科目名 特別造形総合演習Ⅰ
単位数 2.0
担当者 博士後期課程指導教員全員
履修時期 通年
履修対象 1年
概要 この演習では、理論系教員と実技系教員が共同で研究指導にあたる。学生の研究志向に応じて、作品の理論研究と創造的制作研究との二つの面の総合的指導を行う。
科目の到達目標 実技創作研究を自覚的に深めるとともに、それを踏まえて、美学・美術史の理論の研究を進め、論文作成の能力を身につける。
受講要件 博士後期課程1年次の学生。
事前・事後学修の内容 論文のテーマ設定、文献の調査と読解などを学生各自が進める。
講義内容 【理論系】
○美学の分野では、伝統的ヨーロッパの古典美学から現代美学に至る思想の流れを踏まえて、現代における芸術創造に関わる問題について、その基礎論を固めるべく指導する。
○東洋・日本美術史の芸術論や造形芸術に関する研究史を踏まえて、各自の問題関心を分析的に捉えられることを目指し、そのための基本的な研究方法を指導する。

【実技系】
〔絵画領域〕
(日本画研究)
 学生の研究志向に応じ、技法及び材料の理解と表現の分析、テーマの選定に関し指導する。その指導にあたっては、分担または合同であたり、理論系教員を加えて共同して行う。
○学生の研究志向に応じ、研究テーマを明確にし、理論研究を深め、より専門的な創作実践の指導をするとともに、日本画研究全体の監修を行う。
○将来にわたる自主的研究、制作活動の礎となるテーマの深化とこれに必要な技法、表現能力向上のための理論的研究手法獲得を目指して指導を行う。
○日本画の制作及び古典作品の模写から材料、技法、表現についてより専門的な指導をする。
(油絵研究)
 学生の研究志向に応じ、油絵の伝統技法、特にその根底にある写実の精神についての研究を踏まえ、指導する。その指導にあたっては、分担または合同であたり、理論系教員を加えて共同して行う。
○現代社会における芸術と人間の在り方を軸に、新しい絵画表現を模索する方法論の追及、指導をする。
○西洋絵画の本質的な意義を探求するとともに、表現の出発点を明確にする。
○構築した理論と実制作との合致を前提に、主に実技面の指導をする。

〔彫刻領域〕
 学生の研究志向に応じ、以下の指導を行う。
○石彫を中心として、環境に関わる造形研究を進めながら、彫刻創造の背景となる精神性や歴史、風土の考察をし、理論系教員との連携を図りつつ、制作・理論の両面から指導していく。
○金属、ミクストメディアを中心に造形研究を進めながら、学生の作品制作に関わる表現欲求を言語として引き出し、理論系教員と連携を図りながら制作・理論の両面から指導していく。
○ミクストメディア等を中心に指導し、それらの素材研究を含む造形研究と理論的研究を行う。

〔造形計画領域〕
(デザイン研究)
 高度なデザイン分野における表現研究を深め、博士号申請に関わる、創造的制作研究と理論研究との二つの面から総合的指導を行う。
○プロダクトデザインを中心に人間生活の中でのモノのありようを考察し、理論系教員と連携し研究指導を行う。
○映像メディア造形分野における映像制作表現を中心に、その先進性、独自性の提示を主題として研究指導を行う。)
○視覚造形領域を中心に、人間社会に於けるヴィジュアルコミュニケーションについてVerbalComunicationとNonverbalComunicationという両面から考察し、造形表現とその理論研究の指導を行うとともに、デザイン研究全体の監修を行う。
○作品とその背景を明らかにし、作品の意味性と社会性をより具現化した形で、発表活動につなげる指導研究を行う。
(工芸研究)
 実材系分野である工芸において各々の創作表現研究を探究するとともに、作品の理論研究も指導し、作品と理論の二つの面での総合的な指導を行う。
○金属造形を中心に、各自の研究テーマにおける造形と理論の整合性をはかりながら、独創的な造形研究が行なえるよう、総合的に研究指導を行う。
○金属造形の作品制作を通して、各自の制作理論の構築へと繋がるよう、制作と理論の総合的な見地から指導する。
○染織造形分野を中心に、各々のテーマに応じた創作研究が、造形的及び理論的両面において展開されているか、理論系教員との連携により複合的に研究指導を行う。
○漆造形分野では、各々の造形研究における歴史的観点、科学的観点、社会的観点等、多角的視点より理論研究を行い、より独創的な研究を指導する。
評価方法 論文においては、次の5つの事項について総合的に評価する。
1 テーマ。問題意識の明確さ。
2 文献の的確性。調査研究の質、引用や参照の仕方。
3 オリジナリティ。内省する力と自己の思索を展開する力。
4 構成力。論点や論旨の整備、論述の整序、説得性。
5 表現力。整合性のある明晰な文章。
教科書等 各自のテーマに沿って指示する。
担当者プロフィール
備考