科目名 生体情報学特論
単位数 2.0
担当者 医用情報科学専攻 教授 樋脇 治
履修時期 前期
履修対象 1、2年生
概要 脳内の多数の神経細胞は、複雑に結合したネットワークシステムを構成しており、既存のコンピュータとは異なる情報処理メカニズムで働いている。脳・神経系について理解することは、新しい情報テクノロジーや情報デザインを創出する上でも大変有用である。本講義では、脳・神経系の機能について基礎知識を学ぶとともに未知なる脳機能システムについて考察を行なう。
授業形態:講義
科目の到達目標 視聴覚教材を使用しながらプレゼンテーションやディスカッションを行なうことにより、脳・神経系が行う情報処理メカニズムについての理解を深めることを目標とする。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 事前に与えられた課題について、プレゼンテーション資料を作成し、プレゼンゼンテーションの準備を行う。事後、講義中に配布された資料等を再度読み、理解を深める。
講義内容 1 序論
2 高次脳機能
3 脳機能局在
4 情動の脳機能
5 思考と感情
6 視覚情報処理
7 脳のおける選択的注意の機能
8 脳における予測・計画の機能
9 脳における言語処理機能
10 脳の可塑性
11 脳における記憶の機能
12 意識
13 自由意志
14 錯覚
15 脳における感覚の統合
評価方法 ディスカッション、レポート等の内容により評価する。
教科書等 参考書:M.F.ベアー「神経科学 カラー版―脳の探求」(西村書店)
参考書:スーザン・グリーンフィールド「脳が心を生み出すとき」(草思社)
担当者プロフィール 研究室: 脳情報科学研究室 (情報科学部棟563室)
【学習指導・支援について】
授業等に関する相談を随時受け付けています。学内サイネージ等で所在を確認の上、研究室を訪ねてください。
備考