科目名 油絵材料技法演習
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 佐藤一郎
履修時期 前期
履修対象 1年次
概要 絵画の基本についての講義である。「絵画の心得」から、「見る」と「描く」から導き出される「絵画の重層構造」、さらに「明暗法」、「遠近法」、「顔料、媒剤(メディウム)、テンペラ絵具、油絵具」などを、実習をも加える。【授業形態:演習】
科目の到達目標 絵画制作を通して、「見る眼の寸法を拵える」修練の重要性を認識し、「物質としての絵画」としての絵画材料学、絵画技術学の基本を修得する。
受講要件 造形芸術専攻油絵研究室所属
事前・事後学修の内容 前期の絵画制作について、日記形式で記す。その場合、支持体、地塗り、絵具層に使用した顔料と媒剤を記録する。その際、疑問に思ったこと、わからなかったこと、さらに絵画技術の専門用語について、自分なりに文章化することを要望する。さらに「みずからの眼で対象物を見て描く自己表現」について小論を記す。
講義内容 ①「絵画の心得」:歴代名畫記の「畫の六法」の「気韻生動、骨法用筆、応物象形、随類賦彩、経営位置、伝模移写」を、西洋画と関連づけて述べる。
 実技:素描A-1(植物を題材に、水彩紙に鉛筆、テンペラ、油絵具を使用)
②「見ること」「描くこと」:アリストテレスの「見ることの構造」と、ヤン・ファン・エイクの「描くことの構造」の対応関係を述べる。
 実技:素描A-2(下素描、陰影描写、地透層、白色浮出、彩色の過程を順守)
③遠近法:比例(プロポーション)、構図(コンポジション)としての1点、2点透視図法について述べる。みずか視高と視距離を設定し、作図する。
 実技:素描B-1(鉛筆、定規で、2点透視図法を用い、輪郭線素描+陰影)
④明暗法:ニュートンの光学と、顔料、媒剤の屈折率:光の吸収と反射によって、さまざまな色が見えるとは?油絵具のID番号、透明性・被覆性を述べる。
 実技:素描C-1(透層+掠層による諧調(グラデーション)見本を作成)
⑤「黒田清輝の素描と絵画」+「藤田嗣治の絵画技術」:日本絵画の行方を探る。
レポート:みずからの絵画を今後どのように制作するのか。※全30コマ
評価方法 受講要件の「制作記録」、「みずからの表現とは?」、本講義での「素描A,B,C」「レポート」を提出。提出されたものと、個人面接を加え、総合的に評価する。
教科書等 適宜、講義資料を配布する。参考図書となる佐藤一郎の著書、訳書を列挙する。
①「デルナー:絵画技術体系」佐藤訳(美術出版社、1980)②「ヴェールテ:絵画技術全書」佐藤他訳(美術出版社、1993)③「テンペラ画の実技」佐藤監訳(三好企画、2005)④「絵画制作入門」佐藤著(東京藝術大学出版会、2014)
担当者プロフィール 1970年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻首席卒業。1973年「安井賞候補展」出品(池袋西武百貨店)、西ドイツ政府給費留学生として、ハンブルグ美術大学ルドルフ・ハウズナー教室在籍(-1976)。1981年東京藝術大学油画技法材料第1研究室担当(-2014)。2014年金沢美術工芸大学大学院教授、東京藝術大学名誉教授、嵯峨芸術大学客員教授、文化財保護芸術振興財団評議員。
備考 教材費として2000円程度が必要になる。