日本語
Hiroshima City University 
Graduate School of Information Sciences 
Dept. of Systems Engineering 

Lecturer 
Hirokado Masayuki 

Academic background
The University of Tokyo  Faculty of Science  数学科  1993 
The University of Tokyo  Graduate School, Division of Mathematical Sciences  数理科学専攻  Doctor course  1998 

Research Areas
Algebraic Geometry 

Subject of research
Study on algebraic varieties 

Bibliography
理工系学生のための微分積分  桂利行[編], 岡崎悦明, 岡山友昭, 齋藤夏雄, 佐藤好久, 田上真, 廣門正行, 廣瀬英雄[共著]  第3章  培風館  2017/02/28  987-4-563-01209-0 
View details...

Papers
Research paper (scientific journal)  Only  Canonical singularities of dimension three in characteristic 2 which do not follow Reid's rules.  Masayuki Hirokado  To appear in Kyoto Journal of Mathematics  Department of Mathematics, Graduate School of Science, Kyoto University.  2018 
Research paper (other science council materials etc.)  Joint  高等学校の確率分野における基本的な用語の定義の差異について  田中輝雄,佐藤学,齋藤夏雄,関根光弘,廣門正行,岡山友昭  数学教育学会2017年度春季年会予稿集  数学教育学会  146-148  2017/03/25  高等学校における現行の教育課程から「データの分析」を含む「数学Ⅰ」が必履修となり,統計分野が重要視されている.その基礎となるのが,確率分野である.本稿では,確率論の歴史と高等学校学習指導要領を踏まえ,「数学A」と「数学B」の教科書において基本的な用語の定義に差異があることを示す.そして,測度論的確率論の立場からこれらの定義の比較と考察を行う.さらに,確率分野を指導する際の留意点を述べる. 
Research paper (other science council materials etc.)  Joint  高等学校の統計分野における基本的な用語の定義の差異について  田中輝雄,佐藤学,齋藤夏雄,関根光弘,廣門正行,岡山友昭  数学教育学会2017年度春季年会予稿集  数学教育学会  224-226  2017/03/25  高等学校における現行の教育課程から「データの分析」を含む「数学Ⅰ」が必履修となり,統計分野が重要視されている.特に,データと変量は重要な用語である.本稿では,「数学Ⅰ」と「数学B」において教科書によってこれらの用語の定義に差異があることを示す.そして,高等学校学習指導要領における記述も踏まえつつ,統計学の立場からこれらの定義の比較と考察を行う.さらに,統計分野を指導する際の留意点を述べる. 
Research paper (scientific journal)  Joint  内積の誤用に対する指導について  関根光弘,岡山友昭,齋藤夏雄,佐藤学,廣門正行,田中輝雄  2015年度数学教育学会春季年会発表論文集  数学教育学会  194-196  2015/03/23  ベクトルの内積は,スカラー同士の積とは異なる演算として高等学校の数学Bで導入されている.しかし大学入学後も,記号の濫用による誤答例が少なからず見受けられる.この点を踏まえ,教科教育法の講義において内積に関する問題への誤答例をいくつか提示し,それらに対する訂正と指導上の留意点を論述させた.提出された結果を受けて,内積に対する理解を深めるための教育実践を行ったことについて報告する 
Research paper (scientific journal)  Joint  非存在定理を大学初年次の数学教育において活用することのすすめ  廣門正行,岡山友昭,齋藤夏雄,関根光弘,佐藤学,田中輝雄  2015年度数学教育学会春季年会発表論文集  2015年度数学教育学会春季例会発表論文集  197-199  2015/03/23  数学の命題で存在に関するもの,特に「~が存在しない」という形の命題は一般に証明が難しい.一部の学生においては,これらの定理の論理的しくみを理解しようとせず,結論のみの丸暗記で置き換えようとする傾向が見られる.ここではこの傾向に焦点をあて,その定量的な分析を試みる.同時に,数学の命題をいかに暗記するかに重点を置く学生に発想の転換を促し,数学の面白さを味わってもらう教育法について考察する. 
View details...

Research presentations
Oral presentation(general)  Three dimensional canonical singularities, simultaneous resolutions of deformations of rational double points in characteristic p.  Singularities and invariants of higher dimensional algebraic varieties.  2015/12/16 
Oral presentation(general)  非存在定理を大学初年次の数学教育において活用することのすすめ  2015 年度数学教育学会春季年会 (専門学校•大学数学教育分科会)  2015/03/23 
Oral presentation(general)  Characterizing the central fibbers of verbal deformations of rational double points in characteristic p  野田代数幾何学シンポジウム  2015/03/18  東京理科大学野田キャンパスにて(2015年3月16日-3月18日)開催されたシンポジウムです. 
Oral presentation(general)  On three dimensional canonical singularities in characteristic p.  広島大学理学部数学科代数学セミナー  2013/11/08 
Oral presentation(general)  Three dimensional canonical singularities in codimension two in positive characteristic. (joint work with H. Ito, N. Saito)  Algebraic Geometry workshop 2011  2011/09/07  法政大学理工学部にて行われた研究集会です. 
View details...

Allotted class
解析学I 
解析学I演習 
解析学II 
外書購読演習I 
数理科学特論B 
View details...

Memberships of academic societies
数学教育学会  2014/09/26-Present 
American Mathematical Society  2006/08-Present 
日本数学会  2000/04/01-Present 
View details...