English
広島市立大学 
情報科学研究科 
情報工学専攻 

顔写真 准教授 
高橋 賢 
タカハシ サトシ 
Takahashi Satoshi 

個人ウェブサイトはこちら  

学位
博士(工学)  東京電機大学  2001/03 

免許・資格
第一級陸上無線技術士  1993/04/12 

研究分野
通信・ネットワーク工学 
計測工学 

研究キーワード
長距離無線通信 
コグニティブ無線 
レーダー 
衛星測位 
無線信号検出 

著書
ゴールドスミス ワイヤレス通信工学 基礎理論からMIMO,OFDM,アドホックネットワークまで  高橋 賢 ほか訳  6章,7章, 付録B, 付録Dを執筆。  丸善株式会社  2007/05 
無線通信技術大全  高橋 賢 分担著、阪田史郎・嶋本 薫 監修  第2章を執筆。  リックテレコム  2007/02 
コンパクト移動通信辞典  小林 岳彦, 高橋 賢  丸善株式会社  2003/09 
移動通信基礎技術ハンドブック  高橋 賢 分担訳, 羽鳥光俊, 小林岳彦監修  1, 2, 4, 5, 6, 7, 8, 12, 14, 15, 16, 18, 21, 22, 24, 32, 33章の翻訳修正と未訳箇所の翻訳を担当。  丸善株式会社  2002/03 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  単著  Transmission power control of terrestrial pseudolite signal for global navigation satellite systems  Satoshi Takahashi  IEICE Communication Express (ComEX)  The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers  2019/05  10.1587/comex.2019XBL0058  In global navigation satellite systems (GNSS), we need signals from more than four satellites to find out the location at the receiver. However, the satellite visibility is occasionally blocked especially in city areas. For augmenting the availability, placing the pseudo satellite, or pseudolite, has been proposed. A pseudolite broadcasts the signal in the same format as the satellites broadcast and acts as an additional satellite to the receiver. However, the satellite signals are often blocked by a pseudolite signal at the receiver in the close proximity to the pseudolite, and the phenomenon is referred to as the near-far problem. In this letter, a pseudolite with burst pulse transmission that the power varies pulse-to-pulse is proposed to mitigate the near-far problem. 
研究論文(学術雑誌)  単著  A method of determining broadcaster advised emergency wake-up signal for ISDB-T digital television receivers  Satoshi Takahashi  Journal of Telecommunications and Information Technology (JTIT)  National Institute of Telecommunications  2019/ 1, 103-112  2019/03  10.26636/jtit.2019.131619  There is a way of automatically waking up television receivers when a broadcaster advises an emergency alert. The emergency wake-up procedure is called an Emergency Warning System (EWS) in the Integrated Services Digital Broadcasting-Terrestrial (ISDB-T) digital television standard. In ISDB-T, the special signal is in a control message called transmission and modulation configuration control (TMCC). However, wrong determination of the wake-up signal, often caused in mobile reception, leads to the unnecessary wake up. In this paper, a method of reliably determining a wake-up signal is proposed by assuming that broadcasters will not change the TMCC message except for the wake-up signal when the broadcaster advises an emergency alert. A change in the wake-up bit leads to variate the parity, and the proposed method also uses the variations. Mutual information to be obtained by the wake-up receiver is evaluated using the memoryless binary asymmetric channel model. 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  単著  Mutual information analysis of broadcaster advised emergency automatic wake-up signals with intermittent reception  Satoshi Takahashi  IEICE Information and Communication Technology Forum (IEICE ICTF 2018)  1-5  2018/06  A television broadcaster would send a special signal to automatically wake up their receivers when in emergency. Such wake-up receivers are available around the world. In a mobile television receiver, however, the activation signal would be wrongly determined due to the reception errors. In addition, because a disaster rarely occurs, one would think the receiver does not provide useful information at all and it is better to make it sleep. In this paper, quantitative information to be obtained by the wake-up receiver is evaluated approximating the transmission channel of the activation signal from the broadcast station to the receiver to the asymmetric memoryless binary communication channel. On the other hand, battery capacity in a mobile receiver is limited and the intermittent reception would be used. Therefore this paper also analyses the mutual information as a function of the duty ratio of an intermittent receiver. 
研究論文(学術雑誌)  単著  TMCCパリティの不一致数を用いたISDB-T緊急自動起動信号の低消費電力受信方法  高橋 賢  映像情報メディア学会誌  映像情報メディア学会  72/ 6, J94-J97  2018/06  10.3169/itej.72.J94  ISDB-T(Integrated Services Digital Broadcasting-Terrestrial)地上ディジタルテレビ方式では,緊急時に放送局が送信する特別な信号により,その受信機を自動的にオンにできる.この自動起動信号が伝送される伝送制御(TMCC: Transmission and Multiplexing Configure Control)情報にはパリティを含むが,このパリティを利用することでより高信頼に自動起動信号を判定する方法が提案されている.本速報では,このパリティを用いる方法において,受信したTMCC情報ビット列と自動起動信号の状態により決定されるTMCC情報ビット列とを比較して,その不一致数により自動起動信号状態の確からしさを判定することを提案し,さらにこの確からしさから消費電力を削減する受信方法を検討する. 
研究論文(学術雑誌)  単著  ISDB-T緊急警報放送における自動起動信号伝送路の非対称無記憶2元通信路近似  高橋 賢  映像情報メディア学会誌  映像情報メディア学会  72/ 1, J47-J50  2018/01  10.3169/itej.72.J47  緊急時において,放送局が送信する特別な信号によりテレビ受信機を自動起動する方法はすでに実用化されている.しかしながら,特に移動テレビ受信機においては受信ビット誤りにより,この自動起動信号を見逃し,または誤検出することがある.一方で,災害の発生確率は極めて小さいので,受信機にて得られる相互情報量が,緊急警報にて得られる平均情報量と比較して著しく小さいならば,受信機に待機状態を維持させるよりも例えば休眠させる方が良いと考えられる.ここでは,放送局から受信機に至る自動起動信号の伝送路を非対称無記憶2元通信路に近似して,その信号受信により得られる相互情報量を求めることにより,情報理論的に自動起動信号の受信特性を解析する. 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  ISDB-Tテレビ受信機における一定時間累積確率を考慮した自動起動信号の検出方法  電子情報通信学会技術研究報告, CS2019-xx  2019/07  ISDB-Tディジタルテレビ受信機において,緊急自動起動信号を検出したときの起動条件について考察する.この起動信号情報は,放送局が約0.2秒ごとにくり返し放送する制御信号上にあり,緊急状態を示す1ビットの情報である.移動テレビ受信機は,しばしばその起動信号を誤って受信する可能性がある.そこで,継続する複数起動信号情報を受信機にて観測して,一定数以上の起動信号を観測したときに起動することを提案する.受信機が得られるであろう相互情報量から,この起動しきい値を考察する. 
ポスター発表  導電性ウェアhitoeを用いた運動時心電図のLPWA無線伝送方法の検討  電子情報通信学会技術研究報告, CS2019-xx  2019/07  運動トレーニング時においては,運動強度を知るために,しばしば脈拍数が測定される.より詳細な情報を含む心電図や加速度情報をリアルタイムに計測して無線伝送できれば,新しいトレーニング方法が見出される可能性がある.ここでは導電性ウエアhitoeを用いて,安静時と運動時の心電図を計測し,またその特徴データをLPWA(Low Power Wide Area)無線伝送する方法について検討したので報告する. 
口頭発表(一般)  [招待講演]電波を用いた位置計測の特性  電子情報通信学会技術研究報告, CQ2019-23  2019/05  電波を用いた位置計測実験の結果を報告する.本報告は,ドップラレーダによる屋内2次元位置推定,船舶自動識別装置(AIS: Automatic Identification System)情報の処理,およびGNSS(Global Navigation Satellite System)衛星電波を用いた測位の結果からなる.ドップラレーダによる位置推定では,受信電波強度のしきい値を変化させて人体までの距離を推定することを提案する.AIS情報処理においては,より標高の高い陸上船舶監視局がより遠くの船舶を検出できるとはいえないことを示し,またAIS情報から船舶が接近回避行動を行う距離を推定する.GNSS測位に関しては,市販受信モジュールを用いて,その測位精度を比較する. 
口頭発表(一般)  ISDB-Tテレビ受信機における自動起動信号の間欠受信特性  電子情報通信学会総合大会, B-8-12  2019/03 
口頭発表(一般)  異なる無線通信システム間信号の電力差計算方法  映像情報メディア学会技術報告, BCT2018-92  2018/11 
詳細表示...

知的財産権
特許  緊急地震速報信号の受信装置及び受信方法  特願2015-125736  2015/06/23 
特許  緊急警報放送信号の受信装置及び受信方法  特願2013-117319  2013/05/15  特開2014-225853  2014/12/04 
特許  通信システム、通信方法、基地局、および移動局  特許公開2005-252964  2005/09/15 
特許  音声およびデータサービス用無線通信システム  特許公開2003-283408  2003/10/03 
特許  端末に対して送信する信号の伝送速度または送信電力を変化させる無線通信装置およびその信号送信方法  特許公開2003-163632  2003/06/06 
詳細表示...

受賞
電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞(通信方式研究会幹事に対する貢献)  2016/09 
電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞(論文査読に対する貢献)  2016/09 
電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞(論文査読に対する貢献)  2012/09 
電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞(論文査読に対する貢献)  2009/09 
電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞(論文査読に対する貢献)  2006/09 
詳細表示...

担当授業科目
情報基礎数学 
情報理論 
情報通信システム特論 
通信方式 
集積回路 
詳細表示...

社会活動
LPWAの基礎と応用, ワイヤレスIoTセミナー 〜新技術LPWAが拓く可能性〜  2018/03/07-2018/03/07  あらゆるヒト・モノ・コトがインターネットにつながるIoTは、その導入・利活用により、業務の効率化やコスト削減が可能と なり、新たなビジネスの創出を図る有効な手段として大きな期待が寄せられているが、IoT通信のラストワンマイルとして注 目を集めている新たな無線通信システム LPWAについても、実証実験や事業化の動きが活発化しており、今後急速な普 及が見込まれることから、デモ展示を併せたセミナーを開催し、LPWAの周知及び導入促進を図る。 
無線通信システム研究会 現地世話人  2017/12-2017/12 
Reviewer of 2017 Asia-Pacific Microwave Conference (APMC 2014)  2017/05-2018/04 
ワイドバンドシステム特集号論文編集委員  2017/04-2018/03 
Technical Program Committee (TPC) member of International Conference on Communications (ICC 2017)  2017/01-2017/12 
詳細表示...

所属学協会
電子情報通信学会  1989/04/01-現在 
映像情報メディア学会  2010/06/01-現在 
IEEE  1995/04-現在 
情報処理学会  1990/04-現在 
測位航法学会  2018/04/01-現在 
詳細表示...

委員歴
日本国省庁  評価委員(詳細は公開できない)  2017/04-2019/03 
総務省中国総合通信局  総務省中国総合通信局「X帯無線航行レーダー帯域における気象レーダーの利用に関する調査検討」専門委員、部会長  2015/07-2016/03 
総務省中国総合通信局  総務省中国総合通信局「デジタル防災行政無線の普及促進に向けた調査検討会」専門委員、部会長  2011/07-2012/03 
宇宙航空研究開発機構(JAXA)  宇宙工学委員会 研究班 研究班員  2007/10-現在 
中国情報通信懇談会  中国情報通信懇談会委員  2005/04-現在 
詳細表示...

公開講座
ひろしまコンピュータサイエンス塾〜情報科学ってスゴイ〜  公開講座  2012/01-2012/01  講座「通信」 
広島市研究公開  その他  2009/12-2009/12  移動無線通信、電波応用工学 
ひろしまコンピュータサイエンス塾〜情報科学ってスゴイ〜  その他  2009/12-2009/12  講座「通信」 
EXPO '09広島  その他  2009/11-2009/11  移動無線通信、電波応用 
リエゾンフェスタ  公開講座  2009/09-2009/09 
オープンキャンパス  公開講座  2009/08-2009/08 
リエゾンフェスタ  公開講座  2008/09-2008/09 
オープンキャンパス  公開講座  2008/08-2008/08 
リエゾンフェスタ  公開講座  2007/09-2007/09 
オープンキャンパス  公開講座  2007/08-2007/08 
公開講座  公開講座  2006/11-2006/11  移動通信の光と影 
リエゾンフェスタ  公開講座  2006/09-2006/09 
オープンキャンパス  公開講座  2006/08-2006/08 
公開講座(連続講義)  公開講座  2005/12-2005/12  電子メールは、相手に気兼ねなくメッセージを送ることができ、記録を残すことができることから、最も広く使われている道具の一つになったといえます。その一方で迷惑メールが急増し、不愉快な思いをすることも多くなりました。そこで、この講座では、インターインターネットや携帯電話のつながる仕組みや、メールが届く仕組み、社会的背景を考察することで迷惑メールを撃退する方法を探ります。 
オープンキャンパス  公開講座  2005/08-2005/08 
基礎から学ぶ情報科学  市民講座  2005/08-2005/08  完全撃退!迷惑メール 1. なぜ私のところに迷惑メールが来るの? 2. ネットは大人になってから? 3. これでわかったメールとネット 
模擬授業  市民講座  2005/06-2005/06  携帯電話と暗号 
詳細表示...