科目名 造形計画研究Ⅱ
単位数 8.0
担当者 教授:南 昌伸、及川久男、吉田幸弘、倉内 啓、永見文人、笠原 浩
准教授:大塚智嗣、野田睦美
講師:中村圭、、藤江竜太郎、有持 旭
履修時期 通年
履修対象 2年
概要 造形計画研究Ⅰに於ける研究成果の習得をもとに、さらなる展開と研究を深め、
修了制作および研究計画報告書としてまとめあげる。また、制作および研究内容の成果の充実と質の向上を目的とし、その過程における制作および研究についても造形計画研究Ⅰと同様に指導を行う。

造形計画研究Ⅰ における修得をもとに、さらなる展開と探究を進めて、その到達を計画及び制作としてまとめあげる。
科目の到達目標 造形計画研究Ⅰにおける成果を基に、受講生が各自の研究テーマを専門的に掘り下げ、内容、質ともに高めていく事のできる高度な研究能力を身に付ける。

(視覚造形)視覚伝達デザインを中心に造形計画研究の総合的な研究を行う。
(立体造形)デザインの構想を計画的に具体化するため、造形表現をすすめ社会に対するメッセージとし発信する
(映像メディア造形)各自の研究テーマを基に、社会が求める新たな表現領域への展開を目的とした表現制作を行う。
(金属造形)造形計画研究Ⅰをベースに,各自の研究テーマをより明確にし、展開を進め修了制作として完成度を上げることを目的とする。
(染織造形)修了制作を通して個々の研究テーマをまとめ、プレゼンテーションする。また、染織造形の作品を中心に現代の美術の動向を把握し、自身の作品と社会との接点を考察する。
(漆造形) 漆造形を中心に造形計画研究の総合的な研究を行う。
受講要件 指導教員からのガイダンスのもと、指導教員と研究計画の再確認と研究スケジュールの調整を行う事。

事前・事後学修の内容 各自の研究テーマに沿って充分な調査と、資料収集を行なう。
進捗状況に応じて必要となってくる調査や技術的問題等を解決するための施策を実践する。
教員、学生間での意見交換を積極的に行い、常に課題を整理し研究ノートとして記録を取る様にする。
講義内容 視覚造形、立体造形、映像メディア造形、金属造形、染織造形、漆造形の各専門分野における造形計画研究の総合的な研究を行う。

1週〜5週  研究計画のプレゼン、研究計画の見直しと調整、研究課題の整理,調査
6〜14 研究の推進,
15    研究成果プレゼンテーション(中間発表)
16〜29  研究の推進,
30 研究成果プレゼンテーション(最終発表)
評価方法 下記の1)、2)の評価をあわせ総合評価とする。

1、研究計画および研究スケジュールに基づいた、作品、ポートフォリオ、研究レポートの提出と同プレゼンテーションによる評価
2、後期1回の総合指導に於ける評価(終了制作提出作品および研究報告)
教科書等 (視覚造形)適宜、必要に応じて資料提供、資料収集の指導を行う。
(立体造形)随時、図書館、スタジオなどでガイダンスを実施い、資料の紹介と提供をおこなう
(映像メディア造形)各制作に応じて参考資料等、随時配布又は紹介する。
(金属造形)適宜、必要に応じて資料提供、資料収集の指導を行う。
(染織造形)各々の課題に応じて参考資料等、随時配布又は紹介する。
(漆造形)適宜、必要に応じて資料提供、資料収集の指導を行う。
担当者プロフィール (視覚造形)及川久男(グラフィックデザイナー)中村圭(デザイナー)
(立体造形)吉田 幸弘(デザイナー)藤江竜太郎(作家)
(映像メディア造形)笠原浩(映像メディアデザイナー)有持 旭(作家)
(金属造形)南昌伸(金属造形作家)永見文人(金属造形作家)
(染織造形)倉内 啓(染作家)野田睦美(織作家)
(漆造形)大塚智嗣(漆芸作家)
備考