English
広島市立大学 
情報科学研究科 
情報工学専攻 

顔写真 准教授 
高橋 賢 
タカハシ サトシ 
Takahashi Satoshi 

個人ウェブサイトはこちら  

学位
博士(工学)  東京電機大学  2001/03 

免許・資格
第一級陸上無線技術士  1993/04/12 

研究分野
通信・ネットワーク工学 

研究キーワード
ディジタルテレビ 
電波測位 
電波応用 
コグニティブ無線 
レーダー 
MIMO 
電波シミュレーション 
移動電波伝搬 
OFDM 
CDMA 

著書
ゴールドスミス ワイヤレス通信工学 基礎理論からMIMO,OFDM,アドホックネットワークまで  高橋 賢 ほか訳  6章,7章, 付録B, 付録Dを執筆。  丸善株式会社  2007/05 
無線通信技術大全  高橋 賢 分担著、阪田史郎・嶋本 薫 監修  第2章を執筆。  リックテレコム  2007/02 
コンパクト移動通信辞典  小林 岳彦, 高橋 賢  丸善株式会社  2003/09 
移動通信基礎技術ハンドブック  高橋 賢 分担訳, 羽鳥光俊, 小林岳彦監修  1, 2, 4, 5, 6, 7, 8, 12, 14, 15, 16, 18, 21, 22, 24, 32, 33章の翻訳修正と未訳箇所の翻訳を担当。  丸善株式会社  2002/03 
詳細表示...

論文
研究論文(国際会議プロシーディングス)  単著  Detecting broadcaster transmitted earthquake early warning signal with AC Parity for ISDB-T digital television receivers  Satoshi Takahashi  IEICE Information and Communication Technology Forum (IEICE ICTF 2016)  The Institute of Electronics,Information and Communication Engineers  1-4  2016/07  When significant disaster occurs, certain television broadcasters can wake up their receivers with a special signal. Such wake-up televisions are already available in the world. In ISDB-T (Integrated Services Digital Broadcasting-Terrestrial) digital television in Japan, there are two wake up methods: Emer- gency Warning System (EWS) and Earthquake Early Warning (EEW). A wake-up indication of EWS comes from a single bit of the control channel and a method of efficiently detecting the wake up signal with parity variations is known. The EEW wake-up signal, however, contains detailed information messages in addition to the wake-up indication. This paper focuses on determining only the EWS wake-up indication and proposes a method of detecting the indication. 
研究論文(学術雑誌)  単著  Detection of EEW wake-Up signal with AC parity for ISDB-T television receivers  Satoshi Takahashi  IEICE Communication Express (ComEX)  The Institute of Electronics,Information and Communication Engineers  5/ 7, 203-208  2016/07  When local meteorological agencies advise an emergency alert, ISDB-T (Integrated Services Digital Broadcasting-Terrestrial) television broadcasters would send a special signal to wake up the receivers. There are two ways of waking up: "Emergency Warning System (EWS)" that advises tsunami and earthquake disasters, and "Earthquake Early Warning (EEW)" that advises significant earthquake disasters. For detecting EWS wake-up indications, the use of the parity has been proposed. The method assumed the broadcasters do not change the message except for the wake-up indication. Because we cannot apply the method to an EEW wake-up indication detection, this letter proposes a method for EEW. 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  単著  Comparison of two majority determination methods of detecting emergency wake-up trigger for ISDB-T terrestrial digital television receivers  Satoshi Takahashi  The International Wireless Communications & Mobile Computing Conference (IWCMC 2015)  194-198  2015/08 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  単著  Detection of emergency wake-up trigger signal with TMCC parity and subcarrier frequency diversity for ISDB-T digital television receivers  Satoshi Takahashi  10th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2015)  1-3  2015/08 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  単著  A novel method of determining EWS wake-up trigger for ISDB-T digital television receivers  Satoshi Takahashi  The 10th IEEE International Conference on Wireless and Mobile Computing, Networking and Communications (WiMob 2014) Workshop on Emergency Networks for Public Protection and Disaster Relief (EN4PPDR)  IEEE  407-412  2014/10  ISDB-T (Integrated Services Digital Broadcasting-Terrestrial) digital television broadcasters would send a special signal to wake up receivers when an emergency alert is advised. The wake-up procedure is defined as EWS (Emergency Warning System) and the trigger is sent in a single bit of the control message called TMCC (Transmission and Modulation Configuration Control). Wrong determination of the trigger leads to a false alarm and increases power consumption while idle. In this paper, a method of determining the EWS wake-up trigger is proposed by assuming the broadcasters do not change TMCC message except for the trigger when the broadcaster advises an emergency alert. For reducing the false alarm, this paper proposes using the TMCC parity for the reliable determination of the trigger. Results showed the proposed method was almost free from a false alarm. 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  送信電力制御シュードライトの高所設置による遠近問題の軽減  電子情報通信学会技術研究報告, CQ2016-52  2016/11  人工衛星を用いた地上測位では,その三次元測位のために最低4以上の衛星からの電波が届かなくてはならない.市街地のように天空が遮られる場所において,必要な衛星数を満たさない場所で測位を行えるようにするために,シュードライト(擬似衛星)が用いられることがある.地上に設置されるもので,人工衛星と同等のフォーマットの電波を送信して,一つの人工衛星と同じように振る舞う送信機である.このシュードライトからの電波が受信できる範囲では,その信号を必要な衛星の一つのものとして利用できる一方,その近くでは過大な電波強度のために人工衛星からの電波が受信できなくなる課題がある.この遠近問題の軽減のために,送信信号のパルス化とその電力制御が提案されている.本論文では,そのシュードライトを高所に設置することによるシュードライト信号の利用可能機会の増加と,遠近問題に起因する干渉増加とのトレードオフを評価する. 
口頭発表(一般)  複数の制御信号サブキャリヤを周波数ダイバシチ合成するISDB-T移動テレビ受信機の緊急自動起動信号受信方法の比較  電子情報通信学会技術研究報告, CQ2016-52  2016/11  大規模災害が発生する可能性のあるとき,放送局はその送信電波に特別な信号を重畳することで受信機を強制的に自動起動させることができる.ISDB-T地上ディジタルテレビ放送信号は複数サブキャリヤにて伝送される.その制御信号情報もまた複数のサブキャリヤにわたり同一情報が約0.2秒ごとに巡回的に送信される.ISDB-Tでは,同一周波数帯域にて通常放送信号に加えて移動体向け放送信号を同時に伝送できるので,ビット誤りの多い移動受信においても自動起動信号を確実に受信できることは重要である.本論文では,自動起動信号をより確実に受信するために,制御信号のサブキャリヤ周波数ダイバシチが必要なことを示し,単一ビット検出,誤り訂正,およびパリティ多数決それぞれの方法を自動起動信号の見逃しと誤警報によりその性能を評価する. 
口頭発表(一般)  ISDB-T移動テレビ受信機におけるTMCC信号の受信方法  映像情報メディア学会年次大会, 12D1  2016/08  ISDB-Tの緊急警報放送の起動信号を移動受信するため,ワンセグ帯域内に含まれる4本のTMCCサブキャリヤを受信する低IF受信方法を提案する.使用するサブキ ャリヤ周波数の両端の中央をIFとして,サブキャリヤ周波数を要素とする行列の積和演算により一括復調する方法である.行列表現により複数サブキャリヤ信号表現の見通しが良くなり,周波数同期への適用も可能になった. 
口頭発表(一般)  ISDB-T移動テレビ受信機のための制御信号受信方法  電子情報通信学会技術研究報告, CQ2016-52  2016/08  移動しながら利用するISDB-T(Integrated Services Digital Broadcasting-Terrestrial)地上ディジタルテレビ受信機において,緊急警報放送や緊急地震速報の自動起動信号を検出するための構成を検討した.これらの自動起動信号は,OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)変調された放送信号の特定サブキャリヤにより伝達される.周波数選択性フェージングを伴う移動受信に起因するビット誤りを軽減するためには,同一内容が伝送されるそれら特定サブキャリヤ間での周波数ダイバシチが必要である.本報告において,離散的に配置された複数OFDMサブキャリヤ信号を受信するために,低中間周波数(low IF)構成のディジタル処理部分に着目して行列表現による復調処理することを提案する. 
口頭発表(一般)  Detecting broadcaster transmitted earthquake early warning signal with AC Parity for ISDB-T digital television receivers  IEICE Information and Communication Technology Forum (IEICE ICTF 2016)  2016/07  When significant disaster occurs, certain television broadcasters can wake up their receivers with a special signal. Such wake-up televisions are already available in the world. In ISDB-T (Integrated Services Digital Broadcasting-Terrestrial) digital television in Japan, there are two wake up methods: Emergency Warning System (EWS) and Earthquake Early Warning (EEW). A wake-up indication of EWS comes from a single bit of the control channel and a method of efficiently detecting the wake up signal with parity variations is known. The EEW wake-up signal, however, contains detailed information messages in addition to the wake-up indication. This paper focuses on determining only the EWS wake-up indication and proposes a method of detecting the indication. 
詳細表示...

知的財産権
特許  緊急地震速報信号の受信装置及び受信方法  特願2015-125736  2015/06/23 
特許  緊急警報放送信号の受信装置及び受信方法  特願2013-117319  2013/05/15  特開2014-225853  2014/12/04 
特許  通信システム、通信方法、基地局、および移動局  特許公開2005-252964  2005/09/15 
特許  音声およびデータサービス用無線通信システム  特許公開2003-283408  2003/10/03 
特許  端末に対して送信する信号の伝送速度または送信電力を変化させる無線通信装置およびその信号送信方法  特許公開2003-163632  2003/06/06 
詳細表示...

受賞
電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞(通信方式研究会幹事に対する貢献)  2016/09 
電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞(論文査読に対する貢献)  2016/09 
電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞(論文査読に対する貢献)  2012/09 
電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞(論文査読に対する貢献)  2009/09 
電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞(論文査読に対する貢献)  2006/09 
詳細表示...

担当授業科目
解析学I演習 
情報基礎数学 
通信方式 
情報理論 
集積回路 
詳細表示...

社会活動
無線通信システム研究会 現地世話人  2017/12-2017/12 
Reviewer of 2017 Asia-Pacific Microwave Conference (APMC 2014)  2017/05-2018/04 
ワイドバンドシステム特集号論文編集委員  2017/04-2018/03 
Technical Program Committee (TPC) member of International Conference on Communications (ICC 2017)  2017/01-2017/12 
Technical Program Committee (TPC) member of International Conference on Control, Electronics, Renewable Energy, and Communications (ICCEREC 2017)  2017/01-2017/12 
詳細表示...

所属学協会
一般社団法人 電子情報通信学会  1989/04-現在 
一般社団法人 映像情報メディア学会  2010/06-現在 
IEEE  1995/04-現在 
一般社団法人 情報処理学会  1990/04-現在 
情報理論とその応用学会  2003/04-2008/03 
詳細表示...

委員歴
総務省中国総合通信局  総務省中国総合通信局「X帯無線航行レーダー帯域における気象レーダーの利用に関する調査検討」  2015/07-2016/03 
総務省中国総合通信局  総務省中国総合通信局「デジタル防災行政無線の普及促進に向けた調査検討会」  2011/07-2012/03 
宇宙航空研究開発機構(JAXA)  宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙工学委員会 研究班 研究班員  2007/10-現在 
詳細表示...

公開講座
ひろしまコンピュータサイエンス塾〜情報科学ってスゴイ〜  公開講座  2012/01-2012/01  講座「通信」 
広島市研究公開  その他  2009/12-2009/12  移動無線通信、電波応用工学 
ひろしまコンピュータサイエンス塾〜情報科学ってスゴイ〜  その他  2009/12-2009/12  講座「通信」 
EXPO '09広島  その他  2009/11-2009/11  移動無線通信、電波応用 
リエゾンフェスタ  公開講座  2009/09-2009/09 
オープンキャンパス  公開講座  2009/08-2009/08 
リエゾンフェスタ  公開講座  2008/09-2008/09 
オープンキャンパス  公開講座  2008/08-2008/08 
リエゾンフェスタ  公開講座  2007/09-2007/09 
オープンキャンパス  公開講座  2007/08-2007/08 
公開講座  公開講座  2006/11-2006/11  移動通信の光と影 
リエゾンフェスタ  公開講座  2006/09-2006/09 
オープンキャンパス  公開講座  2006/08-2006/08 
公開講座(連続講義)  公開講座  2005/12-2005/12  電子メールは、相手に気兼ねなくメッセージを送ることができ、記録を残すことができることから、最も広く使われている道具の一つになったといえます。その一方で迷惑メールが急増し、不愉快な思いをすることも多くなりました。そこで、この講座では、インターインターネットや携帯電話のつながる仕組みや、メールが届く仕組み、社会的背景を考察することで迷惑メールを撃退する方法を探ります。 
オープンキャンパス  公開講座  2005/08-2005/08 
基礎から学ぶ情報科学  市民講座  2005/08-2005/08  完全撃退!迷惑メール 1. なぜ私のところに迷惑メールが来るの? 2. ネットは大人になってから? 3. これでわかったメールとネット 
模擬授業  市民講座  2005/06-2005/06  携帯電話と暗号 
詳細表示...