さらに研究報告の作り方を学習させる。
科目の到達目標 自らの達成目標に向け、研究報告を的確にまとめる能力を涵養する。
受講要件
事前・事後学修の内容 事前学修として、与えられた演習課題に関連する情報を十分に収集し、ノートやスライド等に整理する。事後学修として、不十分な箇所の把握に努め、以後の演習に役立てるよう整理・記録する。
講義内容
評価方法 研究課題に対する取り組み姿勢、研究報告状況などを総合的に評価する。
教科書等
担当者プロフィール 【学生の学習指導・支援体制について】研究課題などに関する、学生の個別学習相談を随時受け付けています。教員の所在は、学内サイネージ等に掲示されていますので、確認の上、研究室を訪ねてみてください。
備考