科目名 暗号と情報セキュリティ特論
単位数 2.0
担当者 システム工学専攻 准教授 双紙 正和
履修時期 後期
履修対象 1, 2年生
概要 授業形態:演習
セキュリティは情報システムに必須とされる技術の一つであり,その中でも,暗号理論はセキュリティを確保するための基盤技術である.
本講義では,暗号の背景となる整数論等の基礎理論から,暗号の応用に至るまで,一通りの理論と技術を学ぶことを目的とする.
科目の到達目標 暗号の基本的な理論および技術を身につける.
受講要件 情報セキュリティ概論を受講していることが望ましい.
事前・事後学修の内容 事前学修としては,講義予定の内容を教科書で確認し,理解できない点を明らかにしておく.事後学修としては,必ず講義の内容を自分で再度確認する.毎回の講義内容は,それ以前の内容の理解を前提としているので,もし理解できなければ今後の講義内容が理解できなくなる.分からない内容については積極的に教員に質問すること.
講義内容 1. 情報セキュリティと暗号概論
2. 共通鍵暗号
3. 擬似ランダム性
4. メッセージ認証
5. ElGamal暗号
6. DH鍵配送
7. RSA暗号
8. 計算数論
9. 平方剰余型暗号
10. ハッシュ関数
11. ディジタル署名
12. 秘密分散
13. 零知識型認証
14. 楕円曲線暗号
15. 確率的暗号系
評価方法 発表,レポート,積極的参加度,授業態度により総合的に評価する.
教科書等 教科書:
黒澤,尾形.現代暗号の基礎数理 (電子情報通信レクチャーシリーズ).コロナ社.

参考書:
宮地,菊池(編).情報セキュリティ (IT Text).オーム社
H. Delfs and H. Knebl, "Introduction to Cryptography: Principles and Applications", 2nd Ed., Springer.
岡本,山本.現代暗号.産業図書

担当者プロフィール
備考 【教職】中・高専修(数学)