科目名 日本画材料技法演習
単位数 2.0
担当者 芸術学部 教授 藁谷 実、非常勤講師 吉村 誠司
履修時期 後期
履修対象 博士前期課程絵画研究 日本画1年
概要 授業形態:演習
課題:基底材研究、絵の具・墨研究、スケッチ技法材料研究、日本画制作
・日本画は、日本の歴史とともに様式を変えながらも材料技法は大きく変わること無く今日まで受け継がれている。この授業では技法材料面から絵画表現を考察する。
科目の到達目標 ・素描、制作準備、日本画制作導入部から作品完成に至る各段階で、日本画についての知識、思考方法、技術のうち、特に材料と技術について修得する。
受講要件 博士前期課程絵画研究日本画研究A及びBに所属している学生であること。
事前・事後学修の内容 ・日本画に限らず、優れた芸術作品に数多く触れる。
・スケッチ、素描など作品制作の基礎となる研究、学修を行う。
講義内容 この授業では、日本画制作で使用する基底材(紙、絹、板、壁画)、岩絵の具、有機質の絵の具、膠、墨と硯などについて技法材料の研究を行う。

1、講師作品のスライドによる作品解説【技法材料研究】
2、講師とともにスケッチ取材【スケッチ取材における技法材料の研究】
3、スケッチ講評会 【講評(教員)、作品プレゼンテーション、客観的な自己作品評価の研究】
日本画制作による総合的な研究。 
4、素描、スケッチ
5、素描、スケッチ 
6、制作計画【下図、基底材選定 等】 
7、制作計画【下図、基底材選定 等】
8、制作準備【パネル、基底材、描画材 等】
9、制作準備【パネル、基底材、描画材 等】 
10、日本画制作【技法・材料研究、造形性、表現力についての研究】
11、日本画制作【技法・材料研究、造形性、表現力についての研究】
12、日本画制作【技法・材料研究、造形性、表現力についての研究】
13、日本画制作【技法・材料研究、造形性、表現力についての研究】
14、日本画制作【技法・材料研究、造形性、表現力についての研究】
15、講評会 【講評(教員)、作品プレゼンテーション、客観的な自己作品評価の研究】
評価方法 実習への取り組み姿勢、理解度を実習進度の段階ごとにチェックし評価の基準とする。提出作品により観察力、造形力、表現技術の到達度を点数化し評価する。各課題における作品提出を単位取得(可)の条件とする。さらに作品に感性の豊かさや表現の的確さが認められるものを(良)、優れたものを(優)、特に優れたものを(秀)とする。
教科書等 参考資料を必要に応じて提示する。
担当者プロフィール 藁谷 実・日本美術院同人  吉村 誠司・東京芸術大学准教授 日本美術院同人
備考