科目名 油絵研究AⅡ
単位数 8.0
担当者 教授 大矢 英雄  教授 森永 昌司  
他:准教授 諏訪敦 准教授 志水児王 講師 釣谷幸輝 講師 佐藤尉隆  
履修時期 通年
履修対象 2年次
概要 西洋絵画の伝統をふまえながら絵画表現の可能性を探求する。すなわち、油彩画の伝統的な表現を学ぶばかりでなく、現代に於ける絵画表現の文化的・美的な構造を検証しつつ、より専門的な創作実践を行っていく。
科目の到達目標 西洋絵画の伝統的技法を掘り下げるとともに、現代に於ける美術について新しい方向性と可能性を探ることを目標とする。
受講要件 主たる指導教員と相談上、研究計の画書を作成して提出すること。
修了作品に結びつく創作研究であること。
事前・事後学修の内容 独自性のある研究計画を策定すること。
指導教員のもとに、各自より主体的な創作研究に取り組むこと。
講義内容 この科目は学生各自の研究計画に沿って、専門的な実技指導を行う。
通年期間中に中間講評を行い、修了作品(概ね150号1点)を提出のこと。
自ら創作研究に沿った修了制作を行うこと。
この科目は学生各自の研究計画にそって、油絵専攻の策定する指導概要を鑑み、主指導教員を中心に油絵専攻担当教員がより専門的な実技指導をおこなう。
前期期間中に、中間講評を2回と作品(概ね100号1点)を提出し、後期期期間中に、中間講評を2回と作品(概ね100号1点)を提出のこと。
また、期間中に集中講義としてフレスコ実習を行う。 
自らの創作研究に沿った実技制作

1 各自の研究計画の再確認、教員とのディスカッション
2 修了制作準備等(取材、材料準備など)
3 修了制作 (エスキース、下図制作。スケッチ、写真等から構想する)
4   〃  (下地作り、下塗り他)
5   〃  (未知の効果を確認するためのテストピースの制作、再取材など)
6   〃  (本画面への下描き)
7   〃  (描画:バランスを考える)
8   〃  (描画:色と全体の調子の確認)
9   〃   (中間講評:5割方の進行状況が望ましい。教員とのディスカッション)
10   〃  (講評を含まえ再取材、部分変更や色の重ね具合など再確認)
11   〃   (描き込み)
12   〃  (全体整理:実作の撮影などを行い、客観的に整理)
13   〃  (仕上げ)
14 総合講評・まとめ(講評会・作品提出・口頭発表)
15 総合講評・まとめ(修了作品展示)
評価方法 報告書提出に合わせて、修了作品について口頭発表を行い、研究成果を評価する。評価基準は以下の通りである。
提出作品等により研究成果を総合的に評価する。 判定基準として研究計画書による取り組みや提出作品の内容が満たされていれば「可」とし、提出作品の内容や計画書による達成度が予定通り進められていると認められた場合「良」とする。研究姿勢も含めた総合的観点において高い研究結果、作品や成果が認められた場合を「優」とする。その中でさらに独自性を表し、追随のない程に作品や成果のみられたものについては「秀」を認定する。
教科書等 適宜、指示する。
担当者プロフィール
備考