科目名 漆造形演習
単位数 2.0
担当者 准教授 大塚 智嗣
履修時期 通期
履修対象 1年
概要 古くから人間生活と深い係わりを持つ漆に対し、その沿革、性質、用具材料、多岐にわたる漆芸技法を概説するとともに、漆がもたらす美の典型や現代における漆の現存性を思考し、探るための演習をおこなう。
科目の到達目標 漆の表現方法は技法により様々であるが、その技一つをとっても、歴史、地域性、目的等により異なる。ねらいとしては現代評価されている作家、企業の方の講義等も含め、表現することの必然性を認識し、今後展開すべき漆造形の可能性を探る。
受講要件 漆に関する基礎知識を認識、又は基礎技術を修得しているものとする。
事前・事後学修の内容 研究目的を明解にし、積極的な取り組みを望む。
講義内容 漆の育成法、採取法について
様々な技法の講義(年度によりことなる)
様々な道具の講義(年度によりことなる)
保存修復の講義
評価方法 研究状況、作品提出、レポート提出、作品講評を評価
作品及び研究レポートを提出することを単位取得「可」の最低条件とする。コンセプト、独創性、完成度の高い表現を「良」、優れたものを「優」特に優れたものを「秀」とする。
教科書等 随時配布
担当者プロフィール 大塚、青木の他年間2名の先生の特別講義をおこなう。
漆加飾特別講義 :未定
漆樹植栽演習  :小野忠司 備中漆新見研修所「漆の館」館長
備考