科目名 生物情報処理特論
単位数 2.0
担当者 医用情報科学専攻 准教授 釘宮 章光、医用情報科学専攻 講師 香田 次郎、医用情報科学専攻 助教 齋藤 徹
履修時期 前期
履修対象 1・2年生
概要 授業形態(講義)
生物における情報伝達システムや生体材料についての理解を深め、そのしくみや機能を医療や自動機械システムなどの「ものづくり」へ応用するための基礎的学識の修得を目指す。まず免疫、神経情報系等の情報伝達に関する生物学的材料について概説し、情報伝達システムについて学習する。また、生物情報あるいは生物の有する機能の「ものづくり」への応用例として、バイオミメティクスやバイオマテリアルについても講義する。
科目の到達目標 生物の有する優れた「知恵」や「構造」、「機能」を「ものづくり」の分野に役立てるため、タンパク質や遺伝子などの生物材料と役割、生物における生体防御機構系、情報伝達と制御など、生命現象の基礎を修得し、さらに自主学習調査と発表を通じて生物材料への理解と関心を深める。また、工学的視点から生物反応を理解する。これにより、情報とバイオの重複する分野における問題の認識と整理、調査研究、意見のまとめと発表ができることをめざす。
受講要件 基礎化学、基礎生化学、分子生物学、生体センサ工学、生物工学Ⅰ、生物工学Ⅱを履修していることが望ましい。
事前・事後学修の内容 配布資料の指定範囲を読み、わからない単語等は各自で調べておくこと。事後学習のための課題を課す。
講義内容 Ⅰ.生物の情報伝達(香田)
  1. 神経系
  2. 内分泌系
  3. 免疫系
  4. 感覚器
  5. 走性

Ⅱ.生体分子とその応用(斎藤)
  6. タンパク質の基礎
  7. タンパク質の機能(イオンチャネル,Gタンパク質etc.)
  8. 遺伝情報発現
  9. タンパク質の分子改変
 10. タンパク質のde novoデザイン

Ⅲ.生体模倣分子とその応用(釘宮)
 11. 情報分子-糖鎖
 12. 分子認識化学
 13. ナノテクノロジー
 14. バイオミメティクス
 15. バイオマテリアル
評価方法 講義での授業態度、レポート、小テスト、講義中の発表・議論を総合的に評価する。
教科書等 プリントを配布する。
担当者プロフィール http://www.bio.info.hiroshima-cu.ac.jp/

【学生の学習指導・支援体制について】
授業内容などに関する、学生の個別学習相談を随時受け付けています。教員の所在は、学内サイネージ等に掲示されていますので、確認の上、研究室を訪ねてみてください。
備考