English
広島市立大学 
国際学部 

准教授 
古澤 嘉朗 
フルザワ ヨシアキ 
Yoshiaki FURUZAWA 

個人ウェブサイトはこちら  

経歴
広島市立大学  国際学部  准教授  2017/04-現在 
広島市立大学  国際学部  専任講師  2014/04-2017/03 
関西外国語大学  外国語学部  専任講師  2011/04-2014/03 
広島大学  国際協力研究科  日本学術振興会特別研究員PD  2011/03-2011/03 
セント・アンドリューズ大学  平和紛争研究センター  客員研究員  2010/01-2010/04 
広島大学  国際協力研究科  日本学術振興会特別研究員DC2  2009/04-2011/02 
NPO法人ピースビルダーズ  プログラム調整員  2007/05-2009/03 
カーターセンター  デモクラシー・プログラム  吉田育英会カーターセンター学術研究フェロー  2005/09-2006/08 

学歴
広島大学  国際協力研究科  博士  2011/02  修了 
ブラッドフォード大学  平和学研究科  紛争解決論専攻  修士  2006/12  修了  英国 
筑波大学  国際総合学類  国際関係論専攻  2004/07  卒業 

学位
博士(学術)  広島大学  2011/02 
MA in Conflict Resolution  University of Bradford  2006/12 
学士(国際関係論)  筑波大学  2004/07 

研究分野
国際関係論 

研究キーワード
紛争解決論 
平和構築論 
サブサハラ・アフリカ 
グローバリゼーション 
紛争後社会の警察改革(支援) 
紛争後社会の記憶と和解 

研究費
奨学寄附金  平和研究を介した英国ブラッドフォード大学との制度的関係構築について  2017/01-2018/12  代表  共同研究  国際共同研究  大和日英基金・重点助成  古澤嘉朗 
科学研究費  紛争後の国家建設と治安部門改革:リベラルな価値導入の理念的妥当性と実現への条件  2016/04-2019/03  分担  共同研究  国内共同研究  日本学術振興会  藤重博美 
科学研究費  平和構築における法の多元性に関する研究-治安部門改革(支援)に着目して  2014/04-2018/03  代表  日本学術振興会  古澤嘉朗 
学内特定研究  東アジアにおける平和構築に関する研究  2017/04-2018/03  代表  共同研究  国際共同研究  広島市立大学  古澤嘉朗 
学内特定研究  厳島八景に関する教育事業  2017/04-2018/03  分担  共同研究  学内共同研究  広島市立大学  城市真理子 
詳細表示...

著書
『国際開発学辞典』  国際開発学会編  「紛争と人間の安全保障」  丸善出版(近刊)  2018 
『国際関係・安全保障用語辞典』(第2版)  小笠原高雪・栗栖薫子・広瀬佳一・宮坂直史・森川幸一編  「DDR」・「ジェノサイド」他18項目  ミネルヴァ書房  2017 
『平和と安全保障を考える事典』  広島市立大学広島平和研究所編  「リベラル・ピース」・「武装警察隊(FPU)」 他13項目  法律文化社  2016 
『平和構築へのアプローチ: ユーラシア紛争研究の最前線』  広瀬佳一・湯浅剛編  第2章 「『平和への課題』以降の平和構築研究の歩み」  吉田書店  2013 
『アフリカの紛争解決と平和構築 - シエラレオネの経験』  落合雄彦編  第9章 「警察改革支援 - 1998~2005年」  昭和堂  2011 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  単著  Chiefdom Police Training in Sierra Leone (2008-2015)— An Opportunity for a More Context-Based Security Sector Reform?  Yoshiaki Furuzawa  Journal of Peacebuilding and Development  13/ 2, 106-110  2018 
研究論文(学術雑誌)  単著  シエラレオネのチーフダム警察改革にみる国家の形-治安部門改革の変遷に着目して(1996-2015年)  古澤嘉朗  『国際安全保障』特集「主権国家体制の行方」  45/ 2, 75-90  2017 
研究論文(学術雑誌)  単著  岐路に立つ平和構築-武力紛争の推移に着目して(1991~2013年)  古澤嘉朗  『現代思想』特集「戦争の正体」  42/ 15, 120-129  2014 
研究論文(学術雑誌)  単著  国家建設と非国家主体─ケニアのコミュニティ宣言が示唆する国家像  古澤嘉朗  『国際政治』特集「紛争後の国家建設」  174, 41-53  2013 
研究論文(学術雑誌)  単著  平和構築における警察改革(支援)-紛争後・移行期社会の警察に関する研究の動向  古澤嘉朗  『国際法外交雑誌』  112/ 3, 76-86  2013 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  Chiefdom and Sierra Leone: Focusing on Chiefdom Police Training (2008-2015)  日本アフリカ学会・中国四国支部例会(於:広島市立大学)  2018/06/11 
口頭発表(招待・特別)  Japanese Peacekeeping at a Watershed  HCU-Bradford Joint Workshop (於:英国ブラッドフォード大学)  2018/03/09 
口頭発表(一般)  移行期・紛争後社会における法の多元性について-ケニアとシエラレオネの事例より  日本国際政治学会研究大会・アフリカ分科会(於:神戸国際会議場)  2017/10/28 
口頭発表(一般)  Chiefdom Police Training in Sierra Leone (2008-2015)  Annual Conference of the International Association for Peace and Conflict Studies (於:英国マンチェスター大学)  2017/09/12 
口頭発表(一般)  シエラレオネにおけるチーフダム警察改革(支援)についての考察  日本アフリカ学会学術研究大会(於:信州大学)  2017/05/20 
詳細表示...

芸術活動・その他業績
その他  単独  書評:「Oliver Richmond著 Failed Statebuilding」『国際政治』第190号、2018年 
その他  単独  書評(英語): “Oliver Richmond. Peace: A Very Short Introduction.” Journal of Human Security Studies Vol.5, No.2. 2016 
その他  単独  書評:「山尾大『紛争と国家建設』」『アジア経済』第55巻第4号、2014年 
その他  共同  翻訳:ベイツ・ギル(進藤榮一監訳、古澤嘉朗・畠山京子共訳)『巨龍・中国の新外交戦略』柏書房(担当:日本語版まえがき、序章、第3章、第4章、第5・6章の第3・4章該当箇所、第7章)、2014年 
その他  単独  書評(英語): “Shahrbanou Tadjbakhsh (Ed.) Rethinking the Liberal Peace: External Models and Local Alternatives.”Journal of Conflict Transformation & Security Vol.3, No.2, 2013 
詳細表示...

受賞
学生表彰  2008/04/03 
秋野豊賞  2007 
詳細表示...

担当授業科目
紛争解決論I 
国際政治学 
国際研究入門 
基礎演習I 
発展演習I 
詳細表示...

社会活動
人間の安全保障学会・理事(非常勤)  2018/04-現在 
日本アフリカ学会映画上映会「難民・移民として生きる」(主催:日本アフリカ学会中国四国支部 後援:国連UNHCR協会・UNHCR駐日事務所 於:横川シネマ 担当:企画運営)  2018/01/26-2018/01/26 
広島平和研修(主催:ひろしま国際センター 於:ひろしま国際センター交流ホール 担当:ファシリテーター)  2017/11/27-2017/11/27 
国連UNHCR難民映画祭(共催:国連UNHCR協会・UNHCR駐日事務所 於:広島国際会議場 担当:映画「とらわれて」トークゲスト)  2017/11/12-2017/11/12 
広島平和研修(主催:ひろしま国際センター 於:ひろしま国際センター交流ホール 担当:ファシリテーター)  2017/09/05-2017/09/05 
詳細表示...

所属学協会
日本国際政治学会 
日本平和学会 
人間の安全保障学会 
日本アフリカ学会 
国際法学会 
詳細表示...