English
広島市立大学 
広島平和研究所 

准教授 
河上 暁弘 
カワカミ アキヒロ 
KAWAKIMI Akihiro 

1972年生まれ  
 

経歴
広島市立大学広島平和研究所  講師  2008/04/01-現在 
広島市立大学広島平和研究所  准教授  2014/04/01-現在 

学歴
中央大学  法学部  政治学科  1995/03  卒業 
中央大学  法学研究科  公法専攻  博士前期  1999/03  修了 
専修大学  法学研究科  公法学専攻  博士後期  2005/03  修了 

学位
修士(法学)  中央大学  1995/03 
博士(法学)  専修大学  2005/03 

教育・研究活動状況
専門分野は、憲法学。とくに平和主義、立憲主義、人権、地方自治論などに関心があり、その分野の研究業績を持つ。主著(単著)として、『日本国憲法第9条成立の思想的淵源の研究』、『平和と市民自治の憲法理論』がある。
教育分野は、これまで、大学・大学院において、憲法(「法学(日本国憲法)」、「日本国憲法論」)、現代社会と法(「人権裁判と法」)、平和研究、地方自治論などを担当してきた。 

研究分野
公法学 
政治学 

研究キーワード
憲法学 法学 政治学 行政学 地方自治論 人権論 
Constitutional law 
jurisprudence 
political science 
public administration 
local governance 
human rights 

研究テーマ
戦争違法化の理論と歴史  1920年代アメリカの「戦争非合法化」運動に始まる戦争違法化の法思想・理論の研究  1999-現在 
日本国憲法制定過程  1995-現在 
憲法改正限界の理論  憲法改正には限界があるか? 憲法改正限界をめぐる基礎理論研究  2007-現在 
自治体政府による危機管理・平和保障  自治体政府による危機管理・平和保障の理論研究 自治体政府と「有事法制」「国民保護計画」「自治体外交」「危機管理」との関係・政策などの研究である。  2003-現在 
戦後日本における「平和」の構造  1999-現在 
教育の権利と自由  1995-現在 
信教の自由と政教分離  1995-現在 
憲法と地方自治  1995-現在 
日本戦後史  1995-現在 

著書
平和と市民自治の憲法理論  河上暁弘  全ページ  敬文堂  2012/10/30  978-4-7670-0187-6  憲法を国家統治の基本法ではなく主権者<市民>が人権保障のために政府機構を創り運営するための契約書と捉えた上で、国家統治型・軍事力型から市民自治型・非軍事型の平和保障理論への転換の必要性を提起する 具体的には、日本国憲法成立の世界史的・民衆的文脈を明らかにし、憲法の平和主義や地方自治原則の意味を市民自治と立憲主義の視点からとらえ直した上で、国家信仰・軍事力幻想に依らない「市民自治型平和保障」の理論を提起するものである。 
日本国憲法第9条成立の思想的淵源の研究-「戦争非合法化」論と日本国憲法の平和主義  河上暁弘  全ページ  専修大学出版局  2006/02 
平和憲法の確保と新生  深瀬忠一、上田勝美、稲正樹、水島朝穂ほか  105-128  北海道大学出版会  2008/12/25  978-4-8329-6701-4 
憲法と現実政治  62-72  本の泉社  2010/05/03  978-4-7807-0246-0 
逐条研究地方自治法別巻・新地方自治法  佐藤英善(編著者)ほか  703-1606 (担当部分も共著)  敬文堂  2010/09/30  978-4-7670-0173-9 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  単著  憲法9条の成立 Ⅳ  河上暁弘  自治総研  公益財団法人 地方自治総合研究所  43/ 5, 31-65  2017/05/22  0910-2744  日本国憲法第9条の成立過程の研究 「第8章」~「おわりに」までを収録 
研究論文(学術雑誌)  単著  憲法9条の成立 Ⅲ  河上暁弘  自治総研  公益財団法人 地方自治総合研究所  43/ 4, 98-123  2017/04/20  0910-2744  日本国憲法第9条の成立過程の研究 「第6章」~「第7章」までを収録 
研究論文(学術雑誌)  単著  憲法9条の成立 Ⅱ  河上暁弘  自治総研  公益財団法人 地方自治総合研究所  43/ 3, 18-44  2017/03/21  0910-2744  日本国憲法第9条の成立過程の研究 「第3章」~「第5章」までを収録 
研究論文(学術雑誌)  単著  憲法9条の成立 Ⅰ  河上暁弘  自治総研  公益財団法人 地方自治総合研究所  43/ 2, 1-28  2017/02/20  0910-2744  日本国憲法第9条の成立過程の研究 「はじめに」~「第2章」までを収録 
研究論文(学術雑誌)  単著  戦後日本における「平和」の形成と転換  河上暁弘  広島平和研究所ブックレット第3号  広島市立大学広島平和研究所  3, 119-147  2017/02/01  2189-9657  戦後日本における「平和」の特徴・構造の分析と近年のその変化の概要・要因についての分析 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  戦争非合法化論  日本平和学会  1998/11/14 
口頭発表(一般)  戦争非合法化論と日本国憲法  憲法理論研究会  2001/04/14 
口頭発表(一般)  市民自治型平和保障の課題  日本平和学会  2009/11/29 
口頭発表(一般)  戦争非合法化と戦争廃絶  総合人間学会  2010/06/06 
口頭発表(一般)  安倍政権の改憲論と立憲平和主義  日本平和学会  2013/11/10 
詳細表示...

担当授業科目
法学(日本国憲法) 
法学(日本国憲法) 
現代社会と法Ⅰ 
現代社会と法Ⅱ 
日本国憲法論Ⅰ 
詳細表示...

所属学協会
日本公法学会  2008-現在 
全国憲法研究会  1999-現在 
憲法理論研究会  1999-現在 
日本平和学会  1998-現在 
日本地方自治学会  2008/10-現在 
詳細表示...