English
広島市立大学 
国際学部 
国際学科 

教授 
山口 光明 
ヤマグチ ミツアキ 
Yamaguchi Mitsuaki 

Tel.082-830-1539  
 

経歴
広島市立大学  国際学部  講師  2000/04/01-2002/09/30 
広島市立大学  国際学部  助教授  2002/10/01-2007/03/31 
広島市立大学大学院  国際学研究科 博士前期課程  助教授  2005/04/01-2007/03/31 
広島市立大学  国際学部  准教授  2007/04/01-2014/03/31 
広島市立大学大学院  国際学研究科 博士後期課程  准教授  2007/04/01-2014/03/31 
広島市立大学  国際学部  教授  2014/04/01-現在 

学歴
広島大学  学校教育学部  保健体育  1986  卒業 
広島大学大学院  学校教育研究科  保健体育  修士  1988  修了 
安田女子大学大学院  文学研究科  教育学  博士  2002  修了 

学位
修士(教育学)  広島大学 
博士(文学)  安田女子大学 

教育・研究活動状況
 ウォーキングを楽しんでいる人から、エクスプローラ経由で送られた歩数のデータに対して、ほめたり、励ましたりするメッセージを自動的に返信し、ウォーキングのやる気をおこさせる支援システムをオムロンヘルスケアと共同で開発、システムの運用を2009年の6月から始めました。
 2010年は、送信された歩数のデータをCO2削減量に換算し、ほめる・励ますメッセージとともに返信することで、ウォーキングをしている人に「健康とエコ」を意識してしてもらえるウォーキング支援システムへとバージョンをあげています。
  
 平成25年からは、地域の健康づくりをテーマにし、中山間地の活性化や農作物を使った特産品(キクイモ商品)づくりにも取り組んでいます。 

研究分野
運動心理学 
健康心理学 

研究キーワード
運動心理学 
健康心理学 

研究テーマ
身体的セルフエフィカシーに関する心理学的考察  2000-現在 
ネットワークを活用したメタボリック解消プログラムの開発  2004-現在 
ネットワークを活用したウォーキング促進プログラムの開発と課題  2013-現在 

共同・受託研究希望テーマ
メタボリック解消プログラムの開発  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  受託研究,共同研究 
腸内環境(フローラ)の改善と心理的な影響  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  受託研究,共同研究 
詳細表示...

著書
身体的セルフエフィカシーに関する心理学的考察(学位論文)  143  安田女子大学  2003/08/25 
安田女子大学大学院開設十周年記念論文集  153-161  レタープレス株式会社  2003/12 
健康のための心理学  231-233  保育出版社  2006/04 
詳細表示...

論文
研究論文(その他学術会議資料等)  単著  テニス:スキルレベルによるフォアハンドボレー動作の違い  広島体育学研究  24, 41-48  1998/03 
研究論文(その他学術会議資料等)  単著  健康および運動行動に関する社会的認知理論の発展と課題  安田女子大学大学院文学研究科紀要  5, 191-207  2000/03 
研究論文(学術雑誌)  単著  テニス・サービスにおける肘の使い方に関する研究  スポーツ方法学研究  13/ 1, 163-170  2000/03 
研究論文(その他学術会議資料等)  単著  健康行動変容の社会的認知モデル  安田女子大学大学院文学研究科紀要  6, 141-158  2001/03 
研究論文(学術雑誌)  単著  運動行動理論における身体的セルフエフィカシーに関する研究  広島体育学研究  28, 31-42  2002/03 
詳細表示...

研究発表
ポスター発表  ポジティブシンキングによるウォーキングのすすめ  日本健康心理学会第22回大会(玉川大学)  2009/09  ポジティブな考え方をいだいてもらえるメッセージを自動的に送れるウォーキング支援システムをネットワーク上に構築し、ウォーキングのサポートとやる気を促すことで、安全で安心な健康大学を創造することを提案した。(P.102) 
ポスター発表  メタボリック予防プログラムの効果  日本健康心理学会第20回記念大会(文教大学)  2007/08  メタボリック予防の効果を上げるための講習会にするにはどのようにすべきかについて考察し、実施方法などでの工夫や改善が必要なことを提案した。 (P.177) 
ポスター発表  産学官連携によるヘルスプロモーションの可能性  日本健康心理学会第19回大会(同志社大学)  2006/09  産学官が連携し、健康促進プログラムを地域と一緒になって行うことによって,地域に暮らす中高齢者の身体活動促進が図れる可能性について提案することを目的とした。 (P.147) 
ポスター発表  健康行動変容のための理論から実践への可能性  日本健康心理学会第17回大会 (文化女子大学)  2004/08  健康行動変容の理論を地域に暮らす中高齢者の運動促進プログラムに応用し、肥満予防と地域のコミュニ ケーションの活性化が図れる可能性について提案することを目的とした。(P.191,192) 
口頭発表(一般)  テニス:フォアハンドボレーの運動学分析  -踏み込み動作について-  日本体育学会第49回大会(愛媛大学)  1998/10  スキルレベルが異なる被験者のフォアハンドボレー動作を3次元ビデオ撮影し、バイオメカニクス的に分析することにより、フォアハンドボレー動作における踏み込み動作とスキルレベルとの関係を明らかにすることを目的とした。 (P.516) 
詳細表示...

芸術活動・その他業績
その他  単独  楽しく走る。スローなランニングで気分一新  2012/12/15-現在  市民にランニングを薦める内容 
詳細表示...

受賞
広島市スポーツ協会 功労者表彰  2014/01/10 
詳細表示...

担当授業科目
健康科学 
体育実技Ⅰ(テニス、国際・芸術) 
体育実技Ⅰ(テニス、情報科学) 
体育実技Ⅰ(テニス、情報科学 木1) 
専門演習Ⅰ 
詳細表示...

所属学協会
日本健康心理学会 
日本心理学会 
詳細表示...

公開講座
すっきりプロジェクト@HIROSHIMA (3回シリーズ)  市民講座  2005/05-2005/05  ウォーキングによる健康づくりとまちづくり 
中区の魅力づくり事業「魅力空間ネットワークづくり事業」  市民講座  2005/10-2005/10  「中区・魅力空間ウォーキングリーダー養成講座」 
『ウォーキングですっきり』ウォーキングと大学祭を楽しみましょう  市民講座  2005/10-2005/10  あさみなみ区民大学 
ウォーキングを活用した健康づくりとまちづくりの可能性  市民講座  2005/11-2005/11  キャンパス見学会 
ウォーキングによる健康づくり「すっきりプロジェクト2006」 (2回シリーズ)  市民講座  2006/10-2006/10  ウォーキングによる健康づくり 
ウォーキングによる安心づくり  市民講座  2012/08-2012/08 
テニス 中学生講習会  市民講座  2013/01-2013/01 
詳細表示...