English
広島市立大学 
情報科学研究科 
情報工学専攻 

准教授 
八方 直久 
ハッポウ ナオヒサ 
Happo Naohisa 

 

経歴
広島市立大学 情報科学部 助手  1996/04/01-2007/03/31 
広島市立大学 大学院 情報科学研究科 講師  2007/04/01-2010/03/31 
広島市立大学 大学院 情報科学研究科 准教授  2010/04/01-現在 

学歴
広島大学  理学部  物性学科  1991/03  卒業 
広島大学大学院  理学研究科  物性学専攻  博士前期  1993/03  修了 
広島大学大学院  理学研究科  物性学専攻  博士後期  1996/03  単位取得満期退学 

学位
博士(理学)  広島大学大学院  1996/04 

教育・研究活動状況
図1 ホログラフィーの原理 図2 蛍光X線ホログラフィーの原理
図1 ホログラフィーの原理 図2 蛍光X線ホログラフィーの原理
図3 測定したホログラムの例 図4 3次元再生原子像の例
図3 測定したホログラムの例 図4 3次元再生原子像の例

物質の性質は、どんな元素で出来ているか?その元素が、どのように並んでいるか?で決まります。新素材を開発するためには、既存の物質の原子配列と、その特性との関係を把握することが重要となります。私は蛍光X線ホログラフィー(XFH)という方法を用いて、磁性半導体やBlu-ray記録材料などの原子配列を調べています。XFH法は、近年に開発された全く新しいタイプの構造解析手法で、物質(結晶)中の希薄元素の周りの局所構造解析(半導体中のドーパントや薄膜素材の構造解析)が可能です。また、XFHの測定には極めて強力なX線が必要となります。私は、強力なX線を求めて、兵庫県の大型放射光施設 SPring-8 や茨城県の高エネルギー加速器研究機構 KEK-PF に頻繁に出張してます。学生諸君、一緒に実験に行こう! 

研究分野
ナノ構造物理 
結晶工学 
量子ビーム科学 
薄膜・表面界面物性 
物性Ⅰ 
物性Ⅱ 

研究キーワード
原子分解能ホログラフィー 
半導体物理 

研究テーマ
蛍光X線ホログラフィーによる多元系物質の局所構造解析  2003-現在 

共同・受託研究希望テーマ
蛍光X線ホログラフィー法を利用した固体中の特定元素周辺の局所的な結晶構造解析  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  共著  Pressure-induced superconductivity in AgxxBi2−xSe3  T. He, X. Yang, T. Terao, T. Uchiyama, T. Ueno, K. Kobayashi, J. Akimitsu, T. Miyazaki, T. Nishioka, K. Kimura, K. Hayashi, N. Happo, H. Yamaoka, H. Ishii, Y.-F. Liao, H. Ota, H. Goto, Y. Kubozono  Physical Review B  97, 104503-1-8  2018/03/07  10.1103/PhysRevB.97.104503 
研究論文(学術雑誌)  共著  A valence-selective x-ray fluorescence holography study of an yttrium oxide thin film  J. R. Stellhorn, S. Hosokawa, N. Happo, H. Tajiri, T. Matsushita, K. Kaminaga, T. Fukumura, T. Hasegawa, K. Hayashi  Journal of Applied Crystallography  50, 1583-1589  2017/12  doi: 10.1107/S1600576717012821  酸化イットリウムについて、イットリウムの2価と3価のまわりの原子配列が蛍光X線ホログラフィーで区別できることを示したものです。 
研究論文(学術雑誌)  共著  Impurity position and lattice distortion in a Mn doped Bi22Te3 topological insulator investigated by x-ray fluorescence holography and x-ray absorption fine structure  S. Hosokawa, J. R. Stellhorn, T. Matsushita, N. Happo, K. Kimura, K. Hayashi, Y. Ebisu, T. Ozaki, H. Ikemoto, H. Setoyama, T. Okajima, Y. Yoda, H. Ishii, Y.-F. Liao, M. Kitaura, M. Sasaki  Physical Review B  96, 214207-1-12  2017/12/26  10.1103/PhysRevB.96.214207 
研究論文(学術雑誌)  共著  Multiple-wavelength neutron holography with pulsed neutrons  K. Hayashi, K. Ohoyama, N. Happo, T. Matsushita, S. Hosokawa, M. Harada, Y. Inamura, H. Nitani, T. Shishido, and K. Yubuta  Science Advances  3, e1700294-1-7  2017/08/18  10.1126/sciadv.1700294  「白色中性子線ホログラフィー」の実用化の話です。ユウロピウム添加の蛍石をデモンストレーション試料とした。中性子線はX線や電子線と異なり、水素、リチウム、酸素などの軽元素について感度が高く、今回、フッ素の原子像観察を行うことができた。 
研究論文(学術雑誌)  共著  In-Plane Positional Fluctuations of Zinc Atoms in Single Crystal Mg85Zn6Y9 Alloy Studied by X-ray Fluorescence Holography  K. Kimura, K. Hayashi, K. Hagihara, H. Izuno, N. Happo, S. Hosokawa, M. Suzuki, H. Tajiri  Materials Transactions  58, 539-542  2017/03/25  1347-5320  10.2320/matertrans.M2016459 
詳細表示...

研究発表
ポスター発表  蛍光X線ホログラフィーによる強磁性半導体Ge0.6Mn0.4Teの局所構造解析  第24回日本放射光学会年会(つくば国際会議場)  2011/01/09 
口頭発表(一般)  強磁性半導体薄膜ZnSnAs2:Mnの三次元局所構造解析-Mnはどのサイトに置換されるのか?-  第24回日本放射光学会年会(つくば国際会議場)  2011/01/09 
口頭発表(一般)  強磁性半導体Ge0.6Mn0.4Teの蛍光X線ホログラフィー  原子分解能X線励起ホログラフィー研究会ワークショップ  2010/11/13 
ポスター発表  Three-dimensional atomic images of TlInSe2 thermoelectric material obtained by X-ray fluorescence holography  17th International Conference on Ternary and Multinary Compounds (ICTMC17, Baku, Azerbaijan)  2010/09/28 
ポスター発表  Local structure around Mn atoms in IV-VI ferromagnetic semiconductor Ge0.6Mn0.4Te by X-ray fluorescence holography  17th International Conference on Ternary and Multinary Compounds (ICTMC17, Baku, Azerbaijan)  2010/09/28 
詳細表示...

担当授業科目
基礎物理学 
物理学概論 
テクニカルリーディング演習 
情報物性特論II 
物理化学実験 
詳細表示...

所属学協会
応用物理学会  1996-現在 
日本物理学会  1992-現在 
日本放射光学会  2006-現在 
詳細表示...