English
広島市立大学 
情報科学研究科 
医用情報科学専攻 

教授 
鷹野 優 
タカノ ユウ 
Takano Yu 

1974年生まれ  
 
個人ウェブサイトはこちら  

プロフィール
大阪大学大学院理学研究科化学専攻博士後期課程修了.博士(理学).日本学術振興会海外特別研究員(UCLA),日本学術振興会特別研究員(三重大学),大阪大学蛋白質研究所助教を経て,平成27年4月広島市立大学教授として着任,現在に至る.専門分野は,計算生命科学,計算生物物理学.シミュレーションやインフォマティクスを用いたタンパク質の研究に従事. 

経歴
大阪大学  大学院理学研究科化学専攻  日本学術振興会特別研究員(DC1)  1999/04/01-2002/03/31 
University of California, Los Angeles  Department of Chemistry and Biochemistry  日本学術振興会海外特別研究員  2002/04/01-2004/03/31 
University of California, Los Angeles  Department of Chemistry and Biochemistry  Visiting Scientist  2004/04/01-2005/01/31 
三重大学  工学部  日本学術振興会特別研究員(PD)  2004/04/01-2005/03/31 
大阪大学  蛋白質研究所  日本学術振興会特別研究員(PD)  2005/04/01-2005/05/31 
大阪大学  蛋白質研究所  助手  2005/06/01-2007/03/31 
大阪大学  蛋白質研究所  助教  2007/04/01-2015/03/31 
広島市立大学  大学院情報科学研究科創造科学専攻  教授  2015/04/01-2016/03/31 
広島市立大学  大学院情報科学研究科医用情報科学専攻  教授  2016/04/01-現在 

学歴
大阪大学  理学部  化学科  1997/03/25  卒業 
大阪大学  大学院理学研究科  化学専攻  博士前期  1999/03/25  修了 
大阪大学  大学院理学研究科  化学専攻  博士後期  2002/03/25  修了 

学位
博士(理学)  大阪大学  2002/03/25 

研究分野
計算生命科学 
計算化学 
生物物理学 

研究費
科学研究費  タンパク質構造形成の高次構造依存性の解明と高次構造依存型分子力場の開発  2016/04/01-2019/03/31  代表 
奨学寄附金  量子化学計算に関する研究発展  2016/04/01-2017/03/31  代表 
奨学寄附金  量子化学計算に関する研究発展  2015/04/01-2016/03/31  代表 
学内特定研究  ヘムタンパク質の構造機能相関の解明に向けた網羅的理論解析  2015/04/01-2016/03/31  代表 
受託研究  新規細胞膜電位シグナルの構造基盤の解明  2014/10/01-2020/03/31  分担  共同研究  国内共同研究 
詳細表示...

著書
機能構造科学入門 3D活性サイトと物質デザイン  石井宏幸・岡大地・久保園芳博・郷原一寿・小林伸彦・佐々木裕次・塩谷浩之・大門寛・鷹野優・林好一・広瀬賢二・福村知昭・松井文彦・松下智裕・森川良忠・山﨑順・山田容子・若林裕助  5章「第一原理電子状態計算法と分子動力学法」pp. 83-109,8章「有機デバイス・バイオ材料」 pp. 139-161  丸善出版  2016/07/28  978-4-621-30060-2 
錯体化学選書10 金属錯体の量子・計算化学  鷹野優・山口兆  5章3節「コバルト錯体の構造と反応性」pp.459-473  三共出版  2014/10 
「見てわかる構造生命科学」ー生命科学研究へのタンパク質構造の利用ー  中村春木・川端猛・鈴木博文・鷹野優・大島勘二・神谷成敏ら  Structure-2 「鉄-硫黄タンパク質」, Structure-16 「光化学系Ⅱ」  化学同人  2014/03/20  978-4-7598-1577-1 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  共著  Recycling of biodiesel fuel wastewater for use as a liquid fertilizer for hydroponics  Jiro Kohda, Yasuhisa Nakano, Akimitsu Kugimiya, Yu Takano, Takuo Yano  Journal of Material Cycles and Waste Management  Springer  19/ 3, 999-1007  2017/07/01  1438-4957  10.1007/s10163-016-0545-5  URL 
研究論文(学術雑誌)  共著  Common folding processes of mini-proteins: Partial formations of secondary structures initiate the immediate protein folding  Ryuhei Harada, Yu Takano, Yasuteru Shigeta  Journal of Computational Chemistry  Wiley  38/ 11, 790-797  2017/03/03  10.1002/jcc.24748  URL 
研究論文(学術雑誌)  共著  Applicability of density functional tight binding method with dispersion correction to investigate the adsorption of porhyrin/porphycene metal complexes on graphene  Yusuke Kanematsu, Kazutoshi Gohara, Hiroko Yamada, Yu Takano  Chemistry Letters  Chemical Society of Japan  46/ 1, 51-52  2016/12/02  10.1246/cl.160887  URL 
研究論文(学術雑誌)  共著  Reparameterization of PM6 applied to organic diradical molecules  Tohru Saito, Yasutaka Kitagawa, Yu Takano  Journal of Physical Chemistry A  American Chemical Society  120/ 43, 8750-8760  2016/11/03  10.1021/acs.jpca.6b08530  URL 
研究論文(学術雑誌)  共著  Inverse Ubbelohde effect in the short hydrogen bond of Photosystem II: Relation between H/D isotope effect and symmetry in potential energy profile  Yusuke Kanematsu, Masanori Tachikawa, Yu Takano  Journal of Computational Chemistry  Wiley  37/ 23, 2140-2145  2016/07/26  10.1002/jcc.24438  URL 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  MDシミュレーションによる抗HIV中和抗体PG16のCDR-H3における構造揺らぎの解析  日本化学会第97春季年会  2017/03/16  URL 
口頭発表(一般)  Modification of semiempirical molecular orbital theory for computing diradical species  日本化学会第97春季年会  2017/03/16  URL 
ポスター発表  分散力補正を加えた密度汎関数強束縛法によるグラフェンへの中規模分子吸着の理論解析  新学術領域「3D活性サイト科学」第5回成果報告会  2017/03/04  URL 
ポスター発表  自己組織化写像によるタンパク質構造変化経路の解析  新学術領域「3D活性サイト科学」第5回成果報告会  2017/03/04  URL 
口頭発表(一般)  分子シミュレーションによる生体活性サイトの構造・機能相関の解明  新学術領域「3D活性サイト科学」第5回成果報告会  2017/03/04  URL 
詳細表示...

担当授業科目
基礎化学 
量子・統計力学 
バイオ情報学特論 
バイオインフォマティクス 
詳細表示...

所属学協会
日本化学会  1998/01-現在 
アメリカ化学会  2003/04-現在 
日本生物物理学会  2002/04-現在 
日本蛋白質科学会  2002/04-現在 
分子科学会  2007/04-現在 
詳細表示...