科目名 生体計測工学特論
単位数 2.0
担当者 医用情報科学専攻 講師 常盤 達司
履修時期 後期
履修対象 1・2年生
概要 生体の信号や機能を計測するための原理・手法並びに計測信号の解析法について講義・演習ディスカッションを通して学ぶ。
授業形態:講義・演習・ディスカッション
科目の到達目標 生体計測工学に関する講義・演習を通して生体計測に関する理解を深め、生体計測・解析に必要な基本的な知識を習得することを目的とする。
受講要件 数学、物理の基礎知識を有していること。
解析ソフトMATLABがインストールされているノートパソコンの持参を推奨する。
事前・事後学修の内容 講義に関連する文献を調査したり,学術雑誌を読んだりする。

講義内容 1) イントロダクション(生体計測工学とは)
2) 信号処理に必要な基礎知識(数学)
3) 信号処理に必要な基礎知識(電気回路)
4) 信号処理に必要な基礎知識(内積と相関)
5) フーリエ変換と周波数解析
6) 伝達関数とラプラス変換
7) ローパスフィルタ、ハイパスフィルタ
8) 神経生理の基礎知識と様々な生体信号
9) 生体信号計測装置
10)筋電図
11)誘発電位
12)事象関連電位
13)運動準備電位
14)生体計測工学に関する論文紹介
15)生体計測工学に関する討論

※授業の順序,日程は変更することがある.
※受講生の理解度に応じて講義内容を調整することがある。
※掲示板に連絡事項を掲載することがあるので必ず確認すること.
評価方法 積極的参加度、授業態度,質疑応答内容およびプレゼンテーション内容に基づいて総合的に評価する。評点は100点満点とし,60点未満を不可,60点以上70点未満を可,70以上80点未満を良,80点以上を優,90点以上で特に優秀であると教員が認めた場合を秀とする.学則に順じ、出席回数が3分の2以上の受講者のみ評価を行う.
教科書等 教科書・参考書等は講義内で適宜紹介する。
担当者プロフィール 研究室:医用情報科学専攻 脳情報科学研究室(常盤:情報科学部棟561室)

【学生の学習指導・支援体制について】
講義内容に関する,学生の個別学習相談を随時受け付けている.
教員の所在は,学内サイネージ等に掲示されているので,確認の上,来訪のこと.事前にメール等でアポイントメントを取っておくと良い.
備考