科目名 音響システム特論
単位数 2.0
担当者 システム工学専攻 教授 石光俊介
履修時期 後期
履修対象 1、2年生
概要 まず,音の基本的な性質について説明し、聴覚・音響心理学を概説した上で、和音と音階、音響信号処理、ホール音響について概説する。
科目の到達目標 信号処理、解析、特徴抽出、パターン認識を学ぶとともに、音声や音響データを対象とした実例を通して実践的に理解する。
受講要件 人間工学、音響システム工学を受講していることが望ましい
事前・事後学修の内容 毎年講義内容を変更している為,内容を確認して,必然性など理解した上で受講して欲しい.
講義内容 1.音響システム工学序説
2.聴覚の特徴
3.音の印象の統計的評価手法
4.心理音響指標と神経生理学的評価
5.ディジタル信号処理の基礎 サンプリングとフィルタリング
6.ディジタル信号処理の基礎 フィルタ設計
7.和音と音階
8.中間まとめ
9.時間周波数解析
10.ウェーブレット解析
11.解析結果と聴感印象
12.音の制御
13.音質制御と聴感印象
14.音楽音響
15.演奏会
評価方法 講義中の演習、レポートにて評価する。
教科書等 必要に応じ資料を配付する
担当者プロフィール システム工学専攻に所属.サウンドデザイン研究室にてサウンドデザインや信号処理など音響に関わる研究を行っている.
備考