English
広島市立大学 
情報科学研究科 
医用情報科学専攻 

教授 
鷹野 優 
タカノ ユウ 
Takano Yu 

1974年生まれ  
 
個人ウェブサイトはこちら  

プロフィール
大阪大学大学院理学研究科化学専攻博士後期課程修了.博士(理学).日本学術振興会海外特別研究員(UCLA),日本学術振興会特別研究員(三重大学),大阪大学蛋白質研究所助教を経て,平成27年4月広島市立大学教授として着任,現在に至る.専門分野は,計算生命科学,計算生物物理学.シミュレーションやインフォマティクスを用いたタンパク質の研究に従事. 

経歴
大阪大学  大学院理学研究科化学専攻  日本学術振興会特別研究員(DC1)  1999/04/01-2002/03/31 
University of California, Los Angeles  Department of Chemistry and Biochemistry  日本学術振興会海外特別研究員  2002/04/01-2004/03/31 
University of California, Los Angeles  Department of Chemistry and Biochemistry  Visiting Scientist  2004/04/01-2005/01/31 
三重大学  工学部  日本学術振興会特別研究員(PD)  2004/04/01-2005/03/31 
大阪大学  蛋白質研究所  日本学術振興会特別研究員(PD)  2005/04/01-2005/05/31 
大阪大学  蛋白質研究所  助手  2005/06/01-2007/03/31 
大阪大学  蛋白質研究所  助教  2007/04/01-2015/03/31 
広島市立大学  大学院情報科学研究科創造科学専攻  教授  2015/04/01-2016/03/31 
広島市立大学  大学院情報科学研究科医用情報科学専攻  教授  2016/04/01-現在 

学歴
大阪大学  理学部  化学科  1997/03/25  卒業 
大阪大学  大学院理学研究科  化学専攻  博士前期  1999/03/25  修了 
大阪大学  大学院理学研究科  化学専攻  博士後期  2002/03/25  修了 

学位
博士(理学)  大阪大学  2002/03/25 

研究分野
計算生命科学 
計算化学 
生物物理学 

研究キーワード
分子シミュレーション 
量子化学 
分子動力学シミュレーション 
タンパク質 

研究費
科学研究費  タンパク質構造形成の高次構造依存性の解明と高次構造依存型分子力場の開発  2016/04/01-2019/03/31  代表 
奨学寄附金  量子化学計算に関する研究発展  2016/04/01-2017/03/31  代表 
奨学寄附金  量子化学計算に関する研究発展  2015/04/01-2016/03/31  代表 
学内特定研究  ヘムタンパク質の構造機能相関の解明に向けた網羅的理論解析  2015/04/01-2016/03/31  代表 
受託研究  新規細胞膜電位シグナルの構造基盤の解明  2014/10/01-2020/03/31  分担  共同研究  国内共同研究 
詳細表示...

著書
機能構造科学入門 3D活性サイトと物質デザイン  石井宏幸・岡大地・久保園芳博・郷原一寿・小林伸彦・佐々木裕次・塩谷浩之・大門寛・鷹野優・林好一・広瀬賢二・福村知昭・松井文彦・松下智裕・森川良忠・山﨑順・山田容子・若林裕助  5章「第一原理電子状態計算法と分子動力学法」pp. 83-109,8章「有機デバイス・バイオ材料」 pp. 139-161  丸善出版  2016/07/28  978-4-621-30060-2 
錯体化学選書10 金属錯体の量子・計算化学  鷹野優・山口兆  5章3節「コバルト錯体の構造と反応性」pp.459-473  三共出版  2014/10 
「見てわかる構造生命科学」ー生命科学研究へのタンパク質構造の利用ー  中村春木・川端猛・鈴木博文・鷹野優・大島勘二・神谷成敏ら  Structure-2 「鉄-硫黄タンパク質」, Structure-16 「光化学系Ⅱ」  化学同人  2014/03/20  978-4-7598-1577-1 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  共著  Computational study on atomic structures, electronic properties, and chemical reactions at surfaces and interfaces and in biomaterials  Takano, Yu; Kobayashi, Nobuhiko; Morikawa, Yoshitada  Journal of the physical society of Japan  The physical society of Japan  87, 061013-  2018/05/30  10.7566/JPSJ.87.061013  URL 
研究論文(学術雑誌)  共著  rPM6 parameters for phosphorus and sulfur containing open-shell molecules  Toru Saito, Yu Takano  Molecular Physics  Taylor & Francis  116/ 5-6, 602-610  2018/02/21  10.1080/00268976.2017.1377849  URL 
研究論文(学術雑誌)  共著  Density functional study of porphyrin distortion effects on redox potential of heme  Yasuhiro Imada, Haruki Nakamura, Yu Takano  Journal of Computational Chemistry  Wiley  39/ 3, 139-142  2017/12/07  10.1002/jcc.25058  URL 
研究論文(学術雑誌)  共著  Capturing an initial intermediate during enzymatic reaction of P450nor using time-resolved XFEL crystallography and caged-substrate  Takehiko Tosha, Takashi Nomura, Takuma Nishida, Naoya Saeki, Kouta Okubayashi, Raika Yamagiwa, Michihiro Sugahara, Takanori Nakane, Keitaro Yamashita, Kunio Hirata, Go Ueno, Tetsunari Kimura, Tamao Hisano, Kazumasa Muramoto, Hitomi Sawai, Hanae Takeda, Eiichi Mizohata, Ayumi Yamashita, Yusuke Kanematsu, Yu Takano, Eriko Nango, Rie Tanaka, Osamu Nureki, Osami Shoji, Yuka Ikemoto, Hironori Murakami, Shigeki Owada, Kensuke Tono, Makina Yabashi, Masaki Yamamoto, Hideo Ago, So Iwata, Hiroshi Sugimoto, Yoshitsugu Shiro, Minoru Kubo  Nature Communications  Springer Nature  8, 1585-  2017/11/17  10.1038/s41467-017-01702-1  URL 
研究論文(学術雑誌)  共著  Assessment of semi-empirical molecular orbital calculations for describing magnetic interactions  Toru Saito, Yasutaka Kitagawa, Takashi Kawakami, Shusuke Yamanaka, Mitsutaka Okumura, Yu Takano  Polyhedron  Elsevier  136, 52-57  2017/10/24  10.1016/j.poly.2017.02.029  URL 
詳細表示...

研究発表
ポスター発表  ONIOM法によるシアル酸転移酵素CstIIの反応機構解析  第18回日本蛋白質科学会年会  2018/06/28  URL 
口頭発表(招待・特別)  電位依存性カリウムチャネル変異体の電位依存的な不活性化機構の解析  第18回日本蛋白質科学会年会  2018/06/28  URL 
ポスター発表  分子動力学法を用いた抗 HIV 中和抗体 PG9 と PG16 の構造変化の比較  第18回日本蛋白質科学会年会  2018/06/27  URL 
口頭発表(一般)  Reaction Mechanism of Aromatic Oxidation Reactions by A Bis(µ-oxido)dinickel(III) Complex  日本化学会第98春季年会  2018/03/23  URL 
口頭発表(一般)  Reaction Properties of A Bis(µ-oxido)dinickel(III) Complex toward Aliphatic C–H Bonds  日本化学会第98春季年会  2018/03/23  URL 
詳細表示...

受賞
広島市立大学平成29年度教員表彰  2018/03/23 
広島市立大学平成28年度教員表彰  2017/03/23 
大阪大学総長奨励賞  2014/07 
日本化学会第88春季年会優秀講演賞(学術)  2008/04 
詳細表示...

担当授業科目
基礎化学 
量子・統計力学 
医用情報科学概論 
バイオ情報学特論 
バイオインフォマティクス 
詳細表示...

社会活動
広島県科学セミナー  2018/01/27-2018/01/27  平成29年度広島県科学セミナーの実施に係る指導助言を行った 
詳細表示...

所属学協会
日本化学会  1998/01-現在 
アメリカ化学会  2003/04-現在 
日本生物物理学会  2002/04-現在 
日本蛋白質科学会  2002/04-現在 
分子科学会  2007/04-現在 
詳細表示...

委員歴
日本生物物理学会  平成29・30年度代議員  2017/04-2019/03 
日本化学会  中国四国支部幹事  2017/03/01-現在 
日本生物物理学会  分野別専門委員  2017/01/01-2018/12/31 
日本生物物理学会  分野別専門委員  2014/01/01-2016/12/31 
詳細表示...

公開講座
サイエンスアゴラ  その他  2017/11-2017/11  生命をささえるタンパク質の「かたち」 
計算生命科学の基礎Ⅳ  公開講座  2017/10-2018/01  QM/MM法を用いたタンパク質の機能解析 
広島市立大学オープンキャンパス  その他  2017/08-2017/08  生命のしくみを理解し,つかう 
大阪大学蛋白質研究所セミナー「膜イオン輸送の学際研究:計算科学から医学まで」  公開講座  2017/07-2017/07 
サイエンスアゴラ  その他  2016/11-2016/11  生命をささえるタンパク質の「かたち」 
広島市立大学地域貢献事業発表会  その他  2016/11-2016/11  分子から個体までを対象に理論と実験の両面から医療に貢献するバイオ情報学 
計算生命科学の基礎III  公開講座  2016/10-2017/01  QM/MM法を用いたタンパク質機能解析 
広島市立大学オープンキャンパス  その他  2016/08-2016/08  分子から個体までを対象に理論と実験の両面から医療に貢献するバイオ情報学 
グローバルサイエンスキャンパス (GSC)ジャンプステージ  その他  2016/04-2016/11 
大阪大学蛋白質研究所セミナー「構造を基盤とする 蛋白質科学における未解決問題」  公開講座  2016/03-2016/03 
グローバルサイエンスキャンパス (GSC) ステップステージ  その他  2015/12-2016/03 
大学見学(12月10日 美鈴が丘高校)  その他  2015/12-2015/12  バイオ情報学研究室の紹介と研究室見学 
サイエンスアゴラ  その他  2015/11-2015/11  生き物の部品のカタチにさわってみよう! 
計算生命科学の基礎II  公開講座  2015/10-2016/01  QM/MMシミュレーションによるタンパク質機能解析 
インターンシップ  その他  2015/10-2015/10  生体分子(DNAやタンパク質)の はたらきを理解する –コンピュータを使ってDNAやタンパク質のうごきを 観察し、はたらきに何がいるのか考えよう– 
広島市立大学産学連携研究発表会  その他  2015/09-2015/09  コンピュータシミュレーションでタンパク質のはたらきを理解する 
広島市立大学オープンキャンパス  その他  2015/08-2015/08  バイオシステムの医用への応用 
プロフェッショナル探求  その他  2015/07-2015/07  プロフェッショナル探求 
詳細表示...