科目名 領域横断特別研究
単位数 2.0
担当者 博士後期課程指導教員全員
履修時期 通年
履修対象 1・2年
概要 この研究では、実技系と理論系の教員が共同で研究指導にあたる。学生の研究志向に応じて、絵画領域、彫刻領域、造形計画領域、理論領域を横断して研究を行うものである。研究にあたっては、絵画領域(日本画研究・油絵研究)、彫刻領域、造形計画領域(視覚・立体・空間・映像情報・金属・漆・染織)の中から、学生の専門領域、研究分野と異なる研究領域、研究分野を選択し、希望する担当教員の指導を受けて研究を進める。
指導は受入先の教員が中心となって行なっていくが、中間発表2回、最終報告会は、関係教員全員が全員参加意見交換を行なう。
科目の到達目標 受講生が専門領域外での横断的研究を行なうことで、新たな体験から生まれる思考性や創造性を引出し、各自の研究を展開していくための応用力を身に付ける。
受講要件 横断先の教員と事前に相談の上、研究内容の確認と了解を確実に取っておくこと。
また、所属研究分野の主指導教員とも事前に確認と了解を取っておくこと。
事前・事後学修の内容 横断先の教員と事前に研究計画を確認、調整を行なった上で充分な事前学習、調査をする。
主体的に研究を進め、担当教員の指導を積極的に受け、効率よく研究を進めるようにする。
他の学生の研究に対しても興味をもち、相互の研究について積極的に意見交換を行なうようにする。
研究過程、成果を詳細にまとめ、各自の研究の展開に繋げられるようにする。
講義内容 1    横断先での研究計画の検討、調整発表、横断先での講義,調査、研究の推進
2    横断先での研究計画の検討
3    横断先での研究計画の検討
4    横断先での研究計画の発表(合同中間発表)
5    調査、研究
6    調査、研究
7    調査、研究
8    調査、研究
9    調査、研究
10   調査、研究
11   調査、研究
12   調査、研究
13   調査、研究
14   調査、研究
15   研究途中経過発表(合同中間発表)
16   研究
17   研究
18   研究
19   研究
20   研究
21   研究
22   研究
23   研究
24   研究
25   研究
26   研究
27   研究
28  研究成果発表(合同最終発表)
29  まとめレポート作成
30  まとめレポート作成
19〜29 研究の推進
30    研究成果発表(合同最終発表)

【実技系】
〔絵画領域〕
日本画と油絵における技法及び表現について教育研究を行い、藁谷教授が全体の研究を監修する。
(日本画研究)
学生の研究志向に応じた指導をするとともに、顔料、墨及び紙本、絹本、箔等、材料の理解を深め、幅広い実技経験をさせるよう指導する。
○日本画の写生論、日本画制作全般及び箔、泥、墨技法の指導をするとともに、日本画研究全体の監修を行う。(藁谷教授)
○日本画の基礎的な技法、材料の指導を通して認識を深め、専門分野における創作活動の広がりを目指す。(今村准教授)
○日本画の制作及び古典作品の材料、技法、表現について指導する。(前田准教授)
○日本画制作と技法、日本画材の持つ色彩とその用法について指導する。(荒木准教授)
(油絵研究)
学生の研究志向に応じて、油絵技法を体験させ、その理念の考察を通じて、現代における絵画表現についての研究指導を行う。
○他の造形芸術分野との関係と差異を考慮しながら、西洋絵画の基本的な考え方と技法の実際を指導する。(大矢教授)
○ヨーロッパの古典絵画の系譜について研究するとともに自己の世界観の確立を目指す。(森永教授)
○洋画由来の技術と思考方法を手がかりに、その応用としての研究指導をおこなう。(諏訪准教授)
○表現における思考性や多様性を研究し、自身の作品制作の表現内容の概念構築と展開を促す。(志水准教授)

〔彫刻領域〕
学生の研究テーマに添って必要な彫刻的技術を指導し、造形力、精神性を養い、他領域との融合を図る。
○石彫を中心に技術指導を行うと共に、環境芸術を含む彫刻領域について幅広い芸術創造の研究・指導を行う。(前川教授)
○塑造、金属及び複数の素材を組み合わせるミクストメディアを中心に、技術及び造形研究の指導を行う。(伊東教授)
○ミクストメディア等を中心に技術指導を行い、現代における造形芸術の研究・指導を行う。(チャールズ・ウォーゼン教授)

〔造形計画領域〕
各々の研究テーマに応じて、各専門分野を綿密に連携させつつ、領域横断的に教育研究を行う。南教授がデザイン・工芸研究全体を監修する。
(デザイン研究)
造形表現とそのあり方についての探究を行う。各々の研究テーマについて、多角的な観点による制作思考の展開と造形表現の進展を促し、より高度な造形表現の確立に向け研究指導を行う。
○プロダクトデザインを中心に人間生活の中でのモノのありようを考察し、個々のテーマに基づき多角的な研究指導を行う。(吉田教授)
○造形表現における映像メディア(媒体)展開を中心に、造形表現の社会的役割を考察し研究指導を行う。(笠原教授)
○視覚造形領域を中心に、各々の研究テーマについて、他の領域とともに、ヴィジュアルコミュニケーションのあり方と、新たな表現について研究指導を行うとともに、デザイン研究全体の監修を行う。(及川教授)
○作品の概念構築を中心に、他者、社会に対して、どのようなプレゼンテーションを行うかについて、現代美術の観点から考察し、研究指導を行う。(鰕澤教授)
(工芸研究)
工芸素材、工芸技法の基本姿勢を修得させ、各々の創作研究における質的拡充を目指して、理論的思考を伴う多角的な研究指導を行う。また、各専門分野を横断的に連携させることによって、工芸研究全体の研究指導にあたる。
○各自のテーマに応じて、金属材料と技法等を柔軟な視点から考察し、有意義な実験的研究に繋がるよう研究指導を行なう。また、工芸研究全体の監修を行なう。(南教授)
○金属造形の基礎的な、材料の知識と造形技法について指導し、各自の専門分野に応用できるよう指導する。(永見教授)
○各々のテーマに応じた創作研究の展開を多角的な観点で捉え、染織造形分野の技法と素材を基にした工芸的な発想や視点によるもの創りの手法を導入し、より幅広い造形表現方法を思考させる。(倉内教授)
○遥か昔から現在まで染織は人間にとってなくてはならない分野であり、様々に発展してきた歴史を踏まえ、各自のテーマと染織が融合した新しい研究活動へと展開できるように指導する。(野田准教授)
○漆造形分野では研究内容において漆素材を扱う必然性、及び漆に対する基本的知識を把握していることを前提とし、各自の研究に即した漆の技法、理論指導を行う。(大塚准教授)

【理論系】
芸術創作の横断的試みに対して理論的側面から研究指導を行う。
○美学の諸概念の理解を踏まえつつ、それを批判的に検討した上で、芸術創作の基盤となるよう指導する。(関村教授)
○東洋・日本美術の古典的な芸術論や作品を、各自の制作にどのように応用・反映させうるかについて、必要な知識を得られるよう指導する。(城市准教授)
○領域横断的に展開する現代美術の歴史を理解した上で、理論的な問題関心を作品制作にどのように活かすのかを学ぶことができるように指導する。(石松准教授)
評価方法 2回の中間発表と最終の成果報告会そして報告書の提出を課している。いずれも主担当教員、領域横断先教員等の参加による合同の発表会の形をとっており、中間発表での研究過程の内容及び最終の研究成果発表、研究報告書の内容をもって評価する。
教科書等 必要に応じて、横断先教員より資料の配布,参考図書等の紹介がある。
担当者プロフィール
備考