English
広島市立大学 
広島平和研究所 

教授 
湯浅 剛 
ユアサ タケシ 
yuasa takeshi 

プロフィール
【学歴】
1992 年  上智大学外国語学部ロシア語学科卒業
1992-93年 ロシア連邦ヴォルゴグラード国立大学研修(日ソ政府間交換留学制度による派遣)
1996年  上智大学大学院外国語学研究科国際関係論専攻博士前期課程修了
2001年  上智大学大学院外国語学研究科国際関係論専攻博士後期課程満期退学
2009-10年 ロシア連邦モスクワ国立国際関係大学研修(防衛省防衛研究所による派遣)

【職歴(常勤職のみ)】
1996-97年 在デンマーク日本大使館専門調査員
2000-05年 防衛庁防衛研究所助手
2004-06年 防衛庁防衛局防衛政策課事務官、部員(兼務)
2005-15年 防衛庁(07年1月より防衛省)防衛研究所主任研究官
2015年- 広島市立大学広島平和研究所教授 

研究分野
ポスト・ソ連空間の地域機構、政治変動、安全保障 

研究キーワード
政治変動、国際秩序、地域主義、政治エリート論 

著書
ロシア革命とソ連の世紀3: 冷戦と平和共存  松戸清裕(編者)、野部公一、徳永昌弘、浅川あや子、河本和子、大串敦、油本真理、藤沢潤、佐々木卓也、湯浅剛  279-302  岩波書店  2017/08/10 
現代中央アジアの国際政治:ロシア・米欧・中国の介入と新独立国の自立  明石書店  2015/03/20 
詳細表示...

研究発表
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  上海協力機構(SCO): 変貌と相対化  国際シンポジウム「アジアの核・ガヴァナンス・平和」(共催: 広島平和研究所、長崎大学核廃絶研究センター(RECNA)、於・広島国際会議場)  2018/03/17 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  ユーラシア国際関係におけるエネルギー・ファクター  日本国際政治学会2017年度研究大会・部会14(市民講座)「ユーラシアのエネルギー安全保障」(於・神戸国際会議場)  2017/10/29 
口頭発表(招待・特別)  ロシア主導地域統合と「一帯一路」構想  アジア経済研究所研究会「『一帯一路』構想と中国の対外政策の新展開 分科会2」(於・同研究所会議室C23)  2017/05/23 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  中央アジアをめぐる国際政治  中央アジア地域研究の地平をひらく(主催: 科学研究費補助金基盤研究(A)「 批判的地域主義に向けた地域研究のダイアレクティック」、東京外国語大学海外事情研究所)  2016/12/10 
口頭発表(招待・特別)  ソ連解体後の変動をどう捉えるか: 政治体制と地域秩序の変遷と展望  国際安全保障学会2016年度研究大会、部会5「ロシアの外交・安全保障政策の将来」  2016/12/03 
詳細表示...

担当授業科目
国際機構論 
中央アジア国際政治論 
詳細表示...

社会活動
OSCE (Organization for Security and Co-operation in Europe)/ ODIHR (Office for Democratic Institutions and Human Rights) Short-Term Observer for Parliamentary Election in Armenia, March 2017  2017/03-2017/04 
日本中央アジア学会理事、会誌編集委員  2016/03-現在 
詳細表示...

公開講座
広島市立大学 広島平和研究所 連続市民講座  市民講座  2017/06-2017/07  戦後処理をめぐる諸問題 
詳細表示...