English
広島市立大学 
社会連携センター 

特任助教 
植松 敏美 
ウエマツ トシミ 
uematsu toshimi 

1965年生まれ  

経歴
富士ゼロックス 株式会社  1989/07/01-2015/06/30 
公立大学法人 広島市立大学  2016/03/01-現在 

免許・資格
丙種危険物取扱者  1982 
第二種電気工事士  1983 
2級小型船舶操縦免許  1993 
アナログ2種工事担任者  1994 
デジタル1種工事担任者  1995 

教育・研究活動状況
作成メンバーによる市内での疑似試験 教員と学生にて観光客へ貸出
作成メンバーによる市内での疑似試験 教員と学生にて観光客へ貸出
しまなみジャパン視察風景 GPS機器取得データ(行動履歴)
しまなみジャパン視察風景 GPS機器取得データ(行動履歴)

社会連携プロジェクトを通して各種GPS機器や観光客向け音声ガイドを活用し、観光客の回遊性向上を図り観光振興への貢献を目的として活動している。同時に収集した各情報群と観光客の行動LOG等を紐づけ、研究素材とすることで教育活動としても実施している。(観光情報ツールを活用した地域観光振興プロジェクト/しまなみ観光サイクリストの行動情報収集プロジェクト) 

研究分野
観光情報 

研究キーワード
観光関連データベース 

研究テーマ
旅行者対象の観光情報ツールを活用した地域観光振興プロジェクト  2017/04/01-現在 
しまなみ観光サイクリストの行動情報収集プロジェクト  2017/10/01-現在 

論文
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  共著  広島地域に貢献する人材育成のための観光関連データベースの構築と活用の検討  植松敏美,難波英嗣,田村慶一,石野亜耶,竹澤寿幸  観光情報学会 第16回研究発表会 講演論文集  特定非営利活動法人 観光情報学会  48-51  2017/11/18  文部科学省の平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」(COC+)の採択を受けた広島市立大学の「観光振興による『海の国際文化生活圏』創生に向けた人材育成事業」において,観光関連データベースを構築している.広島地域の観光情報を人手で集めて登録するのみならず,テキストマイニング手法により自動収集した観光に関連するブログや,観光に関連する行動履歴を収集して登録している点に特徴がある.平成29年度に開講した「地域課題演習」と「観光情報学」において,構築した観光関連データベースの活用を検討した.受講生を対象としたアンケート調査結果を報告し,今後の展望を述べる. 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  広島地域に貢献する人材育成のための観光関連データベースの構築と活用の検討  観光情報学会 第16回研究発表会  2017/11/18 
詳細表示...

担当授業科目
地域課題演習 
詳細表示...