English
広島市立大学 
国際学部 
国際学科 

准教授 
城市 真理子 
ジョウイチ マリコ 
Joichi Mariko 

1964年生まれ  

学歴
大阪大学  文学研究科  美術史学  博士後期  2009/03/31  修了 

学位
博士(文学)  大阪大学大学院  2009/03 

研究キーワード
室町水墨画、肖像画、詩画軸、中世仏画 

著書
広島県および周辺地域における文化財(古美術品)の基礎的調査および研究(二)浮世絵版画編  広島市立大学 国際学部  2017/03/23 
広島県および周辺地域における文化財(古美術品)の基礎的調査および研究(一)三原・佛通寺編  城市真理子  広島市立大学 国際学部  2016/03 
三原市の文化財  三原市教育委員会  三原市教育委員会  2016/03  三原市の指定文化財の目録・解説書。分担執筆 「絹本着色 大通禅師像」等13件の作品解説。 
御調八幡宮と三原市の文化財展  三原市教育委員会  三原市教育委員会  2013/10  平安時代の舞楽面が伝わる御調八幡宮の文化財を中心に三原に残る古美術品を展示した展覧会。涅槃図等、絵画についての図録解説を分担執筆した。 
室町水墨画と五山文学  思文閣出版  2012/02/27  978-4-7842-1607-9 
詳細表示...

論文
(MISC)総説・解説(商業誌)  共著  広島に息づく近世の名品  菅村亨・城市真理子・福田道宏  Grande ひろしま  グリーンブリーズ  2014  近世広島美術研究会」(広島県立美術館主催)のメンバー3名が交代で、広島の近世絵画について担当し、2,5,8,11回を執筆。 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  周文派の研究―岳翁と五山文学を手がかりに―  城市真理子  鹿島美術研究 年報  31  2014/11  旧森山家本「山水図」を中心に、周文の弟子岳翁の山水図に見られる文学イメージを検討し、同時期の周文派の作品との関係を考察した。 
研究論文(学術雑誌)  伝周文筆「四季山水図屏風」(真宗大谷派名古屋別院蔵)の西湖イメージ  城市真理子  藝術研究  広島芸術学会  27  2014/07  周文派の四季山水図屏風が、実は、五山文学における西湖のイメージを表す事を論証し、文学イメージと絵画の関係を論じた。 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  室町時代の水墨画における中国イメージ―広島県立美術館蔵 西湖図屏風をめぐって―  城市真理子  広島国際研究  広島市立大学国際学部  19  2013/11  広島県立美術館蔵「西湖図屏風」の画風と五山文学の西湖イメージや西湖十景との関連を論じた。 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  伝周文筆 四季山水図屏風(東京国立博物館蔵)について  城市真理子  広島市立大学芸術学部・ 芸術学研究家紀要  広島市立大学 芸術学部・研究科  17  2013/03  15世紀の水墨山水図屏風(伝周文筆・東京国立博物館蔵)の画中のモチーフが、室町時代に五山文学においてよく登場する中国の文人モチーフであることが多い。四季山水や瀟湘八景の中に、そうした特定の文人イメージがちりばめられていることを論証した。 
詳細表示...

研究発表
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  禅宗絵画・水墨画における「老い」―成熟した精神の表現―  広島芸術学会  2016/07  禅僧の肖像画や羅漢、聖賢たちの説話画など、禅宗絵画・水墨画に描かれた老人像から、「老い」の表現が、美術として鑑賞された歴史と意味を考える。 
口頭発表(一般)  室町時代の山水図屏風にみる文人イメージ  広島芸術学会  2012/12  室町時代の周文派の作例を概観し、五山文学の様々な文人イメージが描かれていることから文学と絵画の関係を論じた。 
口頭発表(一般)  森村家本『山水図』(岳翁蔵丘筆・了庵桂悟賛、諸事不明)の画賛について  画賛研究会  2010/07  岳翁の所在不明の山水図の画賛を読解し、その絵画表現との関係を論じた。 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  15世紀後期の詩画軸制作システム―「沙鷗図」を中心として―  画賛研究会  2010/03  詩画軸「沙鷗図」の作品紹介と共に、画賛の解釈と詩画軸制作のシステムや鷗の画賛での意味を考察した。 
口頭発表(一般)  岳翁と了庵桂悟―周文派詩画軸制作の様相―  美術史学会  2005/05  岳翁の使用印や作風展開などからその画業を明らかにしつつ、画賛や資料から、詩画軸制作のシステムの一端を明らかにした。 
詳細表示...

担当授業科目
美術史Ⅰ 
美術史特講(日本)A 
博物館実習 
日本美術史 
日本美術史特講 
詳細表示...