日本語
Hiroshima City University 
Graduate School of Information Sciences 
Dept. of Intelligent Systems 

Associate Professor 
Sekine Mituhiro 

Academic background
Hiroshima University  Graduate School, Division of Natural Science  Mathematics  Doctor course  1989  Completed 

Academic degrees
Doctor of Science  Hiroshima University 

Research Areas
Topology 

Research keywords
Four Dimensional Knot Theory Dynamical system and its application 

Subject of research
4次元空間内に埋め込まれた曲面の位置に関する研究  1986-Present 

Papers
Research paper (other science council materials etc.)  高等学校の統計分野における基本的な用語の定義の差異について  田中輝雄,佐藤学,齋藤夏雄,関根光弘,廣門正行,岡山友昭  数学教育学会2017年度春季年会予稿集  数学教育学会  224-226  2017/03/25  高等学校における現行の教育課程から「データの分析」を含む「数学Ⅰ」が必履修となり,統計分野が重要視されている.特に,データと変量は重要な用語である.本稿では,「数学Ⅰ」と「数学B」において教科書によってこれらの用語の定義に差異があることを示す.そして,高等学校学習指導要領における記述も踏まえつつ,統計学の立場からこれらの定義の比較と考察を行う.さらに,統計分野を指導する際の留意点を述べる. 
Research paper (other science council materials etc.)  Joint  高等学校の確率分野における基本的な用語の定義の差異について  田中輝雄, 佐藤学, 齋藤夏雄, 関根光弘, 廣門正行, 岡山友昭  2017年度数学教育学会春季年会予稿集  数学教育学会  146-148  2017/03/25  高等学校における現行の教育課程から「データの分析」を含む「数学Ⅰ」が必履修となり,統計分野が重要視されている.その基礎となるのが,確率分野である.本稿では,確率論の歴史と高等学校学習指導要領を踏まえ,「数学A」と「数学B」の教科書において基本的な用語の定義に差異があることを示す.そして,測度論的確率論の立場からこれらの定義の比較と考察を行う.さらに,確率分野を指導する際の留意点を述べる. 
Research paper (scientific journal)  Joint  内積の誤用に対する指導について  関根光弘,岡山友昭,齋藤夏雄,佐藤学,廣門正行,田中輝雄  2015年度数学教育学会春季年会発表論文集  数学教育学会  194-196  2015/03/23 
Research paper (scientific journal)  Joint  非存在定理を大学初年次の数学教育において活用することのすすめ  廣門正行,岡山友昭,齋藤夏雄,関根光弘,佐藤学,田中輝雄  2015年度数学教育学会春季年会発表論文集  数学教育学会  197-199  2015/03/23 
Research paper (scientific journal)  Joint  √(a^2 )=|a|の大学数学教育における影響  田中輝雄, 齋藤夏雄,佐藤学,関根光弘,廣門正行,岡山友昭  2014年度数学教育学会秋季例会発表論文集  89-91  2014/09/26 
View details...

Research presentations
Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others  平面曲線の位相不変量について  岐阜数理科学セミナー  2017/11/17 
Oral presentation(general)  内積の誤用に対する指導について  2015年度数学教育学会春季例会  2015/03/23 
Oral presentation(general)  カオス現象について(2次元離散力学系におけるSharkovskiiの定理の反例について)  第4回STM(Satyric Math.)ワークショップ-in 岡山 (岡山理科大)  2012/03/15  We show that some second order piecewise linear difference equation have many different periods. This is a 2-dimensional counterexample of Sharkovskii's theorem. 
View details...

Allotted class
線形代数学I 
線形代数学I演習 
解析学I演習 
幾何学概論 
教科教育法(数学)I 
View details...

Memberships of academic societies
日本数学会 
数学教育学会 
View details...

Open lecture
高校生の情報科学自由研究  Open lecture  2007/08-2007/08  暗号のしくみを学ぼう 
View details...