科目名 現代表現研究Ⅰ
単位数 8.0
担当者 教授 鰕澤 達夫  
履修時期 通年
履修対象 博士前期1年
概要 作品制作とプレゼンテーションの両立を計ための計画、準備、
リサーチの方法を研究する
科目の到達目標 個々のプレゼンテーション能力の向上と作品のクオリティーを計ると
同時に作品のコンセプトをよりよく第三者に理解してもらう方法を
習得する
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 定期的にプレゼンテーションとディスカッションを行い、
作品完成、設置までの進捗状況の検討を重ねる事
講義内容 個々の学生の作品、プレゼン、ディスカッションに応じて、適切な指導を行い、
作品のクオリティーの向上とプレゼンテーション能力の向上を目的とする
また、作品とサイトの関係が良好であるか?
それによって作品から見えてくるものは何なのか?を
何度も検証、検討する事で、作品、インスタレーション相互の
完成度を高める
評価方法 コンセプトのプレゼンテーション、ディスカッションを含め、
最終的に完成した作品とサイトとの関係性を総合的に判断する
教科書等 特になし
担当者プロフィール 鰕澤達夫 教授 現代美術家 アートディレクター
備考