科目名 油絵研究CⅡ
単位数 8.0
担当者 准教授 志水児王、 講師 釣谷 幸輝(教授 大矢英雄、准教授 森永昌司、准教授 諏訪 敦、講師 佐藤尉隆 その他)
履修時期 通年
履修対象 大学院前期修士課程2年次
概要 (版画)
研究計画書に基づいて選択された版画領域における制作実習を行う。研究・制作を通してより高度な版画技法を積み重ねながら修了制作に展開して行く。独自の版表現と造形解釈の探求を進める。
(造形)
研究計画書に基づいて制作実習を行う。平面からインスタレーションまでの様式で、現代的テーマを持ちなから作品を展開させ、集大成として修了制作を行う。
科目の到達目標 (版画)
自らの創作研究に沿って、より柔軟高度な制作研究を進めながら、必然的な版表現と造形解釈の探求を進める。
(造形)
自らの創作研究に沿って、より高度な制作研究を進めながら、現代的なテーマと造形表現の関係や視覚芸術の可能性を探求する。
受講要件 主たる指導教員と相談の上、研究計画書を作成して提出すること。 修了作品に結びつく創作研究であること。
(版画)油絵研究ⅠCにおいての経験など版画全般についての技法と表現の理解と体験があることが望ましい。
(造形)油絵研究ⅠCにおいての研究を通じて、独自のテーマを持ち、複数のメディアを通じて体現する技能と体験があることが望ましい。
事前・事後学修の内容 独自性のある研究計画を策定する。 指導教員のもとに、各自より主体的な創作研究に取り組む。
(版画)主体的な取り組みの中で、版表現の概念と技術の深まりを探求する。
(造形)主体的かつ柔軟な取り組みの中で、造形表現の概念と技能を探求する。
講義内容 この科目は学生各自の研究計画にそって、専門的な実技指導を行う。 通年期間中に、中間講評を行い、修了作品(概ね150号相当1点)を提出のこと。 自ら創作研究に沿った修了制作を行うこと。
1  各自の研究計画の再確認
2  研究実技制作の準備
3  実技課題制作
4  実技課題制作
5  実技課題制作
6  中間講評
7  実技課題制作
8  実技課題制作
9  実技課題制作
10 修了作品の制作
11 修了作品の制作
12 修了作品の制作
13 修了作品の制作
14 講評
15  まとめ ・修了作品提出・口頭発表
評価方法 報告書提出に合わせて、修了作品について口頭発表を行い、研究成果を評価する。評価基準は以下の通りである。
提出作品等により研究成果を総合的に評価する。 判定基準として研究計画書による取り組みや提出作品の内容が満たされていれば「可」とし、提出作品の内容や計画書による達成度が予定通り進められていると認められた場合「良」とする。研究姿勢も含めた総合的観点において高い研究結果の作品や成果が認められた場合を「優」とします。その中でさらに独自性を表し、追随のない程の作品や成果のみられたものについては「秀」を認定する。
教科書等 適宜、指示する。
担当者プロフィール
備考