科目名 立体造形演習
単位数 2.0
担当者 教授・吉田幸弘
履修時期 1・2年
履修対象 1年
概要 立体物のデザインをすすめるため、その計画から具体化に至る基礎的な展開として位置づける。
課題テーマに応じ社会と立体造形、生活とプロダクトデザインのかかわりからテーマを設定し、その発想、計画、構想、ならびに作品の具体化について感性と計画性の基本プロセスを学ぶ。最終的には、作品展示とドキュメントの制作をすすめる。
科目の到達目標 立体造形作品やプロダクトデザインの計画的研究と製作を通し、造形とその具体化のための実現能力をつける。
受講要件
事前・事後学修の内容 自分の製作理念とその作品への反映をすること。積極的に公募展に応募、発表する。
講義内容 【前期】
1.課題の主旨説明、研究計画書の指導
2.テーマ設定のための調査
3.テーマ設定における背景、分析
4.テーマにおける造形概念の形成
5.アイデアの展開(スケッチ、モデル作成等)
7.アイデアの収斂
8.中間発表(プレ卒制・修了展等)
【後期】
1.具現化に向けての設計
2.実制作
3.検証とリファイン
4.仕上げ
5.作品の撮影、ドキュメント作成
6.学内展示での採点、講評
7.卒業制作・修了展に向けての展示計画
8.卒業制作・修了展で発表
評価方法 作品、ポートフォリオ
作品提出することを単位取得の最低条件とし、コンセプト、独創性、完成度の高い表現を(良)、さらに優れたものを(優)、特に秀でたものを(秀)とする。
教科書等 自分の造形ノートを作り、それを指導する
担当者プロフィール 吉田 幸弘(デザイナー 立体造形分野 教授)
備考