English
広島市立大学 
国際学部 
国際学科 

准教授 
柿木 伸之 
カキギ ノブユキ 
Kakigi Nobuyuki 

 

経歴
上智大学文学部哲学科助手  1998/04/01-2001/03/31 
上智大学文学部哲学科非常勤講師  2001/04/01-2002/03/31 
立正大学文学部非常勤講師  2001/04/01-2002/03/31 
広島市立大学国際学部講師  2002/04/01-2007/03/31 
日本赤十字広島看護大学看護学部非常勤講師  2004/04/01-2015/09/30 
広島市立大学国際学部准教授  2007/04/01-現在 
広島大学教養科目非常勤講師  2009/04/01-2016/03/31 
広島都市学園大学看護学部非常勤講師  2009/04/01-2016/03/31 

学歴
上智大学  文学部  哲学科  1993/03  卒業 
上智大学  大学院哲学研究科  哲学研究科  博士  1998/03  単位取得満期退学 

学位
修士  上智大学  1995/04 
博士  上智大学  2014/03/31 

研究分野
哲学 
美学・芸術諸学 

研究キーワード
哲学 
美学 

著書
メルロ゠ポンティ哲学者事典別巻──現代の哲学・年表・総索引  加賀野井秀一、伊藤泰雄、本郷均、加國尚志監修  大項目:ヴァルター・ベンヤミン  白水社  2017/11/24  9784560093146  URL  『メルロ゠ポンティ哲学者事典』別巻の大項目として、ヴァルター・ベンヤミンの生涯と思想をコンパクトに紹介する。1917年の「来たるべき哲学のプログラムについて」における経験への問いを出発点としつつ、言語哲学、美学、そして歴史哲学から「哲学者」としてのベンヤミン像に迫る。 
細川俊夫 音楽を語る──静寂と音響、影と光  柿木伸之  全376頁  アルテスパブリッシング  2016/12/12  978-4-86559-154-5  URL  2012年にドイツで出版された作曲家細川俊夫と音楽学者ヴァルター゠ヴォルフガング・シュパーラーの対談書„Toshio Hosokawa — Stille und Klang, Schatten und Licht: Gespräche mit Walter-Wolfgang Sparrer“ (Hofheim: Wolke) の日本語版。現代を代表する作曲家細川俊夫がその半生とともに、創作と思索の軌跡を語った対談書であるが、細川の作曲活動の全体に見通しを与えながら、その音楽の核心にあるものを浮かび上がらせる、本格的な細川俊夫論でもある。一書にまとまった評論としては世界初となる。日本語版には、作曲家自身による新たな序文、豊富な写真や譜例の他、2016年前半までの年譜、作品目録、ディスコグラフィを収録。 
『続・ハイデガー読本』  秋富克哉、安部浩、森一郎(編集)、柿木伸之他  24「ブロッホ、ローゼンツヴァイク、ベンヤミン──反転する時間、革命としての歴史」:229〜236頁  法政大学出版局  2016/05/06  978-4-588-15077-7  ブロッホ、ローゼンツヴァイク、ベンヤミンという三人のユダヤ系の思想家と、初期のハイデガーの時間論と歴史論を照らし合わせ、ユダヤ系の思想家たちが構想する「救済」と結びついた歴史の理論と、『存在と時間』の「歴史性」の概念に最初の結実を見ることになるハイデガーの歴史論との差異を見通す視座を探る。 
平和と安全保障を考える事典  広島市立大学広島平和研究所(編)  202、287〜88、552、601〜2ページ  法律文化社  2016/03/20  978-4-589-03739-8  マルクス主義、国際共産主義運動、プロレタリア独裁、失地回復主義の項目を執筆 
パット剝ギトッテシマッタ後の世界へ──ヒロシマを想起する思考  柿木伸之  全272ページ  インパクト出版会  2015/07/15  978-4-7554-0256-2  URL  今ここでヒロシマを想起しながら、死者を含めた他者とともに生きることとして平和を捉え直すことを基本モティーフとして、広島の地で2007年から2015年にかけて書き継がれた評論や論考、講演録の集成。第1部には、想起の媒体としての芸術、さらには言葉の可能性を探る評論や講演をまとめ、第2部には、ヒロシマ平和映画祭などの場での講演の記録などを収める。第3部には、書評を中心とした評論を、そして第4部には、被爆の記憶を継承することにもとづいて平和の新たな概念を追求する論考を収録する。 
詳細表示...

論文
(MISC)総説・解説(その他)  単著  清澄な響きのなかに開かれる人間の内なる深淵──モーツァルトの《コジ・ファン・トゥッテ》によせて  柿木伸之  ひろしまオペラルネッサンス2017年度公演《コジ・ファン・トゥッテ》プログラム  ひろしまオペラ・音楽推進委員会  5-6  2017/09/30  URL  ひろしまオペラルネッサンスの2017年度の公演プログラムに寄稿した、モーツァルトのオペラ《コジ・ファン・トゥッテ》の解説。この作品が19世紀のブルジョワ社会に評価されなかった背景を、作品の構成やその基盤にある思想から解き明かすとともに、その社会の「人間」像を踏み越える自由を、後期のモーツァルトの音楽が人間の深淵から響かせていることを、作品の特徴を紹介しつつ浮き彫りにする。 
(MISC)総説・解説(その他)  単著  ヘルダーリンの詩と音楽  柿木伸之  東京オペラシティの同時代音楽企画「コンポージアム2017」プログラム  東京オペラシティ文化財団  29-31  2017/06/25  URL  東京オペラシティのコンポージアム2017で日本初演されたハインツ・ホリガーの《スカルダネッリ・ツィクルス》の作品解説を補完するかたちでヘルダーリンの生涯と詩作を音楽との関わりにおいて紹介する。アドルノのヘルダーリン論「パラタクシス」を参照して、二十世紀以降の音楽とヘルダーリンの詩の親和性に光を当てる。 
研究論文(学術雑誌)  単著  想起からの歴史──ヴァルター・ベンヤミンの歴史哲学  柿木伸之  日本哲学会欧文誌『Tetsugaku』  日本哲学会  1, 73-90  2017/04/01  2432-8995  URL  本論文は、ベンヤミンの歴史哲学の問題設定を確認したうえで、彼が歴史そのものを想起の経験にもとづくものとして捉え直そうとしていることを浮き彫りにすることで、彼の歴史への問いを今に受け継ぐ可能性を探るものである。彼の言語哲学と歴史哲学を一貫する思考を跡づけつつ、彼のけっして時の支配者の道具になりえない歴史の概念が、想起の言葉のうちに死者とともに生きる場を開く可能性を示していることを示した。想起の経験を検討する際に、「歴史の主体」という問題やその死者との関係にも論及している。このドイツ語の論文は、「表象不可能」とも称される出来事にも開かれた想起を言葉にすることにもとづく歴史の概念を、自由における生存の可能性へ向けて見通そうという試みの一環でもある。 
(MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  単著  パリでのパウル・クレー展「作品におけるイロニー」と国際コロック「パウル・クレー──新たな視点」に接して  柿木伸之  形象  形象論研究会  2, 106-113  2017/03/10  2423-8503  2016年4月16日から8月1日までパリのポンピドゥー・センターで開催された大規模なパウル・クレーの回顧展「パウル・クレー──作品におけるイロニー」の展覧会評と、2016年5月19日と20日にゲーテ・インスティトゥート・パリで開催された国際コロック「パウル・クレー──新たな視点」の報告。いずれにおいても、同時代の状況や芸術運動と批評的に対峙するなかからクレーの作品が形象として生み出されていることに着目した。 
(MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  単著  高安啓介『近代デザインの美学』書評──内発的な構成としてのデザインの美学へ  柿木伸之  形象  形象論研究会  2, 102-104  2017/03/10  2423-8503  高安啓介『近代デザインの美学』(みすず書房、2015年)の書評。「近代デザイン」の語における「近代」の意味を問い直したうえで、近代デザインの契機を検討し、その美学を「感性の交通の学」として提示する本書の議論を「内発的構成」の理論を軸に紹介する。 
詳細表示...

研究発表
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  音楽゠劇の批判的構成に向けて──ベンヤミンとアドルノの美学を手がかりに  シンポジウム「シアトロクラシー──観客の美学と政治学」  2017/09/11  URL  アドルノの『ヴァーグナー試論』におけるヴァーグナーの「総合芸術作品」が資本主義社会の「幻像(ファンタスマゴリー)」と化してしまうという議論を、現在のオペラの文化的現象に当てはまるものとして捉えつつ、そこに含まれる観客支配制の問題にも論及したうえで、モーツァルトの《コジ・ファン・トゥッテ》と細川俊夫の《リアの物語》を、従来のオペラが表象してきた「人間」の像からはみ出す人間の深淵にある力を響かせるオペラとして論じた。そして、ベンヤミンとアドルノの美学を手がかりに、オペラを詩的な要素と音楽的要素の緊張のなかで、人間の残余の媒体をなす「音楽゠劇」として捉え返す可能性を提示した。 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  言葉を枯らしてうたえ──吉増剛造の詩作から〈うた〉を問う  カタストロフィと詩──吉増剛造の『仕事』から出発して  2017/03/11  URL  『怪物君』を含む最近のものを含めた吉増剛造の詩作を、原民喜とパウル・ツェランの詩作との布置において検討し、破局の後の詩ならびに言葉の可能性を「うた」という観点から問う。 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  細川俊夫の作品に見る現代の芸術としてのオペラの可能性  ドイツでオペラをつくるということ──ハンブルク歌劇場での細川俊夫のオペラ《海、静かな海》初演を振り返る  2016/03/26  URL  まず、ベルリンでの《松風》、デュイスブルクでの《班女》、広島での《班女》および《リアの物語》というように、ドイツと広島で細川俊夫さんのオペラ作品の上演に接してきた経験を振り返りつつ、またドイツで刊行された対談書(拙訳による日本語版が刊行予定)の„Musiktheater“の章における細川さんの言葉も参照しつつ、能の精神から現代のオペラの表現の地平を開拓してきた細川さんの作品の特質に触れる。そのことを踏まえて、ハンブルクで初演された《海、静かな海》の細川さんのオペラ作品における位置をあらためて測り、その初演を振り返ることによって、東日本震災および原発事故後の現代に向き合うこの新たなオペラの特徴を掘り下げる。これらをつうじて、この作品をはじめとする細川さんのオペラから見て取られる、現代の芸術としてのオペラの可能性の一端に迫った。最後に、今後の広島での細川さんのオペラ作品の上演予定にも触れた。 
口頭発表(基調)  広島から現代のオペラを創るために:細川俊夫《リアの物語》広島初演の成果と課題  シンポジウム「《リアの物語》から考える:日本での現代オペラ上演の現状と課題」  2015/03/29  URL  2015年1月30日と2月1日に広島市のアステールプラザ中ホールで行なわれた細川俊夫のオペラ《リアの物語》の広島初演の能舞台を用いた舞台の特色やプロダクションの特徴などを確認したうえで、それを主催したひろしまオペラ音楽推進委員会の継続的な事業の一端を紹介するとともに、《リアの物語》広島初演の成果と課題を踏まえ、広島における、ないしは広島からの現代のオペラの創造へ向けた課題を提示する。 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  アウシュヴィッツとヒロシマ以後の詩の変貌──パウル・ツェランと原民喜を中心に  第46回原爆文学研究会「戦後70年」連続ワークショップIV「カタストロフィと〈詩〉」  2014/12/21  URL  テオドーア・W・アドルノの「アウシュヴィッツの後に詩を書くことは野蛮である」という言葉を、その文脈から跡づけ、そこに含まれる問いを取り出したうえで、それに対する詩の応答の一端を、原民喜とパウル・ツェランの詩作のうちに求め、そこに含まれる詩の変貌ないし変革に、破局の後の詩の可能性を見ようとする。 
詳細表示...

芸術活動・その他業績
芸術活動  共同  Hiroshima Happy New Ear Opera II:細川俊夫《リアの物語》日本語字幕制作  2015/01/30-2015/02/01  Hiroshima Happy New Ear Opera IIとして行なわれた細川俊夫《リアの物語》の公演の際に舞台両脇に投影した日本語字幕の制作。シェイクスピアの『リア王』にもとづくオペラのリブレットを新たに日本語に翻訳した。 
その他  共同  Hiroshima Happy New Ear XVII:細川俊夫《大鴉》日本語字幕制作  2014/10/30-2014/10/30  ひろしまオペラ・音楽推進委員会が主催する現代音楽の演奏会シリーズHiroshima Happy New Earの第17回演奏会における細川俊夫《大鴉》の広島初演において舞台上方に投影した日本語字幕の制作。エドガー・アラン・ポーの長編詩「大鴉」を新たに日本語に翻訳した。 
その他  共同  Hiroshima Happy New Ear XV:バーバラ・ハンニガン リサイタル プログラム歌詞対訳  2013/09/08-2013/09/08  2013年9月8日にアステールプラザのオーケストラ等練習場でHiroshima Happy New Ear XVとして開催されたバーバラ・ハンニガンのリサイタルのプログラムに含まれる歌詞対訳を、アステールプラザの平野満氏とともに作成した。当日は、ルイジ・ノーノ、クロード・ヴィヴィエ、アーノルト・シェーンベルク、アルバン・ベルク、クルト・ヴァイルの作品が演奏された。 
その他  単独  半田美和子ソプラノ名曲集『Khôra: Niemandslied』歌詞対訳  2012/12/19-2012/12/19  日本を代表するソプラノ歌手半田美和子のアルバムに収録された、ドイツ語歌詞の歌曲やオペラからのアリアなどの歌詞の翻訳。翻訳は、歌詞対訳のかたちで発売されたCDのブックレットに掲載されている。バッハ、マーラー、ベルク、ヴェーベルン、リゲティの曲の歌詞を翻訳した。 
詳細表示...

担当授業科目
共生の哲学I 
社会文化思想史I 
世界の文学 
多文化共生入門 
平和と人権A 
詳細表示...

所属学協会
広島芸術学会  2007/12/02-現在 
美学会  2000-現在 
実存思想協会  1998-現在 
日本哲学会  1998-現在 
日本現象学会  1996-現在 
詳細表示...

公開講座
いちだい知のトライアスロン出張講座  公開講座  2014/06-2014/06  迷宮としての映画──ヴォイチェフ・イエジー・ハス監督『サラゴサの写本』 
いちだい知のトライアスロン出張講座  公開講座  2014/02-2014/02  映画から見つめる日本の戦争の歴史 
防災ゲーム クロスロードから多文化共生を考える  公開講座  2013/11-2013/11  共に生き残る文化へ 
いちだい知のトライアスロン出張講座  その他  2012/06-2012/06  「純愛」が照らし出す原爆の傷──今井正監督『純愛物語』をめぐって 
いちだい知のトライアスロン出張講座  その他  2011/07-2011/07  映画の記憶/映画のなかの記憶──吉村公三郎監督『その夜は忘れない』をめぐって 
持続可能な社会を築くために──21世紀の戦争から持続する平和へ(広島市立大学国際学部公開講座)  公開講座  2004/01-2004/03  他者へのまなざしを問いなおす 
国際学部公開市民講座  市民講座  2002/07-2002/07  過去とどのように向きあうことができるか?──平和へ向けて記憶することの可能性を考える 
「正義」とはなにか  公開講座  2001/10-2002/03  法の力から正義へ──ベンヤミン『暴力批判論』を手がかりに 来たるべき正義へ向けて応答すること──ジャック・デリダの「法の脱構築」と責任をめぐる思考 
哲学と宗教  公開講座  2000/04-2000/07  ユダヤ教と現代哲学──自己と他者 ユダヤ教と現代哲学──レヴィナスとデリダ 
20世紀の思想──現代哲学は何を問うてきたか  公開講座  1999/04-1999/07  記憶とその倫理──ベンヤミンの歴史哲学 芸術と技術の新たな関係へ──ベンヤミン『複製技術時代の芸術作品』再読 
詳細表示...