科目名 造形計画研究Ⅰ
単位数 8.0
担当者 教授:南 昌伸、及川久男、吉田幸弘、倉内 啓、永見文人、笠原 浩
准教授:大塚智嗣、野田睦美
講師:中村圭、藤江竜太郎、有持 旭
履修時期 通年
履修対象 1年次
概要 授業形態(実習)
専攻の教育・研究の主軸である「高次元の生活文化の創造」を基盤に据え、デザイン分野、工芸分野、および理論分野の各分野が
制作および研究内容の成果の充実と質の向上を目的とし、制作および研究についての指導を行う。
提出された研究計画をもとに、制作,研究方法について担当教員が個別指導を行なう。また、造形計画研究における全担当教員による総合指導(通年2回程度)を行う。
科目の到達目標 受講生の専門分野において、調査、研究、分析能力を身に付ける。また、高度な創作研究が行なえる様、研究テーマに対するの思考力と展開力を身に付ける。

(視覚造形)視覚伝達デザインを中心に造形計画研究の総合的な研究を行う。
(立体造形)生活のなかのプロダクトデザイン、社会的な立体造形の領域を中心に造形計画の総合研究を行う。
(映像メディア造形)情報機器の多様な手法・表現を用いて、旧来の芸術表現との連携、融合を図り先進的な表現へと展開する能力を養うことを目的とする。
(金属造形)各自の研究テーマを明確にし、自己の作品性の確立を図り、新たな問題提起と解決能力を養う。
(染織造形) 個々の研究テーマを深く探究し作品のコンセプトを確立させ、同時に作品の完成度を高める。また、染織造形の作品を中心に現代の美術の動向を把握し、自身の作品を客観的に捉える能力を身につける。
(漆造形) 漆造形を中心に造形計画研究の総合的な研究を行う。
受講要件 特になし。

事前・事後学修の内容 各自の研究テーマに沿って充分な調査と、資料収集を行なう。
進捗状況に応じて必要となってくる調査や技術的問題等を解決するための施策を実践する。
教員、学生間での意見交換を積極的に行い、常に課題を整理し研究ノートとして記録を取る様にする。
他の学生の研究にも興味を持つようにする。
講義内容 視覚造形、立体造形、映像メディア造形、金属造形、染織造形、漆造形の各専門分野における造形計画研究の総合的な研究を行う。

1週〜5週  研究計画のプレゼン、研究計画の見直しと調整、研究課題の整理,調査
6〜14 研究の推進,
15    研究成果プレゼンテーション(中間発表)
16〜29  研究の推進,
30 研究成果プレゼンテーション(最終発表)
評価方法 下記の1)、2)の評価をあわせ総合評価とする。

1、研究計画および研究スケジュールに基づいた、作品、ポートフォリオ、研究レポートの提出と同プレゼンテーションによる評価
2、後期1回の総合指導に於ける評価(提出作品および研究報告)
教科書等 (視覚造形)適宜、必要に応じて資料提供、資料収集の指導を行う。
(立体造形)随時、図書館、スタジオなどでガイダンスを実施し、資料の紹介と提供をおこなう
(映像メディア造形)各制作に応じて参考資料等、随時配布又は紹介する。
(金属造形)適宜、必要に応じて資料提供、資料収集の指導を行う。
(染織造形)各々の課題に応じて参考資料等、随時配布又は紹介する。
(漆造形)適宜、必要に応じて資料提供、資料収集の指導を行う。
担当者プロフィール (視覚造形)及川久男(グラフィックデザイナー)中村圭(デザイナー)
(立体造形)吉田 幸弘(デザイナー)藤江竜太郎(作家)
(映像メディア造形)笠原浩(映像メディアデザイナー)有持 旭(作家)
(金属造形)南昌伸(金属造形作家)永見文人(金属造形作家)
(染織造形)倉内 啓(染作家)、野田睦美(織作家)
(漆造形)大塚智嗣(漆芸作家)
備考