科目名 論理回路・システム特論
単位数 2.0
担当者 情報工学専攻 教授 若林 真一
履修時期 前期
履修対象 1、2年生
概要 半導体微細加工技術の進展に伴い,集積回路の設計ルールが数10ナノメートルのナノスケールLSIが主流になりつつある.本講義では特にシステムLSIの設計工程と設計技術,および設計を支える電子設計自動化(EDA)技術について概論的に講義する.講義の前半は教員による通常形式の講義とし,講義の後半は学生に課題を与えて発表させる発表形式の講義で実施する.
科目の到達目標 システムLSI設計に関する体系的な知識を修得すると共に,最先端の技術課題についても理解する.
受講要件 半導体,論理回路,電子回路に関する基本的な知識を前提として講義を行う.
事前・事後学修の内容 講義後半では輪講課題を出すので、十分に事前準備した上で発表を行うこと。
講義内容 1. 講義概要,イントロダクション
2. 機能設計
3. 論理設計
4.機能・論理検証
5. レイアウト設計
6.タイミング検証
7.低消費電力設計
8. リコンフィギャラブルシステム
9. 学生発表(1)
10.学生発表(2)
11.学生発表(3)
12.学生発表(4)
13.学生発表(5)
14. 学生発表(6)
15. 学生発表(7)と講義のまとめ
評価方法 課題発表,レポート,出席等により総合的に評価する.
教科書等 適宜、資料を配付する.
担当者プロフィール 授業内容の質問等は随時受け付けています。質問等がある場合は教員室(情報科学部棟413号室)に来て下さい。
備考