科目名 専門語学演習(英語)B
単位数 1.0
担当者 准教授 石松 紀子
履修時期 後期
履修対象 1年次
概要 海外での活動や海外からの芸術家との交流を想定し、英語で発信する力を強化する。前期で身につけた英語表現を駆使して、自分の作品を英語で描写、説明できるようになることをこの授業の目標とする。(授業形態:演習)
科目の到達目標 1. 英語で自分の作品について説明することができる。
2. 英語でアーティスト・ステートメントを書くことができる。
3. 英語で自分の作品についてプレゼンテーションすることができる。
受講要件 造形芸術専攻所属
事前・事後学修の内容 本授業で扱った英語の資料などを使い、繰り返し読む、聞く、話す、書くことで英語力を身につける。
講義内容 1. イントロダクション
2. リスニング&ディスカッション(作家のインタビュー)
3. リスニング&ディスカッション(作家のインタビュー)
4. リスニング&ディスカッション(作家のインタビュー)
5. リーディング&ディスカッション(アーティスト・ステートメント)
6. リーディング&ディスカッション(アーティスト・ステートメント)
7. スピーキング&意見交換(自分たちの作品について)
8. スピーキング&意見交換(自分たちの作品について)
9. アーティスト・ステートメント・ライティング(アウトライン)
10. アーティスト・ステートメント・ライティング&ディスカッション
11. 英語プレゼンテーション(各自10〜15分)
12. 英語プレゼンテーション(各自10〜15分)
13. 英語プレゼンテーション(各自10〜15分)
14. 英語プレゼンテーション(各自10〜15分)
15. 英語プレゼンテーション(各自10〜15分)
評価方法 授業への積極的な参加度(60%)、発表・課題提出(40%)
教科書等 授業中に適宜提示
担当者プロフィール
備考