日本語
Hiroshima City University 
Graduate School of Information Sciences 
Dept. of Intelligent Systems 

顔写真 Associate Professor 
Miyazaki Daisuke 

Birth:1977  
Tel.082-830-1759  
Fax.082-830-1759  
 
My website is here.  

Profile
2000年東京大学理学部情報科学科卒業.2002年同大学院理学系研究科情報科学専攻修士課程修了.2005年同大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻博士課程修了.情報理工学博士.日本学術振興会特別研究員,東京大学生産技術研究所特任助手,マイクロソフトリサーチアジア客員研究員,東京大学生産技術研究所特任助教を経て,2008年10月より広島市立大学情報科学研究科講師に着任したのち,2011年4月より同大准教授.コンピュータビジョンの研究に従事.VSMM2000,VC/GCAD2013 論文賞受賞.コニカミノルタ画像科学奨励賞 受賞(2014年).MIRU2011 出版委員長,MIRU2017 組織委員長.情報処理学会グラフィクスとCAD研究会第141回研究発表会,情報処理学会グラフィクスとCAD研究会第145回研究発表会 情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会第204回研究発表会 担当委員.ACCV2007 技術サポートスタッフおよびITSシンポジウム2009サポートメンバー.ACCV2006,ACCV2007,MIRU2007,MIRU2008,PSIVT2009,CVPR2009,e-Heritage Workshop 2009,ACCV2009,ICCV2009,CVPR2010,ECCV2010,e-Heritage Workshop 2010,ACCV2010,CVPR2011,SCCG2011,ICCV2011,SCCG2012,ECCV2012,ACCV2012,HISS2012,CVPR2013,SCCG2013,MIRU2013, PSIVT2013,CVPR2014,SCCG2014,MIRU2014, ICPR2014,ACCV2014,3DV2014,HISS2014,CVPR2015,VC/GCAD2015,SCCG2015,MIRU2015,ICCV2015,3DV2015,CVPR2016,MIRU2016,SCCG2016, ECCV2016, ACCV2016, e-Heritage 2016, SITIS2016, MIRU2017, CVPR2017, BMVC2017, ICCV2017, ACPR2017, CVPR2018 プログラム委員または査読委員.英文論文誌IJCVSP 編集委員.情報処理学会グラフィクスとCAD研究会運営委員(2009年度~2012年度),情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会運営委員(2013年度~2016年度).電子情報通信学会,画像電子学会,ACM,IEEE 各会員,情報処理学会 シニア会員. 

Career
JSPS Research Fellow  2005/04/01-2006/03/31 
The University of Tokyo, Project Research Assistant  2006/04/01-2007/03/31 
The University of Tokyo, Project Research Assistant  2007/04/01-2007/08/31 
Microsoft Research Asia, Visiting researcher  2007/09/01-2008/03/31 
The University of Tokyo, Project Research Assistant  2008/04/01-2008/09/30 
Hiroshima City University, Lecturer  2008/10/01-2010/03/31 
広島市立大学・准教授  2011/04/01-Present 

Academic background
The University of Tokyo  Faculty of Science  情報科学科  2000/03/31  Graduated 
The University of Tokyo  Graduate School, Division of Science  情報科学専攻  Master course  2002/03/31  Completed 
The University of Tokyo  情報理工学系研究科  コンピュータ科学専攻  Doctor course  2005/03/31  Completed 

Licenses and qualifications
普通自動車免許 
パソコン認定試験2級 
画像処理検定2級 
CG検定2級 
マルチメディア検定2級 
第1種情報処理試験 
ドイツ語技能検定試験4級 
英検準1級 
TOEIC865点 
中国語検定試験4級 

Current state of research and teaching activities
1.コンピュータビジョンに関する研究

現実の物体の三次元形状を計測するための研究を行っています.特に,偏光解析をもとに物体表面の法線を推定する研究を行っています.

2.コンピュータグラフィックスに関する教育

コンピュータグラフィックスに関連した講義などを担当し,コンピュータグラフィックスの基礎知識や応用技術を教えています. 

Research Areas
Perception Information Processing/Intelligent Robotics 

Research keywords
コンピュータビジョン 

Subject of research
偏光解析にもとづく形状復元  1999-Present 
文化財のデジタルアーカイブの研究  2000-Present 
反射モデルのパラメータ推定に関する研究  2003-Present 
影に関する研究  2007-2010 
照度差ステレオ法を利用した形状復元の研究  2007-Present 
光の散乱に関する研究  2008-Present 
折り紙の研究  2010-2010 
条件等色に関する研究  2010-Present 
色覚異常に関する研究  2017-Present 

Proposed theme of joint or funded research
偏光解析にもとづくコンピュータビジョンの研究  Technical consultation,Commisioned research,Joint research,Others 
View details...

Bibliography
Digitally archiving cultural objects  K. Ikeuchi, D. Miyazaki  Springer-Verlag  2007 
View details...

Papers
Research paper (scientific journal)  Joint  Optimization of LED illumination for generating metamerism  Daisuke Miyazaki, Mia Nakamura, Masashi Baba, Ryo Furukawa, Shinsaku Hiura  Journal of Imaging Science and Technology  60/ 6, 60502-1-60502-15  2016/11  10.2352/J.ImagingSci.Technol.2016.60.6.060502 
Research paper (scientific journal)  Joint  Surface normal estimation of black specular objects from multiview polarization images  Daisuke Miyazaki, Takuya Shigetomi, Masashi Baba, Ryo Furukawa, Shinsaku Hiura, Naoki Asada  SPIE Optical Engineering  56/ 4, 041303-  2016/09  10.1117/1.OE.56.4.041303 
Research paper (scientific journal)  Joint  認識対象に適した符号化開口形状の設計と評価  河本 悠, 日浦 慎作, 宮崎 大輔, 古川 亮, 馬場 雅志  情報処理学会論文誌  57/ 2, 783-793  2016/02/15 
Research paper (scientific journal)  Joint  Simulation of Real Tilted Lenses Using Distributed Ray Tracing  Masashi Baba, Tomoe Nakane, Shinsaku Hiura, Ryo Furukawa, Daisuke Miyazaki, Masahito Aoyama  IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing  3/ 2, 143-148  2015/12 
Research paper (scientific journal)  Joint  擬似的な陰影を知覚させる油絵の具の混合  宮崎 大輔, 實重 貴文, 馬場 雅志, 古川 亮, 青山 正人, 日浦 慎作  画像電子学会誌  44/ 4, 649-654  2015/09 
View details...

Research presentations
Oral presentation(general)  Auto-calibration Method for Active 3D Endoscope System Using Silhouette of Pattern Projector  Pacific-Rim Symposium on Image and Video Technology (PSIVT 2017)  2017/11/20 
Oral presentation(general)  3次元内視鏡のためのCNNによる投影パターンマーカ自動検出  研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア  2017/11/08 
Oral presentation(general)  3D Endoscope System Using Asynchronously Blinking Grid Pattern Projection for HDR Image Synthesis  International Workshop on Computer-Assisted and Robotic Endoscopy (CARE 2017)  2017/09/14 
Poster presentation  3次元内視鏡のための点滅パターン光源によるHDR画像生成  画像の認識・理解シンポジウム  2017/08/07 
Poster presentation  偏光とエントロピー最小化による未校正照度差ステレオ法の検討  画像の認識・理解シンポジウム  2017/08/07 
View details...

Prizes
Best Presentation Paper Award  Auto-calibration Method for Active 3D Endoscope System Using Silhouette of Pattern Projector  2017/11/20 
KUKA award (the 3rd best paper)  3D Endoscope System Using Asynchronously Blinking Grid Pattern Projection for HDR Image Synthesis  2017/09/14 
コニカミノルタ画像科学奨励賞  2014/03/03 
VC研究賞(最優秀(ポスター発表))  2光源・3物体色間におけるメタメリズム生起のための絵の具の調合  2013/06/22 
Best overall paper受賞 International Conference on Virtual Systems and MultiMedia 2000  2000/10 
View details...

Allotted class
コンピュータグラフィックスII 
知能工学実験II 
コンピュータグラフィックスI 
画像応用数学特論 
技術英語演習I 
View details...

Teaching achievements
講義:広島市立大学 原章,宮崎大輔「技術英語演習I」 対象:3年  2017/10/01-Present 
講義:広島市立大学 「eラーニング英語I」 対象:情報科学部1年  2014/04-2014/09  ウェブシステムで英語を学習する受講生のサポート. 担当:1.5時間×15週 
講義:広島市立大学 「文化財保存学特講B」 対象:博士前期課程  2011/04/01-2015/09/30  三次元デジタルアーカイブ技術の実践的な実習を行った.映像を交えて,実際の3次元デジタルアーカイブの事例を紹介することで,芸術学部の学生にもCGの技術に親しみを持つようにし,デジタルアーカイブの重要性が伝わるように工夫した.実際に受講学生が3次元レーザセンサを使い,実物の石膏像の3次元データを計測することで,3次元デジタルアーカイブ技術を体験できるようにした.市販のデータ処理ソフトの使い方を分かりやすく教え,受講学生に実際のデータ処理を体験してもらうことで,デジタルアーカイブに必要なデータ処理を身近に感じてもらうように工夫した. 担当:1.5時間×5週 
講義:広島市立大学 宮崎大輔「画像応用数学特論」 対象:博士前期課程  2010/10/01-Present  コンピュータグラフィックス(CG)とコンピュータビジョン(CV)の実践的なプログラミング演習を行った.マルコフ確率場の問題を解く「グラフカット法」によるプログラミングの応用力を養うための演習を行った.マルコフ確率場やグラフカット法の理論を説明する際は,数式を極力使わず直感的に理解できるような資料を作ることを試みた.精度と速度を競うことで学生のモチベーションを高めた.最新の技術を題材とすることで,数学に基づくCGプログラミングの応用力や実戦力を養った.毎回課題を与えることで授業に緊張感を持たせ,モチベーションを保てるように工夫した. 担当:1.5時間×15週 
講義:広島市立大学 「知能工学実験II」 対象:3年  2010/10/01-Present  コンピュータグラフィックス(CG)の実践的なプログラミング演習を行った. 
View details...

Textbooks and teaching materials
Digitally archiving cultural objects (出版社: Springer-Verlag)  2007/11/01  コンピュータビジョンの最新の技術を編集して一冊の書籍にまとめた.現実の物体をレーザセンサで計測し,その3次元形状を計算する技術を収録した.また,現実のシーンから光源の色や光源分布を計算する技術や,物体の鏡面反射を除去する技術,物体の反射のパラメータを求める技術を収録した.貴重な文化財の3次元形状や色彩情報の計測結果と,それを様々なアプローチで映像として提示した結果も収録した.本書は,大学院の講義における副読本を想定し,コンピュータビジョンの研究の発展的な内容を学習したい大学院生を対象としている. 編者:K. Ikeuchi, D. Miyazaki 
View details...

Social activities
Program Committee Member, ACPR2017  2017/11-2017/11 
Program Committee Member, ICCV2017  2017/10-2017/10 
Program Committee Member, BMVC2017  2017/09-2017/09 
評価委員, MIRU2017  2017/08-2017/08 
組織委員長, MIRU2017  2017/08-2017/08 
View details...

Memberships of academic societies
画像センシング技術研究会  2015/04-Present 
画像電子学会  2013/07/11-Present 
電子情報通信学会  2009/05/13-Present 
情報処理学会グラフィクスとCAD研究会  2008/11/12-Present 
ACM SIGGRAPH  2006/08/31-Present 
View details...

Open lecture
可部高校「コンピュータによる画像解析~光や色などの物理現象から得られる情報の取得,処理,解析~」  Others  2017/07-2017/07 
美鈴が丘高校「3次元CGアニメーション演習」  Others  2014/06-2014/06 
美鈴が丘高校「3次元CGアニメーション演習」  Others  2012/12-2012/12 
美鈴が丘高校「3次元CGアニメーション演習」  Others  2011/12-2011/12 
View details...

Technical consultation
「野田事件」の裁判資料の画像鑑定  2014 
「野田事件」の裁判資料の画像鑑定  2011 
「野田事件」の裁判資料の画像鑑定  2008 
View details...