科目名 油絵研究CⅠ
単位数 8.0
担当者 准教授 志水児王、 講師 釣谷 幸輝(教授 大矢英雄、准教授 森永昌司、准教授 諏訪 敦、講師 佐藤尉隆 その他)
履修時期 通年
履修対象 大学院前期修士課程1年次
概要 絵画表現に培った基礎的基礎的な造形力を基に、表現媒体の幅広い研究を行う。本授業の目標は、理論とともに版画及び造形、または、それらを横断する表現で各自が設定したテーマ研究を行う。
(版画)
銅版画とリトグラフを中心に版画の領域全般の制作実習を行う。版画全般、それぞれの技法について概説し,実技制作を通して高度な版画技法を体験しながら,版表現の概念と造形の解釈の考察を進める。
(造形)
各自の研究計画書に基づいて制作実習を行う。平面からインスタレーションまでの様式で、現代的テーマを持ちながら作品制作し、表現の展開を試みる。
科目の到達目標 (版画)
絵画表現のより柔軟で多角的な観点からの展開として、版による表現を通して独自な意味と現代性を探求を進めて行く。
(造形)
美術表現を多角的に研究。素材研究と同時に、表現の可能性を広げる制作研究を進める。
受講要件 (版画)
学部において版画制作演習、版画制作実習Ⅰ、版画制作実習Ⅱ、版画による卒業制作等の経験など版画全般について基本的な技法と表現の理解と体験があることが望ましい。
(造形)
主体的な研究計画を持ち、制作を継続的に進め、作品を展開していけること。プレゼンテーション、ディスカッションに積極的に臨めること。
事前・事後学修の内容 (版画)
主体的な取り組みの中で版表現の概念と技術の深まりを探求する。
(造形)
主体的で積極的な取り組み姿勢を継続する。
講義内容 (版画・造形)
自らの創作研究に沿った実技制作
1  各自の研究計画の再確認
2  研究実技制作の準備
3  実技課題制作
4  実技課題制作
5  実技課題制作
6  中間講評
7  実技課題制作
8  実技課題制作
9  実技課題制作
10 展覧会等における発表のための準備
11 展覧会等における発表のための準備
12 展覧会等における発表のための準備
13 展覧会等における発表
14 展覧会等における発表
15 講評
評価方法 提出作品、研究発表等により研究成果を総合的に評価する。
判定の基準として研究計画書による取り組みや提出作品の内容が満たされていれば「可」とし、提出作品の内容や計画書による達成度が予定通り進められていると認められた場合「良」とし、研究姿勢も含めた総合的観点において高い研究結果の作品や成果が認められたものを「優」とする。さらにその中で独自性を表し、追随がない程の作品や成果をあげたものについて「秀」と認定する。
教科書等 (版画) 視聴覚教材。随時配布するレジュメ。
(造形) 随時提示する。
担当者プロフィール
備考