科目名 金属造形演習
単位数 2.0
担当者 教授 南 昌伸、教授 永見文人
履修時期 通年
履修対象 1年次
概要 造形計画研究における各自のテーマ性と関連付けられる、幅広い視点からの取材、調査、分析を行ない、考察を通した実験的制作研究を行う。
科目の到達目標 幅広い視点から、金属工芸、金属造形を考察し、造形計画研究における制作研究の独創性を引き出すとともに、制作の質を高めていける力を身につける。
受講要件 指導教員と事前に造形計画研究における研究テーマと本研究内容との整合性について調整、確認を行なっていること。
事前・事後学修の内容 造形計画研究におけるテーマとの整合性を図りながら、事前の調査,整理を行なうこと。
研究テーマの展開を即すために幅広い視点からの考察と、実験的試みを出来る限り多く行なうようにする。
講義内容 第1回  導入、研究テーマのプレゼンテーション、研究テーマの考察(ディスカッション) (教授 南  教授 永見)
第2回     研究テーマのプレゼンテーション、研究テーマの考察(ディスカッション) (教授 南  教授 永見)
第3回  取材、調査、
第4回  取材、調査、
第5回  分析
第6回  分析      
第7回  プレゼンテーション(ディスカッション) (教授 南  教授 永見)   
第8回  素材と技法研究
第9回  素材と技法研究
第11回 素材と技法研究
第12回 素材と技法研究 
第13回 素材と技法研究 
第14回 素材と技法研究 
第15回 中間発表(ディスカッション)(教授 南  教授 永見)
第16回〜制作
第27回 制作
第28回 作品提出
第29回 展示公開
第30回 まとめ (教授 南  教授 永見)
評価方法 研究報告書、提出作品、プレゼンテーションをそれぞれ点数化し、それらを総合して評価する。
研究報告書と作品を提出する事を単位取得(可)の最低条件とする。研究の独創性と高い表現を(良)、優れたものを(優)、特に優れたものを(秀)とする。
教科書等 必要に応じて、資料を配布する。
担当者プロフィール 教授 南 昌伸(金属造形作家)、教授 永見文人(金属造形作家)
備考