日本語
Hiroshima City University 
Hiroshima Peace Institute 

Professor 
Naono Akiko 

Career
日本学術振興会  特別研究員(PD)  2003/04/01-2005/03/31 
九州大学  大学院比較社会文化研究院  准教授  2005/04/01-2016/09/30 
広島市立大学  広島平和研究所  教授  2016/10/01-Present 

Academic degrees
Ph.D.  University of California, Santa Cruz  2002/06 

Current state of research and teaching activities
2016年度以前の業績
http://www.hiroshima-cu.ac.jp/modules/peace_j/content0319.html 

Research Areas
Sociology 

Research keywords
memory studies 
war redress 
assistance measures for the atomic bomb survivors 
theories of nationalism 
trauma studies 
Hiroshima memories 

Bibliography
被爆70年ジェンダー・フォーラムin広島「全記録」――ヒロシマという視座の可能性をひらく  高雄きくえ編  原爆被害者の怒りを拓く――対米責任追及と「戦後日本」  ひろしま女性学研究所  2016/11 
3・11を心に刻んで 2016  岩波書店編集部編  岩波書店  2015/10 
View details...

Papers
(MISC) Book review and document introduction, etc.  Only  書評:『現場から創る社会学理論ー―思考と方法』  社会と調査  20, 111-111  2018/03 
(MISC) Lecture materials etc. (seminar, tutorial, course, lecture and others)  Only  講演録 被爆者を引き受ける : 七一年目の広島で (12・11基本懇意見書にこだわる被爆者問題講演会の報告)  ヒバクシャ  34, 18-24  2017 
(MISC) Book review and document introduction, etc.  Only  調査する〈わたし〉が「他者」と出会って : 高山真著『〈被爆者〉になる : 変容する〈わたし〉のライフストーリー・インタビュー』  日本オーラル・ヒストリー研究  13, 219-222  2017 
Research paper (scientific journal)  Only  「被爆体験の継承」再考――記憶を導きとして  歴史学研究  956, 44-52  2017/04 
Research paper (research society, symposium materials, etc.)  Only  「原爆体験記」の刊行と原爆体験の形成――集合的記憶の視点から  広島平和記念資料館史料調査研究会報告  12, 1-32  2017/03 
View details...

Research presentations
Symposium workshop panel(nominated)  原爆症認定訴訟における体験の記憶と政治  シンポジウム「証言/告白/愁訴――医療と司法における語りの現場から」  2017/11/11 
Oral presentation(general)  社会運動と主体――フレーミング理論と言説分析の対話を通して  第90回日本社会学会大会 テーマセッション8:社会理論と運動・紛争研究  2017/11/04 
Oral presentation(general)  Who owns atom bomb experience? Notes on subjectivity of survivors  国際ワークショップ(ウメサオ・スタディーズ・インターナショナル) 戦争とその継承ーー展示, 経験、死者  2016/03 
View details...