日本語
Hiroshima City University 
Graduate School of Information Sciences 
Dept. of Systems Engineering 

顔写真 Associate Professor 
Ono Takahiko 

Tel.082-830-1689  
Fax.082-830-1689  
 
My website is here.  

Career
東北大学助手大学院工学研究科  1999/04/01-2001/09/30 
東北大学助手大学院情報科学研究科に配置転換  2001/10/01-2004/10/31 
広島市立大学情報科学部助手  2004/11/01-2007/03/31 
広島市立大学大学院情報科学研究科講師  2007/04/01-2010/03/31 
広島市立大学大学院情報科学研究科准教授  2010/04/01-Present 

Academic background
Tohoku University  Faculty of Engineering  機械工学科  1994/03  Graduated 
Tohoku University  Graduate School of Information Sciences  Department of System Information Sciences  Doctor prophase  1996/03  Completed 
Tohoku University  Graduate School of Information Sciences  Department of System Information Sciences  Doctor later  1999/03  Completed 

Research Areas
Social System Engineering/Safety System 
Control Engineering 
Machine Mechanics/Control 

Research keywords
Control 
Measurement 
Ergonomics 
Modeling 
数値最適化 
コンピュータシミュレーション 
救急車 
救急搬送 
生体計測 
乗り心地 
マン・マシンシステム 

Subject of research
救急車の走行解析  救急車の走行経路,速度,加速度の情報に基づいて,運転の仕方,車体振動,道路の路面,振動や慣性力に起因する傷病者の身体的な負担を評価しています.  2003/01/01-Present 
生理・生体モデリング  救急車の加速減速運動で起こる傷病者の血圧変動,血流変動,後背面にかかる圧迫荷重や不快感を,コンピュータ上でシミュレーションできるようにするために,それぞれの現象を加速度情報から再現する数理モデルを構築しています.  2003/01/01-Present 
救急車用アクティブ制御ベッド・防振架台の開発  救急車が加速や減速する際に起きる血圧変動やカーブを走行するときに起きる横揺れ軽減するベッドを開発しています.車内に設置された加速度センサで車両の加速度を計測し,その大きさに応じてリアルタイムでベッドを傾斜させたり,体軸周りに回転させることで重力加速度と相殺させ,血圧変動や横揺れを抑えます.路面からの振動を遮断する防振架台の研究も行っています.  2003/01/01-Present 
院内搬送における加速度・血圧測定  病院内でベッドを手押しで移動する際にどの程度の加速度がかかり,血圧がどのように変化するか測定したことがあります.走って院内を移動するような緊急の場合には,移動開始時と停止時に0.1 G程度の加速度がかかることがわかりました.一方,血圧は,搬送の開始前よりも終了後の方が下がります.これは動脈圧受容器反射による効果です.院内では足を進行方向に置いて運ぶため,スタート直後は慣性力が足から頭の方向にかかります.これにより圧受容器近辺の血圧が上昇します.その変動補償として,圧受容器反射が血圧を下げるため,搬送後の方が血圧が低くなります.  2003/01/01-Present 
人間-機械システムの最適設計  2003/01/01-Present 
救急車用運転訓練支援システム  慣性力に起因する救急搬送患者の血圧変動,背面荷重変動,不快感は,運転手のアクセル・ブレーキ・ハンドル操作を改善することで小さく抑えることができます.そこで,搬送時間を延ばすことなく,これらの負荷を小さく抑えるような運転技術を習得するための運転訓練支援システムを開発しています.現在は,アップル社のiPhoneに数理モデルを組み込んで,血圧変動,背面荷重変動,不快感を推定し,それらの推定値が閾値を超えた時に音声で運転手に通告するようなシステムとして試作しています.これにより,運転操作と負荷のかかり方の対応が把握できるため,効率よく運転技術を改善することができます.とりわけ,運転経験の浅い隊員へのOJTを補うシステムとして役立つものと期待しています.救急隊員以外に,福祉車の運転手に対しても適用可能です.  2005/01/01-Present 
救急車用カーナビゲーションの開発  救急搬送患者の病態や緊急性に応じて,許容される到着時間や血圧変動,揺れによる圧迫度が異なります.例えば,心停止のように一刻も早く病院に搬送しなければならない場合には,最短時間のルートが好ましく,一方,生死に関わらない骨折のような場合には,到着時間が少し延びても,加減速する頻度が低く揺れの少ないルートが望ましいかもしれません.このような点に着目し,コンピュータ上で血圧変動や圧迫荷重を再現しながら,救急車の最適な搬送経路を学術的に明らかにしています.血圧変動や圧迫荷重は,道路の高低差やカーブの曲率によっても程度が異なるため,標高情報やアーク情報も利用して負荷レベルを計算します.最適経路は,搬送時間,血圧変動,圧迫荷重を最小化するような多目的最適化問題に定式化したのち,遺伝的アルゴリズムなどの数値探索法を用いて割り出しています.  2007/01/01-Present 

Proposed theme of joint or funded research
救急車の走行解析  救急車の走行経路,速度,加速度の情報に基づいて,運転の仕方,車体振動,道路の路面,振動や慣性力に起因する傷病者の身体的な負担を評価します.  Wish to undertake joint research with industry and other organizations including private sector.  Technical consultation,Commisioned research,Joint research,Others 
人間・機械のモデリング  数値最適化手法を活用して,入力と出力との対応関係を表す数理モデルを構築します.  Wish to undertake joint research with industry and other organizations including private sector.  Technical consultation,Commisioned research,Joint research,Others 
View details...

Bibliography
Control Systems Design - A New Framework  V. Zakian, S. Arunsawatwong, T. Ishihara, P.G. Lane, G. Liu, T. Liu, T. Ono, T. Satoh, O. Taiwo, J.F. Whidborne  145-164, 165-189, 355-368  Springer  2005/07  978-1852339135 
View details...

Papers
Research paper (scientific journal)  Joint  Analysis of acceleration-induced blood pressure variation assumed in ambulance services, Estimation of difference between body portions  Takahiko Ono, Masao Yoshizumi  The Japanese Journal of Ergonomics  53/ 6, 195-204  2017/12/15 
Research paper (scientific journal)  Joint  Drive training assistant system for ambulances to reduce blood pressure variation during deceleration  Takahiko Ono, Yukio Makino  Transactions of the JSME  82/ 839, 16-00039-  2016/07/25 
Research paper (scientific journal)  Joint  Statistical Modeling of Blood Pressure Variation Induced by Acceleration-deceleration of Ambulances  Takahiko Ono, Masao Yoshizumi  Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers  50/ 6, 497-505  2014/06/10 
Research paper (scientific journal)  Joint  Detection of drowsiness based on time of eye closure and saccadic eye movement on a movie from a car-mounted view  Shinichi Hikita, Tsuyoshi Itaoka, Takahiko Ono, Yasuhide Kobayashi, Mitsuyuki Saito  電子情報通信学会論文誌  J96-D/ 4, 1058-1067  2013/04/01 
Research paper (scientific journal)  Joint  Modeling of Load Variation on the Back of Supine Persons Induced by Centrifugal Acceleration during Transportation by Ground Vehicles  Takahiko Ono, Ryota Imada  Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers Series C  78/ 787, 863-871  2012/03/25 
View details...

Research presentations
Oral presentation(general)  救急車の走行データを利用した道路修繕箇所の優先順位決定  日本機械学会中国四国支部第56期総会講演会  2018/03/07 
Oral presentation(general)  救急車新サイレンシステムの開発  日本機械学会中国四国支部第56期総会講演会  2018/03/07 
Oral presentation(general)  救急車機関員向け安全確認支援システムの開発  日本機械学会中国四国支部第56期総会講演会  2018/03/07 
Oral presentation(general)  救急車用防振架台の振動吸収性能の向上に関する検討  日本機械学会中国四国学生会第48回学生員卒業研究発表講演会  2018/03/06 
Oral presentation(general)  振動乗り心地を考慮した救急車の経路探索  日本機械学会中国四国学生会第48回学生員卒業研究発表講演会  2018/03/06 
View details...

Intellectual property rights
Patent  道路修繕順位決定システム  特願2018-076719  2018/04/12 
Patent  方向指示装置及び方向指示方法  特願2014-239136  2014/11/26  特開2016-99959  2016/05/30  特許第6346547号  2018/06/01 
Patent  減速タイミング通知装置  特願2013-231642  2013/11/08  特開2015-92306  2015/05/14  特許第6325234号  2018/04/20 
Patent  荷重測定装置  特願2012-150807  2012/07/04  特開2014-13197  2014/01/23  特許第5967758号  2016/07/15 
Patent  運転訓練システム  特願2007-138382  2007/05/24  特開2008-292772  2008/12/04  特許第4985098号  2012/05/11 
View details...

Allotted class
偏微分方程式 
最適化手法 
外書講読演習Ⅱ 
プレゼンテーション技法 
卒業研究Ⅰ 
View details...

Memberships of academic societies
日本機械学会  1997/05/20-Present 
計測自動制御学会  2000/04/01-Present 
日本人間工学会  2010/04/23-Present 
View details...

Open lecture
広島市立大学の地域貢献事業発表会  Others  2015/01-2015/01  救急車の安全性と快適性の向上に向けた取り組み 
広島市立大学産学連携研究発表会  Others  2014/09-2014/09  RTサブテーマ:救急車用アクティブ制御ベッド 
広島市立大学の地域貢献事業発表会  Others  2013/12-2013/12  RTを活用した運動弱者のための自律支援システムの開発 
リエゾンフェスタ  Others  2013/09-2013/09  1. 生体モデルを用いた運転技能のリアルタイム診断(研究紹介) 2. RTサブテーマ:救急車用アクティブ制御ベッド(パネル展示) 3. スマートフォンによる安全運転の診断/支援/管理(パネル展示) 
オープンキャンパス  Others  2013/08-2013/08  1. スマートフォンによる安全運転の診断/支援/管理 2. 学生実験紹介(システム工学実験) 
リエゾンフェスタ  Others  2012/09-2012/09  RTを活用した運動弱者のための自律支援システムの開発 
リエゾンフェスタ  Others  2011/09-2011/09  RTを活用した運動弱者のための自立支援システムの開発(移動支援ロボット) 
計測自動制御学会中国支部チュートリアル講演会「医療機械と人体計測」  Open lecture  2011/09-2011/09  救急搬送時に起きる血圧変動とその対策 
平成22年度広島市立大学情報科学部公開講座 連続講義 情報科学の基礎 情報科学の医療・福祉分野への応用  Public lecture  2010/12-2010/12  安全・迅速な救急搬送を実現するテクノロジー 
リエゾンフェスタ  Others  2008/09-2008/09  自動車ドライバーの技能評価と報知システムの開発 
広島市行政課題解決のための研究公開イベント  Others  2007/10-2007/10  患者・高齢者に優しい搬送サービスの実現に向けた取り組み 
オープンキャンパス  Others  2006/08-2006/08  患者・高齢者に優しい搬送サービスの実現 
View details...