科目名 東洋美術史特講(彫刻・工芸)
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 臺信 祐爾
履修時期 通期
履修対象 1・2年次
概要 紀元前6ないし5世紀頃、現在のネパールで釈迦族の王子として生まれた釈迦牟尼は仏教の祖である。法輪や仏足などの象徴によって釈迦を表現する「無仏像の時代」が長く続いたが、紀元前後頃、ガンダーラ(現在のパキスタン西北部)とマトゥーラ(現在の中インド)で、ほぼ同時に釈迦を人間の姿で表すようになったと考えられている。仏像の誕生とインドから西域(中央アジア)、中国、韓国などへと広がっていった仏教図像の変遷について講義する。
【授業形態:講義】
科目の到達目標 仏像造立の歴史的背景、仏像の種類や役割について、また時代や民族ごとに特徴的な様式について理解する。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 事前・事後学修のためのプリントを配布する。
講義内容 1 インド世界における仏教成立以前の宗教美術
 2 仏教の創始者釈尊の生涯
 3 釈尊の生涯の美術(仏伝図)
 4 釈尊の前世物語(本生図)
 5 仏像の誕生 ガンダーラの仏像
 6 仏像の誕生 インド・マトゥーラの仏像
 7 仏像の成熟 インド・グプタ朝の仏像
 8 アフガニスタン・西域の仏教美術
 9 中国の仏教美術 五胡十六国の仏像
10 中国の仏教美術 北魏・北斉の仏像
11 中国の仏教美術 隋・唐の仏像
12 朝鮮の仏教美術 三国時代の仏像
13 東南アジアの仏教美術
14 仏教工芸美術
15 まとめ
評価方法 授業参加度(40パーセント) レポート(60パーセント)
教科書等 特になし
担当者プロフィール 東洋美術史・シルクロード美術史専攻。九州国立博物館特任研究員。東京国立博物館と九州国立博物館などで、大規模な特別展(シルクロード美術、カンボジア美術、チベット美術、契丹美術など)を担当してきた。
備考