科目名 音響システム工学
単位数 2.0
担当者 システム工学専攻 教授 石光俊介
履修時期 後期
履修対象 3年
概要 音響システム工学では、音を対象にした信号処理、解析、特徴抽出、パターン認識を行うことにより、情報科学に必要なそれらの能力を実践的に数学的に理解することを目的としている.授業形態は座学により行う.
科目の到達目標 信号処理、特徴抽出、パターン認識の基礎となる数学や手法を理解し、それらを組み合わせることによって解析システム設計ができること
受講要件 線形代数学I、線形代数学II、確率と統計を履修していることが望ましい。
事前・事後学修の内容 音の仕組みを少し考えてみてほしい。そして問題意識を持って講義に参加してほしい。
講義内容 1.音響システム工学序説
2.聴覚の特徴、ヘルムホルツの共鳴説
3.音の印象の統計的評価手法、意味微分法、因子分析
4.心理音響指標、ラウドネス,シャープネスの計算
5.シャノンの標本化定理,たたみ込み演算
6.双一次z変換
7.LMS法とその応用
8.中間まとめ
9.非協和度と音階の等比級数
10.ウェーブレットと時間周波数解析
11.特徴の正規化と主成分分析,パーセプトロンの学習則とその応用
12.Widrow-Hoffの手法,SVM,K-NN法とその応用
13.ニューラルネットワーク,ベイズの定理
14.隠れマルコフモデルと認識システムの評価
※上記とは別に学年末試験を実施する.
評価方法・基準 中間まとめ30%,学年末試験40%,演習30%にて評価する.
教科書等 必要に応じ,資料を配付する
参考書等
石光俊介他「生産システム工学」朝倉出版、C.M.ビショップ「パターン認識と機械学習」シュプリンガー・ジャパン,荒木雅弘「フリーソフトで作る音声認識システム」森北出版
担当者プロフィール システム工学専攻に所属。サウンドデザイン研究室にてサウンドデザインや信号処理など音響に関わる研究を行っている.企業にて音響システムの研究開発を7年間経験し,音響システム関連の特許も持つ.
備考