教育実績
公開件数:8件
No. 実績名 実施期間 概要
1 講義:広島市立大学
原章,宮崎大輔「技術英語演習I」
対象:3年
2017/10/01-現在

2 講義:広島市立大学
「eラーニング英語I」
対象:情報科学部1年
2014/04-2014/09
ウェブシステムで英語を学習する受講生のサポート.
担当:1.5時間×15週
3 講義:広島市立大学
「文化財保存学特講B」
対象:博士前期課程
2011/04/01-2015/09/30
三次元デジタルアーカイブ技術の実践的な実習を行った.映像を交えて,実際の3次元デジタルアーカイブの事例を紹介することで,芸術学部の学生にもCGの技術に親しみを持つようにし,デジタルアーカイブの重要性が伝わるように工夫した.実際に受講学生が3次元レーザセンサを使い,実物の石膏像の3次元データを計測することで,3次元デジタルアーカイブ技術を体験できるようにした.市販のデータ処理ソフトの使い方を分かりやすく教え,受講学生に実際のデータ処理を体験してもらうことで,デジタルアーカイブに必要なデータ処理を身近に感じてもらうように工夫した.
担当:1.5時間×5週
4 講義:広島市立大学
宮崎大輔「画像応用数学特論」
対象:博士前期課程
2010/10/01-現在
コンピュータグラフィックス(CG)とコンピュータビジョン(CV)の実践的なプログラミング演習を行った.マルコフ確率場の問題を解く「グラフカット法」によるプログラミングの応用力を養うための演習を行った.マルコフ確率場やグラフカット法の理論を説明する際は,数式を極力使わず直感的に理解できるような資料を作ることを試みた.精度と速度を競うことで学生のモチベーションを高めた.最新の技術を題材とすることで,数学に基づくCGプログラミングの応用力や実戦力を養った.毎回課題を与えることで授業に緊張感を持たせ,モチベーションを保てるように工夫した.
担当:1.5時間×15週
5 講義:広島市立大学
「知能工学実験II」
対象:3年
2010/10/01-現在
コンピュータグラフィックス(CG)の実践的なプログラミング演習を行った.
6 講義:広島市立大学
宮崎大輔「コンピュータグラフィックスI」
対象:2年
2010/10/01-現在
コンピュータグラフィックス(CG)の基礎理論を教える講義を行った.座標変換,物体の陰影や質感,テクスチャマッピング技術,レイトレーシング法などの技術を教えた.毎回課題を与え,実際に計算することで基礎理論を学べるように工夫した.
担当:1.5時間×15週
7 講義:広島市立大学
宮崎大輔「コンピュータグラフィックスII」
対象:3年
2010/04/01-現在
コンピュータグラフィックス(CG)の実践的なプログラミング演習を行った.CG描画ライブラリ「OpenGL」によるプログラミングの基礎について演習を行った.物体の陰影やライトの配置,マウス操作のプログラミング技術を教えた.毎回課題を与え,実践することで基礎技術を学べるように工夫した.また,市販のCGソフト「Maya」によるCG制作演習を行い,CGの仕組みについて理解を深めてもらった.
担当:1.5時間×15週
8 講義:広島市立大学
原章,田村慶一,馬場雅志,古川亮,宮崎大輔,岩田一貴,岡本勝,黒澤義明,目良和也,森康真,鈴木祐介「情報科学基礎実験B」
対象:2年
2010/04/01-2010/09/30
コンパイラの仕組みを理解するための実践的なプログラミング演習を行った.構文解析の処理系であるyaccとlexによるプログラミング演習を行った.スタックや制御文,変数などがどのようにコンピュータで処理されるか学習させた.プログラミングで分からない点については少しずつヒントを出して自分で解決方法を思いつけるように指導した.
担当:4.5時間×7週