科目名 彫刻研究BⅠ
単位数 8.0
担当者 芸術学研究科 教授 伊東敏光、教授 チャールズ・ウォーゼン
履修時期 通年
履修対象 造形芸術専攻彫刻研究1年次
概要 授業形態:実習
学部で培ってきた塑造を核とした彫刻的造形力、精神性の基礎をより深く追求し、さらに金属、テラコッタ、ミックストメディア等、多様な表現方法を学び、彫刻概念の幅を拡げるとともに、制作を通して個性的な彫刻表現の確立をめざす。
科目の到達目標 作品制作にあたり、構想、試作、実制作のプロセスを段階的に経験、実践していくことで、彫刻作家としての専門的造形能力を身につける。
受講要件 造形芸術専攻彫刻研究B講座に所属している学生であること。
事前・事後学修の内容 自主性をもってあらゆる面で自ら学び研究し、また積極的に制作に励むこと。
講義内容 [前期]
・ 導入、概要説明(彫刻研究AⅠ,BⅠクラス合同)
・ 大学院入学試験時に提出した研究計画書をもとに、研究・制作の進め方について担当教員の個別指導を受け、内容について精査し方針を決定する。
・ 各自の研究計画に従い研究・制作を進め、適時担当教員に進捗状況を報告するとともに個別指導を受ける。
・ 1、2時限の授業時間に、選択制でモデルを使っての等身人体等の塑像の制作をおこなうことができる(432彫刻アトリエ)。
・ 前期終了時には、作品、ポートフォリオ、資料をまとめて成果報告をするとともに、AⅠ,BⅠクラス合同講評会をおこなう。その中で研究内容を精査し、後期の研究・制作について具体的方針を定める。

[後期]
・ 各自の研究計画に従い研究、制作を進め、適時担当教員に進捗状況を報告するとともに、個別指導を受ける。
・ 1、2時限の授業時間に、選択制でモデルを使っての等身人体等の塑像の制作をおこなうことができる(432彫刻アトリエ)。
・ 後期終了時にはポートフォリオ、資料をまとめて成果報告をするとともに、AⅠ,BⅠクラス合同講評会をおこなう。その中で1年間の研究内容を精査し、BⅡの研究・制作について研究の方向性と目標を具体化する。
評価方法 通常授業への取り組み姿勢、研究の進捗状態を実習の段階ごとにチェックし評価の前提とし、提出作品により造形力、表現力、独創性を点数化し評価する。
年間を通して実材(金属、テラコッタ、ミックストメディア等)と塑造による彫刻研究を進め、造形力、表現力を強化して作品提出することを単位取得「可」の条件とする。さらに研究に独創性が認められるものを「良」、加えて芸術性の高いものを「優」、より優れたものを「秀」とする。
教科書等 個別指導の中で必要に応じ、映像を含めた古今東西の資料を提供する。
担当者プロフィール 伊東敏光:専門領域は金属を中心としたミクストメディアの彫刻である。素材は表現対象によって金属、石、木、ブラスチック等から選択し組み合わせる場合が多いが、一貫して自然の形態から抽出したフォルム(形)を研究し、その造形化と彫刻表現の可能性を追求している。
チャールズ・ウォーゼン:アメリカ、ドイツ、日本でのアーティスト活動と生活経験を基に、国際的視野から現代彫刻を研究している。作品制作では「合成素材とてづくり」を基本に、不可解で予測出来ない形態を、プラスティックやシリコンを素材につくり出す。
備考