科目名 視覚造形演習
単位数 2.0
担当者 及川久男 教授
履修時期 通年
履修対象 博士前期1年
概要 視覚造形の目的は伝達にあり、視覚による伝達は、人間の目の感覚に訴えて何らかの内容を伝えよう(あるいは伝えられよう)とする行動であり、私たちの生活に於いて人間の持つ五感覚の中で80パーセントを超える大きなウェイトを占める分野である。
視覚造形の幅広い領域の中に自己のアイデンティティとテーマ確立し研究に取り組む。
科目の到達目標 視覚造形の幅広い領域の中に、自己のアイデンティティとテーマを確立し、研究に取り組みながら、自らの進むべき道を切り開いてゆく。 
受講要件 大いなる好奇心と探究心を持っている事。
事前・事後学修の内容 知力と体力と精神力を養ってほしい。
講義内容 1. グラフィック・デザイナー・リサーチ
2. 広島から発信するポスター
3. 研究計画書にのっとった各自の研究

研究テーマについての考察(ディスカッション)
調査と分析
研究プランの立案と計画(研究計画書の調整)
企画の展開
実施と制作(表現技術の習得)
公開展示(ディスプレィとプレゼンテーションテクニック)
講評
記録(プロファイリング)
評価方法 研究に取り組む姿勢と提出作品により評価
教科書等 各自に適時紹介する
担当者プロフィール 本学のホームページ等、参照
備考