科目名 美術史特講(現代)B
単位数 2.0
担当者 准教授 石松 紀子
履修時期 後期
履修対象 1・2年
概要 本講義は2部構成からなり、前半は日本の美術、後半はアジアの美術を取り上げる。前半は、第二次世界大戦後から現在までに書かれた美術批評を読みながら、日本の現代美術史の展開を概観する。後半は、アジアに関わる言説、美術批評、展覧会図録を読みながら、アジアの現代美術の状況を理解する。(授業形態:講義及び演習)
科目の到達目標 第二次世界大戦後から現在までの日本とアジアの現代美術の展開を理解する。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 指定されたテキストを事前に読む。
講義内容 各講義で論文を読み、検討を加えていく。参加者は学期中に1回は発表を担当する。

1. イントロダクション
2. 1940年代(戦争画他)
3. 1950年代(リアリズム他)
4. 1960年代(反芸術)
5. 1970年代(もの派他)
6. 1980年代(ニューペインティング他)
7. 1990年代(ネオポップ他)
8. 2000年以降(マイクロポップ他)
9. ポストコロニアル(概説)
10. エドワード・サイード『オリエンタリズム』(1978年)
11. ホミ・バーバ『文化の場所』(1994年)
12. ジョン・クラーク「近現代アジアの美術言説における「他化」」(1996年)
13. 展覧会1「異文化へのまなざし」(1998年)
14. 展覧会2「美術前線北上中」(1996年))
15. 展覧会3「福岡アジア美術トリエンナーレ」(1999年)
評価方法 発表・課題(50%)、レポート提出(50%)
教科書等 テキストや参考書については講義中に紹介・指示する。
担当者プロフィール
備考