科目名 ロボティクス特論
単位数 2.0
担当者 システム工学専攻 教授 岩城 敏
履修時期 前期
履修対象 1年生、2年生
1,
1,2年生
概要 学部で培った基礎的なロボット技術をベースに、研究活動に直結する高度で最先端のロボット工学へと発展させる。学術だけではなく、最新の製品・ビジネス動向、さらには、国内外学会活動、論文執筆・発表スキル、特許等、幅広いロボティクス関連の話題を提供し、それを基に発表会形式で議論する。
科目の到達目標 教師側から提供する情報に基づき、学生自らがレポートやプレゼンテーション(英語含む)で提案・発表することで、ロボット関連学会で発表・質疑応答ができるようになる。
受講要件 学部においてロボット工学関連の授業単位を取得していること。
事前・事後学修の内容 事前・事後学修のためのプリントを配布する(課題を課す)。
講義内容 1.序論
2.ロボティクスの最新技術・学会・特許・ビジネス関連情報
3.学生の卒論発表と技術討論1(ロボティクス分野)
4.学生の卒論発表と技術討論2(メカトロニクス分野)
5.学生の卒論発表と技術討論3(インタフェース分野)
6.ロボティクス関連技術ニュース(英語)のディクテーション1(ICRAダイジェストメカトロ系)
7.ロボティクス関連技術ニュース(英語)のディクテーション2(ICRAダイジェストサービスロボット系)
8.ロボティクス関連技術ニュース(英語)のディクテーション3(ICRAダイジェストインタフェース系)
9.技術英語コミュニケーション基礎訓練1(日常会話)
10.技術英語コミュニケーション基礎訓練2(初等数学の英語による授業理解)
11.技術英語コミュニケーション基礎訓練3(線形代数の英語による授業理解)
12.学生の卒論の英語による発表1(ロボティクス分野)
13.学生の卒論の英語による発表2(メカトロニクス分野)
14.学生の卒論の英語による発表3(インタフェース分野)
15.まとめ
評価方法 レポート提出率:10割、プレゼンテーション回数:2以上を単位取得必須条件とし、英語による発表と質疑応答を総合的に判断して成績を決定する。
教科書等 毎回プリント配布。
参考書:ロボット制御の実際(コロナ社)計測自動制御学会編
担当者プロフィール http://www.robotics.info.hiroshima-cu.ac.jp/
授業内容や宿題などに関する、学生の個別学習相談を随時受け付けています。
教員の所在は、学内サイネージ等に掲示されていますので、確認の上、研究室を訪ねてみてください。
備考