論文
公開件数:165件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1 研究論文(学術雑誌)
共著
Wireless Packet Communications Protected by Secret Sharing and Vector Coding
Shoichiro Yamasaki, Tomoko K. Matsushima, Shinichiro Miyazaki, Kotoku Omura, and Hirokazu Tanaka
IEICE Trans. Fundamentals
電子情報通信学会
Vol.E100-A/ No.12, 2680-2690
2017/12/01




2 研究論文(学術雑誌)
共著
Cross-layer Design and Performance Analysis of Quality of Service Control Scheme for Wireless Body Area Networks
Kento Takabayashi, Hirokazu Tanaka, Chika Sugimoto and Ryuji Kohno
IEEE Access
IEEE
Vol.5/ No.1, 22462-22470
2017/10
2169-3536
10.1109/ACCESS.2017.2762078


3 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Affective responses to regular / predictive / irregular curves measured by using a wearable vital sensor
Akira Asano, Hung An Nguyen, Chie Muraki Asano, Katsunori Okajima, Mikiko Kawasumi, Hirokazu Tanaka and Yasutaka Hatakeyama
Visual Science of Art Conference (VSAC) 2017


2017/08




4 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Next Generation Body Area Network for Healthcare Application, SmartBAN
Hirokazu Tanaka, Yasutaka Hatakeyama, Tastuya Komori and Takeshi Matsukuma
The 39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’17)
IEEE
FrBT4.2-
2017/07




5 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Optimization of Coding rate and Modulation Index of Multi-carrier DSCDMA with bi-orthogonal keying
Hirokazu Tanaka, Yasutaka Hatakeyama, Tomoko.K.Matsushima, Shoichiro Yamasaki
The IEEE International Symposium on Broadband Multimedia Systems and Broadcasting 2017 (BMSB2017)
IEEE
paper #108-
2017/06




6 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
次世代ボディエリアネットワーク規格SmartBANを用いた通信方式の実装と評価
小森 達也,松隈 剛,畠山 泰貴,田中 宏和
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
117/ 70, 59-64
2017/06/01




7 研究論文(学術雑誌)
共著
Performance Evaluation of a QoS-aware Error Control Scheme for Multiple-WBAN Environment
Kento Takabayashi, Heikki Karvonen, Tuomas Paso, Hirokazu Tanaka, Chika Sugimoto and Ryuji Kohno
IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering
電気学会
vol.12/ no.S1 SUPPLEMENT
2017/06/01




8 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
ウェアラブルデバイスを用いた心拍変動解析における周波数解析法に関する一検討
有田瑞紀・畠山泰貴・田中宏和
ITヘルスケア第11回学術大会
ITヘルスケア学会
12/ 11, 73-74
2017/05




9 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
赤外光カメラとウェアラブルデバイスを用いた脈拍推定に関する検討
畠山泰貴・田中宏和
ITヘルスケア第11回学術大会
ITヘルスケア学会
12/ 11, 71-72
2017/05




10 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
無線ボディエリアネットワークのための誤り制御方式におけるクロスレイヤ性能解析に関する一検討
高林健人・田中宏和・杉本千佳・河野隆二
ITヘルスケア第11回学術大会
ITヘルスケア学会
12/ 11, 65-70
2017/05




11 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
次世代ボディエリアネットワーク規格SmartBANの実装と評価
小森達也・松隈剛・畠山泰貴・田中宏和
ITヘルスケア第11回学術大会
ITヘルスケア学会
12/ 11, 63-64
2017/05




12 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
ヘルスケアIoTと国際標準化動向
田中宏和,畠山泰貴
ITヘルスケア第11回学術大会
ITヘルスケア学会
12/ 11, 61-62
2017/05




13 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
BANが支える医療ヘルスケアIoT
田中宏和,畠山泰貴,小森達也,松隈剛
2017年生体医工学会大会
生体医工学会
Th.SY-1.2-2
2017/05




14 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Analysis of Cross-layer Approach About Error Control Scheme for WBANs
Kento Takabayashi,, Hirokazu Tanaka, Chika Sugimoto and Ryuji Kohno
11th International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT2017)


2017/02




15 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
標準規格に基づいたマルチホップWBANにおける通信距離に関する性能評価
高林健人・田中宏和・杉本千佳・河野隆
第39回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2016)
電子情報通信学会

2016/12




16 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
特定集中治療室用の重症度推定に関する一考察~疾病による推定精度の違い~
畠山泰貴・小川貴弘・田中宏和・長谷山美紀
第39回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2016)
電子情報通信学会

2016/12




17 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
ウェアラブルデバイスを用いた心拍変動解析の精度に関する一考察 ~ 自律神経バランス測定に関して ~
有田瑞紀・畠山泰貴・田中宏和
電子情報通信学会 スマートインフォメディアシステム研究会
電子情報通信学会

2016/12/08




18 研究論文(学術雑誌)
共著
Performance Improvement of Error-Resilient 3D DWT Video Transmission Using Invertible Codes
Kotoku Omura, Shoichiro Yamasaki, Tomoko K. Matsushima, Hirokazu Tanaka and Miki Haseyama
IEICE Trans. Fundamentals
電子情報通信学会
Vol.E99-A/ 12, 2256-2265
2016/12/01




19 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Construction of High Rate Punctured Convolutional Codes through Identical Codes
Kento Takabayashi,, Hirokazu Tanaka, Chika Sugimoto and Ryuji Kohno
International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA)
電子情報通信学会

2016/10




20 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
An Accurate Mortality Prediction Method Based on Decision-level Fusion of Existing ICU Scoring Systems
Yasutaka Hatakeyama, Takahiro Ogawa, Hirokazu Tanaka and Miki Haseyama
International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA)
電子情報通信学会

2016/10




21 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
IEEE802.15.6に基づいたマルチホップWBANにおけるチャネル情報を利用した誤り制御方式の性能評価
高林健人・田中宏和・杉本千佳・河野隆二
2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会
電子情報通信学会

2016/09




22 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
視覚復号型秘密分散の信号処理に関する研究
山嵜彰一郎・松嶋智子・大村光徳・宮崎真一郎・田中宏和
2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会
電子情報通信学会

2016/09




23 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
IoTヘルスケア時代の仮想生体情報センサ"MIRUWS
南 重信・長谷山美紀・田中宏和・高橋 透・小森達也
2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会
電子情報通信学会

2016/09




24 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
次世代ボディエリアネットワーク規格SmartBANの実装と評価
小森達也・松隈剛・畠山泰貴・田中宏和
電子情報通信学会 SIS研究会
電子情報通信学会 

2016/06/09




25 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Wearable Devices for Medical/Healthcare Applications and Body Area Networks
Hirokazu Tanaka, Yasutaka Hatakeyama, Tatsuya Komori and Takashi Matsukuma
2016 International Workshop on Smart Wireless Communications (SmartCom 2016)
電子情報通信学会

2016/05




26 (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
共著
ボディエリアネットワークと今後の技術課題 - ETSI SmartBAN標準化最新動向から-
田中宏和・南重信・長谷山美紀・新實朋子・高橋透
2016年電子情報通信学会総合大会
電子情報通信学会

2016/03




27 研究論文(学術雑誌)
共著
Performance analysis of multiplexing and error control scheme for body area networks
Kento Takabayashi, Hirokazu Tanaka, Chika Sugimoto and Ryuji Kohno
EURASIP Journal on Wireless Communications and Networking

2016(1), 1-16
2016/03/01

10.1186/s13638-016-0561-0
URL

28 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
高齢化社会対応e-healthおよびAALの技術動向および標準化動向
田中宏和
2018年電子情報通信学会総合大会
電子情報通信学会

2018




29 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
ウェアラブルバイタルセンサを用いた血圧変動推定の評価
佐保里美・小森達也・畠山泰貴・田中宏和・塩出宣雄
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
Vol.117/ No.49, 43-48
2018/01




30 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
ETSI SmartBAN物理層における誤り制御方式に関する一検討
高林健人・田中宏和・榊原勝己
第40回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2017)


2017/11




31 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
インバーティブル誤り訂正符号を利用した3D DWTビデオ伝送の誤り耐性強化
大村光徳・山嵜彰一郎・松嶋智子・田中宏和・長谷山美紀
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
vol. 113,/ no. 153, 49-53
2017/07




32 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Evaluation of Error Control Scheme in Mutihop WBAN Based on IEEE802.15.6
Kento Takabayashi,, Hirokazu Tanaka, Chika Sugimoto and Ryuji Kohno
Proc. on Int. Sym. on Inform. Theory and Its Applications (ISITA),

370-374
2016/10




33 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Two-step Error Concealment Method for 3-D Wavelet Video Coding in Wireless Packet Transmission System
Sunmi Kim, Hirokazu Tanaka, Takahiro Ogawa, and Miki Haseyama
Proc. on 25th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2010)

500-503
2016/07




34 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
MIRUWS" for Visualization of Healthy to Illness Transition (HIT)
Shigenobu Minami, Miki Haseyama, Hirokazu Tanaka, Toru Takahashi, Tatsuya Komori. A Virtual Vital signs sensor
10th International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT2016),

1-5
2016/03




35

複数WBAN環境における緊急情報のための誤り制御方式に関する一検討’
高林健人・田中宏和・杉本千佳・河野隆二
2015年ソサイエティ大会
電子情報通信学会

2015




36 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
ボディエリアネットワーク ― 標準化動向と将来展望 ―
田中宏和・原晋介
2015年総合大会
電子情報通信学会

2015




37 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Energy Efficiency Evaluation of ECC Scheme Utilizing Decomposable Codes in IEEE Std 802.15.6 Based WBANs
Kento Takabayashi, Heikki Karvonen, Tuomas Paso, Hirokazu Tanaka, Chika Sugimoto and Ryuji Kohno
10th International Conference on Body Area Networks (BodyNets)

110-115
2015/09/28




38 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance of Simple and Smart PHY/MAC Mechanisms for Body Area Networks
Ryoko Matsuo, Toshihisa Nabetani, Hirokazu Tanaka, Woonhau Chin and Siva Subramani
IEEE ICC 2015

2098-2103
2015/09/28




39 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance of Simple and Smart PHY/MAC Mechanisms for Body Area Networks
Ryoko Matsuo, Toshihisa Nabetani, Hirokazu Tanaka, Woonhau Chin and Siva Subramani
IEEE ICC 2015

2098-2103
2015/06




40 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
An Overview of ETSI TC SmartBAN MAC Protocol,
Tuomas Paso, Hirokazu Tanaka,Matti Hämäläinen, Woon Hau Chin, Ryoko Matsuo, Siva Subramani, Jussi P Haapola
9th International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT2015)

TUH2-3
2015/03/24




41 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
An Overview of ETSI TC SmartBAN's Ultra Low Power Physical Layer
Woon Hau Chin, Hirokazu Tanaka, Toshiyuki Nakanishi, Tuomas Paso and Matti Hämäläinen
9th International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT2015)

TUH2-2
2015/03/24




42 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
ETSI TC SmartBAN: Overview of the Wireless Body Area Network Standard
Matti Hämäläinen and Tuomas Paso, Lorenzo Mucchi, Marc C. Girod-Genet, John Farserotu, Hirokazu Tanaka,Woon Hau Chin, Lina Nachabe
9th International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT2015)

TUH2-1
2015/03/24




43 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Error Control Scheme Using Decomposable Codes for Various QoS in Multiple WBAN Environment
Kento Takabayashi, Hirokazu Tanaka, Chika Sugimoto and Ryuji Kohno
9th International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT2015)

THA1-1, 47-51
2015/03/24




44 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
Smart BANのMAC特性評価(2)~緊急信号に対する遅延時間特性~
鍋谷寿久・松尾綾子・中西俊之・田中宏和
2014年ソサイエティ大会
電子情報通信学会

2014




45

Smart BANのMAC特性評価(1)~接続時間特性~
中西俊之・松尾綾子・鍋谷寿久・田中宏和
2014年ソサイエティ大会
電子情報通信学会

2014




46 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
Smart BAN MAC/PHY技術仕様概要
松尾綾子・中西俊之・鍋谷寿久・田中宏和
2014年ソサイエティ大会
電子情報通信学会

2014




47 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
Smart BANの技術提案とその標準化
田中宏和・松尾綾子・中西俊之・鍋谷寿久
2014年ソサイエティ大会
電子情報通信学会

2014




48 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
ワイヤレス医療ヘルスケアと無線技術における課題と考察
田中宏和
2014年生体医工学会大会
電子情報通信学会

2014




49 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
ワイヤレス生体センサー向けBANにおけるMACの提案(3)
鍋谷寿久・松尾綾子・中西俊之・田中宏和
2014年総合大会
電子情報通信学会

2014




50

イヤレス生体センサー向けBANにおけるMACの提案(2)
中西俊之・松尾綾子・鍋谷寿久・田中宏和
2014年総合大会
電子情報通信学会

2014




51 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
ワイヤレス生体センサー向けBANにおけるMACの提案(1)
松尾綾子・中西俊之・鍋谷寿久・田中宏和
2014年総合大会
電子情報通信学会

2014




52 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
複数WBAN環境における様々なQoSを考慮した誤り制御法についての一検討
高林健人・田中宏和・杉本千佳・河野隆二
第37回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2014)


2014/12




53 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
Smart BAN向け2チャネル構成MACシステムの特性評価
松尾綾子・鍋谷寿久・田中宏和
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
Vol.114/ No.372, 31-36
2014/12




54 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
ウェアラブルセンシング端末における心電図の可逆圧縮と消費電力の一検討
須藤隆・鈴木真吾・田中宏和・河野隆二
第37回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2014)


2014/12




55 研究論文(学術雑誌)
共著
Single-channel Nonstationary Noise Suppression method Based on the Linear Prediction Analysis for Cardiac Sounds
Takashi Sudo, Hirokazu Tanaka, Chika Sugimoto and Ryuji Kohno
IEICE Trans. Fundamentals
電子情報通信学会
Vol.97-A/ No.11,, 2139-2146
2014/11




56 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
A Study on Simplified Structure for Multi-carrier DS-CDMA with bi-orthogonal keying
Hirokazu Tanaka, Shoichiro Yamasaki, Tomoko K. Matsushima and Miki Haseyama
Proc. on International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC) 2014

PID1063, 100-102
2014/07




57 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
緊急性のある医療用データのためのチャネル情報を用いた誤り制御方式
高林健人・田中宏和・杉本千佳・河野隆二
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
vol. 114,/ no. 61, 87-92
2014/05




58 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
A Study on Single-channel Non-stationary Noise Suppression for Cardiac Sound
Takashi Sudo, Hirokazu Tanaka, Chika Sugimoto and Ryuji Kohno
8th International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT2014)


2014/04/02




59 研究論文(国際会議プロシーディングス)

Effective Error Control Scheme with Channel State Information for WBAN,
Kento Takabayashi, Hirokazu Tanaka, Chika Sugimoto and Ryuji Kohno
8th International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT2014)


2014/04/02




60 研究論文(学術雑誌)
共著
A Study on Objective Quality Measure for Bandwidth-extended Speech in Mobile Voice Communications,
Takashi Sudo, Hirokazu Tanaka and Ryuji Kohno
IEICE Trans. on Fundamentals
電子情報通信学会
Vol.E97-A, 792-799
2014/03




61 研究論文(学術雑誌)
共著
Multiplexing and Error Control Scheme for Body Area Network employing IEEE 802.15.6
Kento Takabayashi, Hirokazu Tanaka, Chika Sugimoto and Ryuji Kohno
IEICE Trans. on Commun
電子情報通信学会
Vol.E97-B, 564-570
2014/03




62 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
ウェアラブル生体センサSilmeeTMの開発
鈴木琢治・田中宏和・南 重信
2013年ソサイエティ大会
電子情報通信学会

2013




63 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
ワイヤレス生体センサーの開発と無線技術における課題と考察
田中宏和・鈴木琢治・南 重信
2013年ソサイエティ大会
電子情報通信学会

2013




64 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
無線BANのための異なるQoSを考慮した多重化・誤り制御方式に関する一検討
高林健人・田中宏和・杉本千佳・河野隆二
2013年ソサイエティ大会
電子情報通信学会

2013




65 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
無線BANのためのQoSを考慮した誤り制御方式に関する一検討
高林健人・田中宏和・島 圭介・杉本千佳・河野隆二
2013年総合大会
電子情報通信学会

2013




66 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Spectrum selective nonlinear echo suppression based on the amount of linear echo cancellation
Takashi Sudo, Hirokazu Tanaka and Ryuji Kohno
IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2013)

315-319
2013/11




67 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Error resilient 3D DWT video transmission using invertible codes
Kotoku Omura,Shoichiro Yamasaki, Tomoko K. Matsushima, Hirokazu Tanaka and Miki Haseyama
IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2013)

180-185
2013/11




68 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
3D DWTビデオ伝送のビット誤り耐性の強化
大村光徳・山嵜彰一郎・松嶋智子・田中宏和・長谷山美紀
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
vol. 113/ no. 202, 1-6
2013/09




69 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
A State Transition Control Method of Space-Time Trellis Coded Transmission
Shoichiro Yamasaki, Tomoko K. Matsushima and Hirokazu Tanaka
2013 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2013)

RS1-5
2013/09/30




70 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Multiplexing and Error Control Scheme with Modified Hybrid ARQ for Body Area Network employing IEEE 802.15.6 in UWB-PHY
Kento Takabayashi, Hirokazu Tanaka, Chika Sugimoto and Ryuji Kohno,
8th International Conference on Body Area Networks

581-587
2013/09/30




71 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
インバーティブル誤り訂正符号を利用した3D DWTビデオ伝送の誤り耐性強化
大村光徳・山嵜彰一郎・松嶋智子・田中宏和・長谷山美紀
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
vol. 113/ no. 153, 49-53
2013/07




72 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Blood pressure estimation from pulse wave velocity measured on the chest
Sawa Fuke, Takuji Suzuki, Kanako Nakayama, Hirokazu Tanaka and Shigenobu Minami,
Proc. on 35th Annual International Conference of the IEEE EMBS

6107-6110
2013/07




73 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
時空間トレリス符号の状態遷移の制御方式
山嵜彰一郎・大村光徳・松嶋智子・田中宏和
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
vol. 113no. 78/ no. 78, 7-10
2013/06




74

時空間符号化伝送における選択受信による特性改善方式
千竃航平・サグァンウォントーン イサダ・四家 帝・山嵜彰一郎・松嶋智子・田中宏和
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
WBS2012/ 97, 309-312
2013/03




75 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
心音における雑音抑圧手法の一検討
須藤隆・田中宏和・杉本千佳・河野隆二
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
SIS2012/ 62, 91-96
2013/03




76 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Wearable Wireless Vital Monitoring Technology for Smart Health Care
Takuji Suzuki, Hirokazu Tanaka, Shigenobu Minami, Hiroshi Yamada and Takashi Miyata
Proc. on 2013 7th International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT)

1-4
2013/03




77 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
An Error Control Scheme with Weldon's ARQ Considering Various QoS in Medical and Non-medical Uses for Wireless BANs
Kento. Takabayashi, Hirokazu Tanaka, Chika Sugimoto, Ryuji Kohno
Proc. on 2013 7th International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT)


2013/03




78 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
パーソナル・スマート・ヘルスケアにおける無線方式の検討
鈴木琢治・田中宏和・南重信
2012年生体医工学会大会
電子情報通信学会

2012




79 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
WBANsのためのQoSを考慮した誤り制御方式
高林健人・田中宏和・杉本千佳・河野隆二
第35回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2012)


2012/12




80 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
無線通信におけるユニークワードの検出方式の性能評価
サグァンウォントーン イサダ、四家帝、山嵜彰一郎、松嶋智子、田中宏和
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
SIS201/ 36, 35-38
2012/12




81 研究論文(学術雑誌)
共著
Performance of Spatial and Temporal Error Concealment Method for 3D DWT Video Coding in Packet Loss Channel
Hirokazu.Tanaka, Sunmi.Kim, Takahiro.Ogawa and Miki.Haseyama,
IEICE Trans. on Fundamentals
電子情報通信学会
Vol.E95-A, 2015-2022
2012/11




82 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
モバイル機器向け音声帯域拡張の開発と評価 ~ 信号適応型低域拡張法と客観評価法の提案 ~
須藤隆・長田将高・菊川裕作・田中宏和・南重信・河野隆二
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
SP2012/ 70, 63-68
2012/09




83 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

A Study on Adaptive Spatial-Temporal Error Concealment method for Wavelet based Video Coding in Wireless Networks
S.Kim, H.Tanaka, T.Ogawa, M.Haseyama
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
IE2011/ 30, 165-170
2011/02




84 研究論文(学術雑誌)
共著
Error-Resilient 3-D Wavelet Video Coding with Duplicated Lowest Sub-Band Coefficients and Two-Step Error Concealment Method
Sunmi.Kim, Hirokazu.Tanaka, Takahiro.Ogawa and Miki.Haseyama
IEICE Trans. on Fundamentals
電子情報通信学会
Vol.E93-A, 2173-2182
2010/11




85 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Two-step Error Concealment Method for 3-D Wavelet Video Coding in Wireless Packet Transmission System
Sunmi Kim, Hirokazu Tanaka, Takahiro Ogawa, and Miki Haseyama,
Proc. on 25th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2010)

500-503
2010/07




86 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Two-step Error Concealment Method for Wavelet Video Coding in Wireless Network
Sunmi Kim, Hirokazu.Tanaka, Takahiro.Ogawa, and Miki.Haseyama
Proc. on 2010 International Conference on Intelligent and Advanced Systems, (ICIAS 2010)

CASO2-IP-04
2010/06




87 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
A Unique Word Detection Method in Wireless Communications
Shoichiro.Yamasaki and Hirokazu.Tanaka
Proc. on IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2009)

TA2-D-2
2009/12




88 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
A Study on Multi-carrier CDMA with Adaptive Trellis Coded Modulation
Hirokazu.Tanaka, Shoichiro.Yamasaki and Miki.Haseyama
Proc. on IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2009)

WA2-A-5, 477-480
2009/12




89 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
WARP-AEC: A Stereo Acoustic Echo Canceller based on W-Adaptive filters for Rapid Projection
Shigenobu.Minami, Hirokazu.Tanaka and Miki.Haseyama
Proc. on IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2009)

MA3-A-1
2009/12




90 研究論文(学術雑誌)
共著
Performance of Adaptive Trellis Coded Modulation Applied to MC-CDMA with Bi-orthogonal Keying
Hirokazu.Tanaka, Shoichiro.Yamasaki and Miki.Haseyama
IEICE Trans. on Fundamentals
電子情報通信学会
Vol.E92-A, 2837-2843
2009/11




91 研究論文(学術雑誌)
共著
Performance of Reed-Solomon Coded MC-DS-CDMA with Bi-orthogonal Modulation
Hirokazu.Tanaka, Kyong.W. Jang, Shoichiro.Yamasaki and Miki.Haseyama
IEICE Trans. on Fundamentals
電子情報通信学会
Vol.E92-A, 2600-2608
2009/10




92 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Multi-Channel Hybrid Acoustic Echo Canceller with Microphone/Speaker Array
Shigenobu.Minami, Hirokazu.Tanaka and Miki.Haseyama
Proc. on International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC) 2009

C, 02-0381
2009/07




93 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance of Adaptive Modulation and Coding (AMC) on Multi-carrier CDMA for Mobile Multimedia Transmission
Hirokazu.Tanaka, Shoichiro.Yamasaki and Miki.Haseyama
Proc. on IEEE Int. Sym. on Broadband Multimedia Systems and Broadcasting (BMSB)

mm09-178, 1-5
2009/05




94 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
無線通信環境におけるビデオパケット検出手法
山嵜彰一郎・田中宏和
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
IT2008/ 113, 459-462
2009/03




95 研究論文(学術雑誌)
共著
Kalman Filter-Based Error Concealment for Video Transmission
Shigeki.Takahashi, Takahiro.Ogawa, Hirokazu.Tanaka and Miki.Haseyama
IEICE Tans. On Fundamentals
電子情報通信学会
Vol.E92-A/ No.3, 779-787
2009/03




96

3次元ウェーブレットによる誤り耐性動画像符号化法とエラーコンシールメント法に関する一考察
金 善美・田中宏和・小川貴弘・長谷山美紀
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
IE2008/ 212, 47-51
2009/02




97 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Error Correction Scheme for Multi-carrier CDMA with Bi-orthogonal Modulation
Hirokazu.Tanaka, Shoichiro.Yamasaki and Miki.Haseyama
Proc. on Int. Sym. on Inform. Theory and Its Applications (ISITA)

1061-1066
2008/12




98

無線通信環境における符号化ビデオパケット検出の改善手法
山嵜彰一郎・田中宏和
第31回情報理論とその応用シンポジウム(SITA08)


2008/10




99 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
誤差伝搬の制御を目的としたカルマンフィルタによる動画像のエラーコンシールメント手法に関する検討
高橋茂樹・小川貴弘・田中宏和・長谷山美紀
電気・情報関係学会北海道支部連合大会

137-
2008/10/25




100

MC-CDMAにおける周波数方向誤り訂正符号化法に関する一検討
田中宏和・蒋慶雲・山嵜彰一郎・長谷山美紀
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
SIS2008/ 12, 65-70
2008/06




101 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
カルマンフィルタを用いたエラーコンシールメントに関する一検討
高橋茂樹・小川貴弘・田中宏和・長谷山美紀
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
IE2007/ 64, 13-16
2008/02




102 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
Reed-Solomon coded Code Selection method for multi-code systems
KyungWoon Jang・Hirokazu Tanaka and Shoichiro Yamasaki
2007年電子情報通信学会ソサイエティ大会
電子情報通信学会

2007




103 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
Performance of Reed-Solomon coded Code Selection method with Nonlinear Amplifier
Kyung Woon Jang, Hirokazu Tanaka and Shoichiro Yamasaki
第30回情報理論とその応用シンポジウム(SITA07)

702-705
2007/11




104 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
リードソロモン符号を用いたCode Selection法における性能検討
蒋慶雲・田中宏和・山崎彰一郎
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
IT2006/ 110, 149-153
2007/03




105 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
'The Improvement of BER Performance Using Reed-Solomon Coded Code Selection Method in Multi-code MC CDMA
Kyung Woon Jang, Hirokazu Tanaka and Shoichiro Yamasaki,
第29回情報理論とその応用シンポジウム(SITA06),

145-148
2006/11




106 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
マルチメディアパケットの再生品質の改善
前潟悟・山嵜彰一郎・田中宏和
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
SIS2005/ 74, 13-16
2006/03




107 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
時空間伝送を用いたパケット配信システム
山崎彰一郎・田中宏和
2005年電子情報通信学会総合大会
電子情報通信学会

2005




108 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
マルチメディア無線通信の受信品質の改善法
前潟悟・山嵜彰一郎・田中宏和
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
SIS2005
2005/10




109 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
適応シンボルレート・ターボ符号化変調のフェージング通信路での特性
田中宏和・山崎 彰一郎・南 重信
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
SIS2005/ 10, 53-56
2005/06




110 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
時空間伝送を用いたマルチメディア通信システム
山崎彰一郎・田中宏和
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
SIS2004
2005/03




111 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
周波数領域等化と時空間ブロック符号化を伴うシングルキャリヤ伝送方式
山崎彰一郎・田中宏和
第27回情報理論とその応用シンポジウム(SITA04)

411-414
2004/12




112 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
携帯電話におけるマルチメディア機能の実現(画像システム,知的マルチメディア処理システム及び一般)
南重信・田中宏和・楠本佳祐
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
SIS2004/ 49, 39-44
2004/12




113 研究論文(学術雑誌)
共著
Performance of Pragmatic Trellis Coded ARQ with Cyclical Multicopy Retransmission for High Speed Mobile Satellite Communication System
Hirokazu.Tanaka and Shoichiro.Yamasaki
IEICE Trans. on Commun
電子情報通信学会
Vol.E87-B/ No.8, 2099-2110
2004/08




114 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Pragmatic Trellis Coded Type-I Hybrid SR ARQ with Cyclical Multicopy Retransmission on Rayleigh Fading Channel
Hirokazu.Tanaka and Shoichiro.Yamasaki
Proc. on IEEE Signal Processing Advances in Wireless Communications (SPAWC) 2003

678-682
2003/06




115 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Trellis Coded Type-I Hybrid ARQ with Cyclical Multicopy Retransmission in Rayleigh Fading Channel
Hirokazu.Tanaka and Shoichiro.Yamasaki
Proc. on International Symposium on Information Theory and Its Application (ISITA) 2002

311-314
2002/10




116 研究論文(学術雑誌)
共著
(招待)携帯電話におけるMPEG-4の実現
南重信・田中宏和
映像情報メディア学会誌

第55/ 第4, 492-494
2001




117 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
移動体通信におけるマルチメディアパケット伝送のためのRTPの伝送品質評価
佐藤順・田中宏和・藤澤栄蔵
2000年総合大会
電子情報通信学会

2000




118 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Wireless MPEG-4 Video Communication Using Adaptive Iterative Decoding of Turbo Codes
Shoichiro.Yamasaki, Atsushi Asano and Hirokazu.Tanaka
Proc. on IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS) 2000

43-48
2000/11




119 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
フェージング通信路におけるビデオ・マルチメディア通信システムの特性に関する一検討
田中宏和・山崎彰一郎
第23回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2000)

307-310
2000/10




120 研究論文(学術雑誌)
共著
Performance of Mobile Multimedia System Applied to Trellis Coded Modulation on Rayleigh Fading Channel
Hirokazu.Tanaka and Shoichiro.Yamasaki
IEICE Trans. on Fundamentals
電子情報通信学会
Vol.E83-A/ No.10, 1996-1999
2000/10




121 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
MPEG-4マルチメディア通信システムのフェージング通信路における特性に関する検討
田中宏和・山崎彰一郎
第22回情報理論とその応用シンポジウム(SITA’99)

583-586
1999




122 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
移動体環境のマルチメディア通信の復号品質改善法
山崎彰一郎・浅野篤・田中宏和
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
DSP99-69/ CS99-71, 13-18
1999




123 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
移動体環境のビデオ伝送における反復処理による復号品質の改善
山崎彰一郎・浅野篤・田中宏和
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
DSP99/ 35, 59-66
1999




124 研究論文(学術雑誌)
共著
Iterative Processing for Improving Decode Quality in Mobile Multimedia Communications
Shoichiro.Yamasaki, Hirokazu.Tanaka and Atsushi.Asano
IEICE Trans on Fundamentals
電子情報通信学会
VolE82-A/ No.10, 2096-2104
1999/10




125 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
An Error Control Scheme of Multimedia Multiplexing for Mobile Environment
Hirokazu.Tanaka and Shoichiro.Yamasaki
Proc. on IEEE Vehicular Technology Conference (VTC) ’99-Fall

376-380
1999/09




126 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
MPEG-4ビデオ方式の無線伝送性能評価
斉藤龍則・田中宏和・山崎彰一郎・他
1998年電子情報通信学会総合大会
電子情報通信学会

1998




127 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
部分的な反復復号に基づく不均一誤り保護
山崎彰一郎・田中宏和・斉藤龍則
1998年電子情報通信学会総合大会
電子情報通信学会

1998




128 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
MPEG-4移動体マルチメディアシステムにおける多重化方式に関する検討
田中宏和・山崎彰一郎・斉藤龍則
1998年電子情報通信学会総合大会
電子情報通信学会

1998




129 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
移動通信における動画像伝送方式に関する一検討
田中宏和・山崎彰一郎・斉藤龍則
第21回情報理論とその応用シンポジウム(SITA’98)

615-618
1998




130 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
マルチキャリア変調における反復処理を用いた非線形歪補償
山崎彰一郎・田中宏和
電気学会
電子回路研究会
ECT-98/ 19, 1-6
1998




131 研究論文(学術雑誌)
共著
Pragmatic Trellis Coded MPSK with Bandwidth Expansion on Rayleigh Fading Channels
Hirokazu.Tanaka and Shoichiro.Yamasaki
IEICE Trans. on Commun
電子情報通信学会
Vol.E81-B/ No.12, 2276-2282
1998/12




132 研究論文(学術雑誌)
共著
A Nonlinear Distortion Compression on Layered Multicarrier Modulation Using Iterative Restoration
Shoichiro.Yamasaki and Hirokazu.Tanaka
IEICE Trans. on Fundamentals
電子情報通信学会
Vol.E81-A/ No.10, 2109-2116
1998/10




133 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
トレリス符号化スター16QAMの最適信号点配置
谷島正信・久田安正・田中宏和・他
1997年電子情報通信学会総合大会
電子情報通信学会

1997




134 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
符号理論とその応用 –通信への応用-
鈴木秀夫・山崎彰一郎・田中宏和
1997年電子情報通信学会総合大会
電子情報通信学会

1997




135 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
移動体無線環境におけるマルチメディア多重部の誤り訂正と映像符号化方式の検討
斉藤龍則・渡辺栄一・山崎彰一郎・田中宏和・南重信
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
RCS97/ 199, 53-58
1997




136 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
マルチメディア多重化における誤り制御の復号法
山崎彰一郎・田中宏和・斉藤龍則
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
IT97/ 47, 35-40
1997




137 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
A Coded Modulation Using Unequal Iterative Decode
S.Yamasaki and H.Tanaka
第20回情報理論とその応用シンポジウム(SITA’97)

125-128
1997/12




138 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
移動通信に適したマルチメディア多重化方式に関する検討
田中宏和・斉藤龍則・山崎彰一郎
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
CS97/ 84, 105-110
1997/09




139 研究論文(学術雑誌)
共著
帯域の拡大を許容したトレリス符号化256QAM方式の検討
田中宏和・松嶋智子
電子情報通信学会論文誌(B-Ⅱ)
電子情報通信学会
Vol.J80-B-II/ No.2, 145-152
1997/02




140 研究論文(学術雑誌)
共著
Performance of Type-I Hybrid Selective-Repeat ARQ with Finite Buffer on Fading Channels
Hirokazu.Tanaka and Katsumi.Sakakibara
IEICE Trans. on Commun
電子情報通信学会
Vol.E80-B/ No.1, 59-66
1997/01




141 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
Reed-Solomon符号を用いたCDMAデータ伝送制御方式のフェージング通信路における特性に関する一検討
田中宏和・榊原勝己
1996年電子情報通信学会ソサイエティ大会
電子情報通信学会

1996




142 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
スペクトラム推定に基づくマルチキャリア伝送の非線形歪補償
山崎彰一郎・田中宏和
1996年電子情報通信学会ソサイエティ大会
電子情報通信学会

1996




143 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
CDMA/TDDシステムのチャンネル容量の検討
高橋英博・田中宏和・浅沼裕・宮和行・加藤修・本間光一・岩井誠人
1996年電子情報通信学会総合大会
電子情報通信学会

1996




144 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
CDMA/TDDシステムのチャンネル容量評価に関する検討 –スペースダイバーシチ特性
岩井誠人・宮和行・加藤修・本間光一・浅沼裕・田中宏和・高橋英博
1996年電子情報通信学会総合大会
電子情報通信学会

1996




145 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
CDMA/TDDシステムにおけるオープンループ送信パワー制御の性能評価
宮和行・加藤修・本間光一・浅沼裕・田中宏和・高橋英博・岩井誠人
1996年電子情報通信学会総合大会
電子情報通信学会

1996




146 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
CDMAシステムに適用したデータ伝送制御方式のパスダイバーシチ特性に関する一検討
田中宏和
1996年電子情報通信学会総合大会
電子情報通信学会

1996




147 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
階層信号合成におけるDFTフィルタバンクを用いた信号の選択再構成
山崎彰一郎・田中宏和
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
DSP96/ 160, 65-72
1996




148 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
A Bandwidth Efficient Block Coded M-ary PSK with Retransmission
Hirokazu Tanaka
第19回情報理論とその応用シンポジウム(SITA’96)

517-520
1996/12




149 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance of Reed-Solomon Coded Type-I Hybrid ARQ Scheme on Fading Channels
Hirokazu.Tanaka and Katsumi.Sakakibara
Proc. on IEEE Global Communications Conference (GLOBECOM) '96

2148-2152
1996/11




150 研究論文(学術雑誌)
単著
A Performance of Selective-Repeat ARQ with Cyclical Multicopy Retransmission
Hirokazu.Tanaka
IEICE Trans. on Fundamentals
電子情報通信学会
Vol.E79-A/ No.9, 1386-1391
1996/09




151 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
Type-IハイブリッドARQ方式のフェージング通信路における特性に関する検討
田中宏和・榊原勝己
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
電子情報通信学会技報/ 47, 7-12
1996/07




152 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
誤り訂正符号を用いたデータ伝送制御方式のCDMAシステムへの適用に関する一検討
田中宏和
1995年電子情報通信学会ソサイエティ大会
電子情報通信学会

1995




153 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
CDMAシステムに適用したデータ伝送制御方式の一検討
田中宏和
1995年電子情報通信学会総合大会
電子情報通信学会

1995




154 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
A Study on Automatic-repeat-request with Multicopy Retransmission
H.Tanaka
第18回情報理論とその応用シンポジウム(SITA’95)

621-624
1995/11




155 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
A Performance Analysis of Selective-Repeat ARQ with Muticopy Retransmission
Hirokazu.Tanaka
Proc. on IEEE International Conference on Universal and Personal Communications (ICUPC) '95

472-475
1995/11




156 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
スペクトラム拡散技術を適用した多次元符号化変調方式の多重特性の一検討
山口武史・斉藤龍則・田中宏和・木村泰之・山崎彰一郎
第17回情報理論とその応用シンポジウム(SITA’94)

401-404
1994/10




157 研究論文(学術雑誌)
共著
Performance of Modified Symbol-Rate-Increased TC-2mQAM
Hirokazu.Tanaka and Tomoko.K.Matsushima
IEICE Trans. on Fundamentals
電子情報通信学会
E77-A/ No.8, 1378-1380
1994/08




158 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
帯域の拡大を許容したトレリス符号化変調方式~ディジタルマイクロ波通信への応用~
田中宏和・松嶋智子
1993年電子情報通信学会春季大会
電子情報通信学会

1993




159 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
帯域の拡大を許容したトレリス符号化変調方式のフェージング通信路における特性に関する検討
田中宏和・松嶋智子・田中秀一
第16回情報理論とその応用シンポジウム(SITA’93)

499-502
1993/10




160 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
An Application of Trellis Coded Modulation to Digital Microwave Radio and Its Performance
Hirokazu.Tanaka and Tomoko.K.Matsushima
Proc. on IEEE International Conference on Communications (ICC)'93

128-132
1993/03




161 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Trellis Coded Modulation for Digital Microwave Radio
Tomoko.K.Matsushima and Hirokazu.Tanaka
Proc. on IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT) ’93

348-
1993/01




162 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
ディジタルマイクロ波通信用トレリス符号化変調方式の漸近的符号化利得
田中宏和・児玉智子
1992年電子情報通信学会秋季大会
電子情報通信学会

1992




163 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
ディジタルマイクロ波通信用トレリス符号化変調方式に関する検討
田中宏和・児玉智子
1992年電子情報通信学会春季大会
電子情報通信学会

1992




164 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
ディジタルマイクロ波通信用トレリス符号化変調方式
児玉智子・田中宏和・田中秀一
第15回情報理論とその応用シンポジウム(SITA’92)

101-104
1992/09




165 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
ディジタルマイクロ波通信用トレリス符号化変調方式に関する検討
田中宏和・児玉智子
電子情報通信学会技報
電子情報通信学会
IT92/ 33, 57-62
1992/07