English
広島市立大学 
広島平和研究所 

教授 
水本 和実 
ミズモト カズミ 
Mizumoto Kazumi 

その他の所属・職名
広島市立大学  広島市立大学広島平和研究所副所長 

経歴
朝日新聞記者  1981/04/01-1997/03/31 
朝日新聞ロサンゼルス支局長  1995/10/01-1997/02/28 
広島市立大学広島平和研究所准教授  1998/04/01-2010/03/31 
広島市立大学広島平和研究所教授  2010/04/01-現在 
広島市立大学広島平和研究所副所長  2010/10/01-現在 

学歴
東京大学  法学部  第3類(政治コ-ス)  1981/03  卒業 
タフツ大学フレッチャ-法律外交大学院  国際関係  修士  1989/05/25  修了  アメリカ 
広島大学大学院  社会科学研究科  国際社会論  博士後期  1998/03  中退 

学位
法律外交修士号(M.A.L.D.)  米国タフツ大学フレッチャー法律外交大学院  1989/05/25 
法律学士号  東京大学  1981/03 

研究分野
国際政治・国際関係論(核軍縮、安全保障) 

研究キーワード
平和 
核兵器 
核軍縮 
核廃絶 
原爆投下 
被爆体験 
平和貢献 

著書
平和をめぐる14の論点――平和研究が問い続けること  日本平和学会編  論点11:核軍縮「被爆地の訴えは核軍縮を促進したか」199-218頁  法律文化社  2018/09/10  978-4-589-03954-5 
戦争の非人道性――その裁きと戦後処理の諸問題  水本和実、福井康人、直野章子、竹本真希子他  「はじめに」i-v頁、第7章「生物・化学兵器と旧日本軍の毒ガス兵器」143-164頁  広島市立大学広島平和研究所  2018/03/30  978-4-908987-04-5 
なぜ核はなくならないのかⅡ――「核なき世界」への視座と展望  吉川元、水本和実他  序章「今日の核兵器と国際平和」1-12頁、終章「被爆国日本の役割」203-221頁。  法律文化社  2016/08/06  978-4-589-03785-5 
ひとつのアジア共同体を目指して  金泰旭、金聖哲ほか  163-179  御茶の水書房  2012/11/10  978-4-275-01002-5 
国際関係論へのファーストステップ  中村都  36-43, 184-192  法律文化社  2011/08  978-4-589-03359-8 
詳細表示...

論文
単著  被爆地の訴えは核軍縮を促進したか  水本和実  平和をめぐる14の論点――平和研究が問い続けること  法律文化社  199-218  2018/09/10 
(MISC)総説・解説(その他)  単著  生物・化学兵器と旧日本軍の毒ガス兵器  水本和実  戦争の非人道性――その裁きと戦後処理の諸問題  広島市立大学広島平和研究所  143-164  2018/03/30  2189-9657 
(MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)  単著  北東アジアの核・ミサイル危機をどう見るか――平壌訪問を踏まえて  水本和実  広島平和研究  広島市立大学広島平和研究所  5, 5-12  2018/03/15  2188-1480 
研究論文(学術雑誌)  NPT再検討会議の失敗と変わらぬ被爆地の思い――2015年の核をめぐる動向と論調  水本和実  広島平和記念資料館資料調査研究会 研究報告13号  広島平和記念資料館資料調査研究会  13, 43-59  2017/12/20 
研究論文(学術雑誌)  単著  新たな脅威と盛り上がる「核兵器の非人道性」の議論――2014年の核をめぐる動向と論調  水本和実  広島平和記念資料館資料調査研究会 研究報告12号  広島平和記念資料館資料調査研究会  12, 17-31  2017/03/01 
詳細表示...

研究発表
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  最新の核をめぐる動向と論調  広島平和記念資料館資料調査研究会 研究発表会  2017/11/25 
口頭発表(一般)  Nuclear Threat in Northeast Asia:from the Viewpoint of Civil Society in Hiroshima  Northeast Asia Peace and Cooperation Forum 2017  2017/11/16 
口頭発表(一般)  日本の平和主義と安全保障  世宗研究所―広島平和研究所共同研究会  2016/11/18 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  被爆地からの訴えは核軍縮を促したか  混沌とする世界における国際機関の強化――ヒロシマの果す役割は  2014/11/21 
口頭発表(一般)  日本の平和主義と安全保障  日韓信頼醸成措置に関するワークショップ  2014/02/27 
詳細表示...

受賞
1996年度南カリフォルニア・ジャーナリズム賞 (News Writing部門優秀賞)受賞  1997/04 
詳細表示...

担当授業科目
平和インターンシップ 
平和と人権A(ヒロシマと国際平和) 
現代軍縮・平和論Ⅰ 
平和研究Ⅱ 
広島からの平和学:実践の方法 
詳細表示...

教育実績
広島経済大学非常勤講師  2008/09/16-2012/03/31  後期「平和学」講義担当 
松山東雲女子大学非常勤講師  2007/08-2008/02  平和学Ⅰ(夏季集中講義)、平和学Ⅱ(冬季集中講義)を担当 
広島県立女子大学大学院非常勤講師  2003/10-2005/02  国際文化研究科講義『比較社会論』(後期)を担当 
日本赤十字広島看護大学非常勤講師  2002/04-2018/03  講義『国際社会と政治』『国際社会と平和』(いずれも半期)を担当 
広島女学院大学非常勤講師  2002/04-2013/09  前期講義『国際社会文化研究』を担当 
詳細表示...

社会活動
ピースツーリズム推進懇談会  2017/06-2018/03 
青少年国際平和未来会議2017  2017/04-2018/03 
広島市「平和宣言に関する懇談会」  2017/04/19-2018/03/31 
学校法人広島女学院評議員会  2016/10/17-現在 
青少年国際平和未来会議2016  2016/04-2017/03 
詳細表示...

所属学協会
日本軍縮学会  2009/04/01-現在 
日本国際連合学会  2000-現在 
日本平和学会  2000-現在 
日本国際政治学会  1997-現在 
日本国際安全保障学会  1994-現在 
詳細表示...

公開講座
広島平和記念資料館資料調査研究会 研究発表会  その他  2017/11-現在  最新の核をめぐる動向と論調――核兵器禁止条約および北朝鮮問題をめぐって 
広島平和研究所連続市民講座(2017年度後期) 「核兵器禁止条約の展望と課題」  市民講座  2017/11-現在  第5回「核兵器禁止条約と日本の役割」 
広島平和記念資料館資料調査研究会 研究発表会  その他  2016/11-現在  最新の核をめぐる動向と論調――オバマ大統領広島訪問後の現状と課題 
広島平和研究所連続市民講座(2016年度後期) 「戦争の非人道性を裁く」  市民講座  2016/11-現在  第5回「被爆体験の非人道性と戦争の非人道性」 
広島平和研究所連続市民講座(2015年度後期) 「戦後70年の論点と課題」  市民講座  2015/12-現在  第5回「戦後の核軍縮と被爆体験――被爆地の役割」 
広島平和記念資料館資料調査研究会 研究発表会  その他  2015/11-現在  最新の核をめぐる動向と論調――2015年NPT再検討会議後の現状と課題 
広島平和記念資料館資料調査研究会 研究発表会  その他  2014/11-現在  最新の核をめぐる動向と論調――2015年NPT再検討会議を前にした現状と課題 
広島平和研究所連続市民講座(2010年度前期) 「2010年NPT再検討会議をみる視点」  市民講座  2010/04-現在  第1回「核不拡散条約(NPT)とは何か――成立の背景から今日的意義まで」 
詳細表示...