科目名 美術史特講(日本)A
単位数 2.0
担当者 准教授 城市 真理子
履修時期 前期
履修対象 1・2年
概要 授業形態《講義》 日本の絵画史の基軸となっている「やまと絵」と「漢画」の位相がダイナミックに変化する中世から近世初期の絵画史を主に扱い、絵画が求められた場と価値観のもとでの絵画の主題・表現の変化とその展開の様相について、また、絵師たちの制作手法や意識について考察する。講義と関連して受講者に課題を出す。その課題について、受講者が調べて発表を行う。
科目の到達目標  中世から近世初期の絵画史を多角的に学ぶことで、より深く美術作品を解釈する能力を高める。
受講要件  展覧会鑑賞の小レポート作成のため、入館料(500~1000円程度)等が必要。
事前・事後学修の内容  日本美術の展覧会の鑑賞・日本美術関係の読書を日頃から積極的におこない、美術作品を見る目や知識を養って欲しい。
講義内容 1  概要説明―主題とかたち
2  神仏の表現(1)仏像の図像と尊格・時代様式
3  神仏の表現(2)曼荼羅・垂迹画
4  神仏の表現(3)禅宗絵画の散聖
5  人の表現(1)肖像画 頂相 御影
6  人の表現(2)人物像 文人図様 美人図
7  山水の表現(1)中世のやまと絵と水墨画の山水図
8  山水の表現(2)瀟湘八景と西湖
9  説話画・物語絵の主題と図様
10 動物の表現と意味―絵画と工芸―
11 植物の表現と意味―絵画と工芸―
12 発表とディスカッション(1)道釈人物 
13 発表とディスカッション(2)山水
14 発表とディスカッション(3)花鳥
15 前期のまとめ
評価方法 ①期末レポート 60%
②授業期間中の課題(発表)等 40%
教科書等  参考書等は授業中に紹介する。また、授業用プリントを配布する。
担当者プロフィール  日本美術史、特に中世・近世絵画を専門とする。博物館・美術館学芸員として、古美術は幅広いジャンルを扱った経験がある。
備考  一部、特別講師による講義が入ることがある。