English
広島市立大学 
情報科学研究科 
医用情報科学専攻 

准教授 
福田 浩士 
フクダ ヒロシ 
fukuda hiroshi 

経歴
豊橋技術科学大学 情報工学系  2001/08/01-2007/03/31 
広島市立大学大学院情報科学研究科  講師  2007/04/01-2009/03/31 
広島市立大学大学院情報科学研究科  准教授  2009/04/01-現在 

研究分野
生体生命情報学 
医用生体工学・生体材料学 
リハビリテーション科学・福祉工学 

研究キーワード
脳情報工学 
生体情報工学 
計算論的神経科学 
生体医工学 
ブレイン-コンピュータ・インタフェース 

研究テーマ
ヒトの随意運動計画・制御機構に関する計算論的研究  2001-現在 
認知機能検査・訓練システムに関する研究開発  2014/04/01-現在 
脳の視覚運動変換メカニズムを応用したBMI基礎技術の開発  脳の視覚運動変換メカニズムを応用したBMI基礎技術を開発する.  2008-2011 
脳の感覚運動変換メカニズムの解明に関する研究開発  高密度脳電図(EEG)・脳磁図(MEG)を用いた脳活動部位推定システム、経頭蓋磁気刺激(TMS)を用いた大脳皮質への標的刺激システムを開発する。これらのシステムを使用して、人間の運動制御における脳活動を計測・解析し、大脳皮質の機能部位を特定する。特定した機能部位に対してTMSによる標的刺激実験を行い磁気刺激が感覚運動変換過程にもたらす効果を考察する。さらに、この実験結果を再現する計算モデルを開発する。本研究で開発するシステムと神経計算モデルは、脳電義手、四肢麻痺者の運動再建システム、パワーアシストシステムなどの脳と機械のコミュニケーションへの応用が期待できる。  2008-2011 
脳電図および脳磁図を用いた脳機能解析システムの開発  2007-2009 

共同・受託研究希望テーマ
認知機能検査・訓練システムに関する研究開発  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,受託研究 
詳細表示...

論文
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  共著  感覚-運動機能研究のための実験システム開発環境の構築と医工連携  福田浩士,國重雅史,飯田忠行,宮口英樹,原田俊英  日本神経回路学会誌  23/ 4, 153-161  2016/12/01 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  共著  医療分野を担う情報処理技術者の育成―広島市立大学情報科学部医用情報科学科の学生実験―  福田浩士,中野靖久,藤原久志,香田次郎,常盤達司  日本神経回路学会誌  23/ 4, 146-152  2016/12/01 
手指の二点間到達運動における運動意志中断に関連した脳活動  常盤達司,福田浩士,樋脇治  信号処理学会誌  19/ 1, 27-33  2015/01/01  We investigate brain potentials related to the abandonment of the motor intention prior to movement in human volitional finger movement. Our experimental result suggests that the observed positive component is associated with the interruption of motor intention, as well as the revision of motor planning, in the motor cortices prior to the movement. 
研究論文(学術雑誌)  共著  Brain activity evoked by motor inhibition before volitional finger movement  Hiroshi Fukuda, Osamu Hiwaki  Neuroreport  24/ 14, 791-796  2013/10/02  The present study investigated the brain activity that accompanied motor inhibition before movement in human volitional finger movement. The time to begin a finger movement was indicated with a clock making a 4-s revolution. The time at which the clock hand passed the 3 o’clock position was adopted as the go-signal in the go task. In the series of trials, the task, we designated as pre-stop task, was performed with a red light-emitting diode stop-signal presented randomly at 0.1, 0.2, 0.3, 0.4, or 0.5 s before the go-signal. Cerebral potentials from the scalp were recorded using a 20-channel electroencephalography system. In the go task without the stop-signal, clear movement-related cortical potentials were observed. In the prestop tasks with the stop-signal, the participants were able to inhibit finger movement. A positive electroencephalography potential distributed at the midline frontocentral scalp 400 ms after the stop-signal was observed only in the pre-stop task. This suggests that the observed positive component is associated with the interruption of motor intent, as well as the revision of motor planning, in the motor cortices before the movement. 
研究論文(学術雑誌)  共著  TMSにおける大脳皮質の構造を考慮した刺激部位推定についてのfMRIによる妥当性の検証  小田垣雅人,福田浩士,村中博幸,樋脇治  電気学会論文誌E  132/ 10, 337-342  2012/10/01 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(招待・特別)  リハビリテーションと医用情報科学  日本医工学治療学会第33回学術大会  2017/04/08  URL 
口頭発表(一般)  構造的に熱電対を内蔵した凍結プローブの開発  第39回 日本生体医工学会 中国四国支部大会  2016/10/15 
口頭発表(一般)  薬物誘発てんかんモデルに対する凍結時脳波の周波数解析  第39回日本生体医工学会 中国四国支部大会  2016/10/15 
健常高齢者の上肢二点間到達運動時における運動プランニングの特徴 ―脳波による検討―  第50回日本作業療法士学会  2016/09 
口頭発表(招待・特別)  パーキンソン病患者の上肢反復動作における動作特徴について―パーキンソン病患者の上肢反復動作における動作特徴について―  第50回日本作業療法士学会  2016/09 
詳細表示...

受賞
Young Investigator's Award of IEEE West Japan Chapter of Engineering in Medicine and Biology  2009/11/28 
生体医工学シンポジウムベストリサーチアワード  2008/09/19 
詳細表示...

担当授業科目
電気回路 
医用情報科学実験I 
生体システム工学特論 
脳情報工学特論 
医用情報科学 
詳細表示...

所属学協会
Society for Neuroscience  2009/04/01-現在 
日本生体医工学会  2008-現在 
日本生体磁気学会  2008-現在 
IEEE  2008-現在 
International Neural Network Society  2006-現在 
詳細表示...

公開講座
インテレクチャル・カフェ広島  公開講座  2012/08-現在 
平成23年度広島市立大学情報科学部公開講座  公開講座  2011/11-現在  脳で動くコンピュータ 
産学公連携フェア  公開講座  2010/09-現在 
詳細表示...